さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2015年05月30日

≪訂正≫ WHOが抗ガン剤を全面禁止?!は、完全デマだった!!  ★FIFA会長、「もっと悪い話出る」 辞任の求めには応じず

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

WHOが抗ガン剤を全面禁止という話が、SNSを通じて
流れていましたが、どうもデマだったようです!
お騒がせな情報をお伝えし、どうも申し訳ありませんでした。


2015.05.26 瀬谷市民の森 モリソラ


インフルエンザのワクチン、子宮頸がんのワクチンが、効果がないどころか、極めて危険だということを聞いたことはありますか?

子宮頸がんワクチンについては、重篤な副反応、後遺症が出ているということで、知られるようにはなっていますが、インフルエンザも?と思われる方も多いことでしょう。

前代未聞のFIFAの汚職事件もそうですが、利権がらみで良心を悪魔に売った人たちは、信じられないことをするようです。

逆に、福島の放射能が危険だという風評もずっと消えません。
それゆえに日本を敬遠し、輸入をやめるという国まであります。


『今から1年前の5月にWHOで、抗がん剤は危険なので全面禁止にすると決まった』という情報がまことしやかにSNSに流れていました。

WHO云々はデマだったようですが、抗がん剤がリスクが高く危険であるという意見があることは確かです。

(私自身も、充分に検証したわけではないので、確かな情報がある方、特に専門家の方の御意見を聞きたいと思います。

とりあえず、船瀬俊介という方の情報が大元のようですが、この人については、ちょっと問題の多い人かなぁと、私は判断しました。)


正しくないことが、まことしやかに伝わることがあるし、間違っているにもかかわらず、根強く支持されるということがあるものだということ。
私は不思議で仕方がないのですが、往々にしてあるようです。

(不思議で仕方がないのは、神様や見えない霊的なものを、頭から否定して、非科学的だと捉えようとする風潮、これもそうです。
神様が何の害になるでしょうか。
神様や、精神的なもの、それが何より大事だし、幸せになる道なのに。)

正しいものを正しく認知するということは、時に少数派になってしまいますから、勇気が必要かもしれません。

いつでも、良心の声に耳を傾けて、正しい道を行きたいものです。
間違った情報に振り回されずに。
今回は、しっかりデマに乗ってしまい、恥ずかしい限りです。


それにしても、命を預かる医療現場でも、お医者さまから勧められることが、必ずしも正解でないのかもしれません。

私の母は、何年も前ですが、ある病気でステロイド剤の治療を勧められた時、どうしてもむしの知らせというのか、納得できなくて、ちょうど外来を待っている時、同じ病気でその治療をしている人から体験談を聞いたりして、お医者さまに白い目で見られながらも、ステロイド治療を拒否したといいます。

その後母は、よいお医者様に出会い、心臓が悪いですから何度も大変なことになりながらも、奇跡的に命を守られて現在に至っています。
逆にあの時に、勧められる治療をしたらどうだっただろうか、きっと健康を損ねていたに違いなく恐ろしくなる、と言っています。

私の母はとてもカンの働く人で、いつも祈っていますから、それが守られる秘けつだと思います。

祈りは自然治癒にもつながりますね。

祈り、笑顔、挨拶(そして会話)、よい言葉を発信すること、小さな力のようですが、それが基本かと思います。


さて、抗がん剤はやはり効かないのでしょうか。
効果がないどころか、健康を損ね、またガンの再発を促すことにもつながる、危険極まりないものだという意見を強く主張する人たちもいます。

確かに彼らの言うように、自然治癒で治ればそれに越したことはないのですが…。

いまだに日本では、がんと言えば抗がん剤治療、というのが、常識であり、病院でも当然のように行われているのではないでしょうか。私の友人知人の中にも、抗がん剤治療を受けている人たちが複数います。。。

何が正しいのか、確かなことが明らかになってほしいと思います。

祈っていけば、神様は教えてくれることでしょう。


今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:瀬谷市民の森 モリソラ
by (C)ひでわくさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


FIFA会長、「もっと悪い話出る」 辞任の求めには応じず


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています


posted by kuri-ma at 23:41| Comment(7) | TrackBack(0) | 子宮頸がん ワクチン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月28日

映画「シンデレラ」を見て、惜しい!と思ったこと?!  ★【写真特集】熱波に見舞われたインド

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

魔法の靴。


見えないものを信じる心、
神様を信じる心が、
一番ぶれることがなく、
正しく、美しい「愛と勇気」
に通じている




先日、娘と「シンデレラ」を見に行きました。

テーマは亡き母がシンデレラに遺した「愛と勇気」でしょうか。
惜しいなぁと思いました。そこに神様が入れば、満点なのに…。

このシンデレラという女性が素晴らしいのは、どんな時にもその母の言葉を守って、愛と勇気をもって苦労もいとわず、境遇に不満も言いません。

そして、継母や義理の姉たちの暴言や酷い仕打ちにも、恨んだり、復讐したりということをしないのです。
そして、最終的には、「私はあなたを許します」と、許してあげました。

また、彼女は人や物事を見かけなどで判断しません。偏見もなく、あくまで、優しい愛の目で見つめるのです。
ですから、王子様に会った時にも、心を通わせることができたのでしょう。

彼女は、王子様を求めたのではなかったのです。
愛して、信じていく勇気を持っただけなのです。

よくよく考えてみたら、なかなかできることではありません。
シンデレラ・ストーリーというと、玉の輿に乗るラッキーな女性の話のようですが、そうではありません。
この女性は、王妃にふさわしい徳をもった人、といえるかもしれません。


「シンデレラ」という呼び名は、灰かぶりの少女みたいな意味だったと思います。
映画の中では、「エラ」という名前で、灰まみれのエラだから「シンデレラ」だと、義姉がからかいを込めて呼んだところから始まりました。

けっして、良い意味ではないのに、最終的には、彼女自らが「シンデレラ」よ、と自称していました。

最低の名が最高の名に変わったのです。


そもそも、彼女が目標とし、身につけていった「愛と勇気」
これは、実は神様が土台になるかと思います。

神様は真実の愛と真理と善の存在です。愛と勇気は、神様から来るのです。
神様を信じ、真実の愛と真理と善を追求するところに、力がわきます。勇気もそうです。

愛といってもいろいろありますが、神様からくる真実の愛、それは実は、最低のところで発揮されるもの。

シンデレラのような、誰からも見捨てられたような立場の時、それでも信じよう、愛そう、許そう、もう一度あきらめずにしてみよう、そういうところから生まれてくるものだと思います。

吹き替えだからかもしれませんが、この映画に〈神〉という言葉は1回しか出てきませんでした。ディズニー映画の限界がここかなぁと思います。

愛と勇気、この素晴らしい言葉のわいてくる源が神様です。


最近、何かにつけ、心の中で叫びたくなる衝動にかられます。
だから、それはすべて神様が大元なのよ!と。

みんなが口々に素晴らしいものをあげたとして、そのどれも、神様に由来しないものはないのです。神様を通して考えれば、すべての謎も問題も解けていきます。

目に見えない、愛と勇気。これは、目に見えないけれど、正しいこと、良心の声に従っていくことに他なりません。
良心の声というのは、神様が私たちの心に働きかける声、といってもいいでしょう。

見えないものを信じる心、神様を信じる心が、一番ぶれることがなく、正しく、美しい、「愛と勇気」に通じていると思うのです。

信じるということを考えてみましょう。
「信」という字は、例えば「自信」と「確信」、「信頼」などの言葉を生みます。
「信じる」ということの、もっとも核心的なものは、神様への「信仰」から生まれてくるのではないでしょうか。

神様を信じることは、あまりに当たり前すぎるのかもしれません。
目に見えない空気はなくてはならない、とても大切なものです。
電気、電波、そんなものも、現代の私たちにはかけがえのない大事なものになりました。

目に見えないから、あまりに自然にそこにあるから、神様の存在に気づかないのかもしれません。無視してしまうのかもしれません。
本当に、手に届くようなところに神様がおられ、私たちを幸せに導こうとしています。

たとえ、「神はいない」などと否定する人に対しても、やはりまた親心で、幸せになる道をあきらめない神様であると思うのです。



今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:魔法の靴。
by (C)芥川千景さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います
「シンデレラ」の「愛と勇気」は信じる心から生まれた?!
(上よりタイトルを変更しました)


【写真特集】熱波に見舞われたインド



◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています


posted by kuri-ma at 18:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛と幸福 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月25日

神様の許に行って下さい! 尾崎豊の月命日に祈る  ★世界の富裕層と貧困層の格差、過去最大レベルに OECD報告

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

162493742_v1355795919.jpg

☆毎月25日は 尾崎豊の
メモリアル・デー(月命日)☆

尾崎豊さんが亡くなったのが、1992年4月25日ですから、先月で、23年、24回忌を迎えたことになりますね。

今日は、朝からこの記事を作ろうとしていたのですが、娘と出掛けたり、買い物やら家事やら諸々で、気づいたら時間がない!ということで強引にUPすることにします。(本当は、一日前に準備しておくべきでしたが…。)

昨日、尾崎豊さんに影響を受けたというミュージシャンに逢いました。
もちろん、彼のコピーでは全然なく、でも、熱い魂を込めた歌声に、ああこういう風に、尾崎の精神が受け継がれていくんだと思いました。

彼、尾崎豊さんの魂は、まだ完全に救われたわけではなく、彷徨っているような気がするのですが、生前、音楽を通して訴えかけようとしていたもの、それは、愛だったり、勇気だったり、夢を追い続けることだったり、きっと私たちによいものをくれようとしていたと思うので、そういう意味で、次代に受け継ぐことは、充分に可能だと思うのです。

彼の志を受け継ぐ人が、そのスピリットをバトンし、もっといいものに昇華することもできるでしょう。

彼の魂が、神様の許にいくことができるように、祈っています。

尾崎豊は、若者たちを、完全には正しく救えなかったのです。だって、自分自身が迷っていたのですから。
でも、身もだえしながら求め続けてはいたのではないか、と思うのです。

神様のみ許に行って下さい。
そして、自由になってください。

この世にいた時、音楽が翼をくれたように、あの世では、信じる心が翼となり、どこでも自由に行けます。
愛を呼吸し、信頼を翼にし、幸福になれますように。

お祈りしています。



尾崎豊 ラストMC




今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ


世界の富裕層と貧困層の格差、過去最大レベルに OECD報告



◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています

posted by kuri-ma at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 尾崎豊の求めていたもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする