さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2015年04月16日

神様はどこにいるの?! 「蜂と神さま」 金子みすゞ詩の世界  ★韓国セウォル号沈没から1年、朴大統領「船体引き揚げ」を約束

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

2015.04.06 横浜公園 チューリップ 懸橋


「蜂と神さま」


蜂はお花のなかに、
お花はお庭のなかに、
お庭は土塀のなかに、
土塀は町の中に、
町は日本の中に
日本は世界の中に
世界は神さまの中に。

そうして、そうして、神さまは、
小ちゃな蜂の中に。


金子みすゞ



ちっぽけな蜂の中に神様がそして、世界の中に神様がおられる。

ですから、きっと神様はちっぽけな私の中にもいるのです。

私の家や家族に、そしてローカルな身近な生活の中にも、日本にも、そして小さな国にも大きな国にも。

そもそも神様には、どこの国かということは関係あるのでしょうか?
だから、世界中に神様はおられるし、小さな私、小さな誰かの中にも神様はいるのでしょう。

これはひとつのサイクルです。必ず下までいったら、↑で上に戻るのです。
エンドレスです。

この詩を読んだ時、思い浮かんだものが二つありました。
どれも同じようにエンドレスの循環を感じさせるものでした。
ひとつは内村鑑三の墓碑にもなっている有名な言葉、そしてもうひとつは、子どもに読んであげていた絵本の言葉です。




我は日本のため

日本は世界のため

世界はキリストのため

そして万物は神のために



内村鑑三




ぼくはきみすき 


ぼくは いぬがすき 
だから だきしめるの 
……だけど
いぬは ねこが すき 
だから おいかけるの 
だけど ねこは……
ひよこが すき! 
だから まちぶせするの 
だけど ひよこは ちょうちょが すき
だから とびはねるの 
……だけど 
ちょうちょは ひまわりが すき 
だから とまるの
……だけど
ひまわりは おひさまが すき
だから ついてまわるの 
……だけど おひさまは……
みんな みんなが すき 
だから みんなを あっためるの 


いもようこ



神様というのは、おひさまのように、生きとし生けるものすべてを温め、照らしてくれるものなのではないでしょうか。

見えない神様の愛は、お日様のように私たちを照らし、温めてくれる…。
そして、どんな小さなものの中にも、神様はおられるのでしょう。

ありがとうございます
感謝します
愛しています


今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:横浜公園 チューリップ 懸橋
by (C)ひでわくさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います




韓国セウォル号沈没から1年、朴大統領「船体引き揚げ」を約束


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています


posted by kuri-ma at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 金子みすゞの詩の世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月12日

貧乏にサヨナラ、お金が懐に入ってくる秘けつ?!  ★14年前になくした財布、中身増えて戻る クロアチア ★動画:お金がなくても食べられる無料レストラン、カタール首都

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

2015.04.10 追分市民の森 休耕畑 桜


愛と感謝のあるところに
お金も人も運も集まってくる?!



お金の使い方は、国であろうと、家計であろうと、基本は同じです。よく使えば、また入ってくるし、増えていくけれども、悪く使えば減っていくようです。

金は天下の回り物といいますから、とにかく回っていけば、なんとかなるのではないでしょうか。
お金を回らせて、社会を潤し、なおかつ自分の所にも、充分に入ってきてほしい。
そうするにはどうしたらいいでしょうか。

耳寄りの話をお聞かせしましょう。


「金は天下のまわりもの」とはいっても、どこかには周っているのでしょうが、私のところにはさっぱり回って来ないと、ため息をついているあなた。
お金と対話をしていますか?
お財布の中のお札たちにいつも挨拶して送り出してあげたらいい、ということです。

「名残が惜しいけど、君とはお別れだ。これから、広い世界に行って、人の役に立っておいで。私はあなたのことを忘れない。きっとまた帰って来るんだよ」と。

また「その時には、お友だちもたくさん連れていらっしゃい」と付け加えるのも忘れずに。

数年後か、もっと早い時期に、お札ちゃんたちが「ただいまー」とあなたのお財布に帰って来る日を信じて、送り出してあげましょう。
帰りが遅いのは、きっともっとたくさんのお友だちを連れてくるため。

「もうあんたの所になんか二度と戻るものか」と、お金に思われないように、注意しましょう。
いい使い方をしてあげたら、お金も喜ぶのです。

また、お金が好きだからといって、束縛はいけません。毎夜札束を数えてニヤっとしている方。お金は世の中に送り出してあげないと…。

お金にも生きる使い道があるのです。


さあ、参考になったでしょうか。

お金の使い方には、生き金、死に金というものがあるといいます。

「生き金」とは、みんなが喜ぶ使い方。
特に、人の役に立つ使い方をしていけば、自分の元からは離れていくのですが、生きたお金なので、そういういつも人の役に立つ生き方をしている、愛情あふれる人のところにまた集まってくるようになります。

「死に金」というのは、自分や家族の楽しみ、ぜいたくのためにしか使わない場合にいうものです。
恵まれている時には、誰かのために少しなりとも、寄付だとか奉仕だとかしていくのがいいのですが、自分のためにと欲張ってばかりいると、その欲張った分、事故や違反切符や、時には怪我や病気などを通して、出費となって流れていってしまいます。
こういう風に流れていってしまうお金を「死に金」といいます。

ギャンブルや、キャバクラなどに使うお金というのは、即、死に金と言ってもいいくらいでしょう。

日本のセックス産業、パチンコ、ギャンブルに流れるお金というのは、ものすごい桁であるということを考えると、あんまり、日本にはよいお金が溢れているとはいえないですね。。。

4人の子の子育てにあくせくしてきた私の家庭の場合などは、そういう余分に使うお金も時間の余裕もなかったわけで、つつましくも穏やかに暮らせることは、ありがたいとしか言いようがありません。

お金は借り物。
自分が汗水たらして得た収入であったとしても、丸々自分のもの、と思わずに、世のため人のために僅かながらでも、分けていく。

人のために使うなんて損だと思うかもしれませんが、それが、かえって呼び水のようになって、よい運勢が押し寄せるようになります。

経済で大きな発展をした、日本。
海外への援助も今後も続けて行く使命があると思います。
抱え込んだらいいことはないでしょう。

そして、不況だなんだかんだいっても、安定した社会にいるお陰で、何とか暮らしていけることに感謝して、またできる限り、一円でも生き金に変える、奉仕する生活をしていきたいと思うのです。

金欠の時には特に、かわいいお金にはよい旅をさせてあげましょう。


今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:2015.04.10 追分市民の森 休耕畑 桜
by (C)ひでわくさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


14年前になくした財布、中身増えて戻る クロアチア

動画:お金がなくても食べられる無料レストラン、カタール首都


kuri-maの参考記事
 9億円の宝くじを寄付?!「幸せはお金では買うことはできないから」
 正直者は馬鹿をみない?!現金7300万円の忘れ物を返却したタクシー運転手《置き忘れニュース》集めました
 2013の運勢は?! 「つつましい生活」が魂も世の中も輝かす?!…
 続・引き出すほど増える「幸福の預金通帳」とは?! +…
 引き出すほど増える「幸福の預金通帳」とは?! + …
 遺産で天国へ行けるのか?!米ホテル女王の愛犬も天国へ(?)



◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています



2015年04月10日

人間と動物の違いは?! 〈愛を覚えていた野良犬の話〉  ★【特集】「人間の最良の友」ワンちゃん大集合

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

2015.02.24 瀬谷 野菜売り場 ポスト改め入金箱


人間と動物の違いはなんでしょうか。
動物にも、動物なりの心のようなものがありますし、忠犬ハチ公のような美談を生んだりもします。
しかし私が思うに、それは主人の愛情の投影であって、人間が愛情を注いだ分しか動物は返すことができません。

人間は、愛情(心)を深め、育てることができますし、成長していくことができます。しかし、動物はインプットされたことしかできません。

それでも、接する人間次第で、素晴らしいこともできたりしますから、動物に負けそうな人間様も多いかもしれませんが…。

愛し、しつけ、よい環境を与えてあげた分だけ、動物は応えてくれます。しかし、主人になることができないのが、動物です。
だから昔の映画「猿の惑星」のような状況は、ありえないのです。

動物は、責任をもてません。どんな忠犬であっても、賢いお猿さんであっても、地球温暖化も、世界平和も感心がありません。

自分の人生を考えたり、祈ったり、供養したり、神様を信じることもありません。
動物は、鏡には反応しますが、鏡に映った自分の姿を、自分だとはなかなか認識できません。仲間の犬がいると思うだけです。

職務に忠実な盲導犬は、下手な人間よりも責任感がありそうですが、そのように訓練されたからこそで、教育されたこと以上のことは、あまりできない、つまり教育した人間が素晴らしい、ということになります。

子どもは動物が大好き。動物に接することで情緒も育ちます。
ロングブームとなっているペットブームも、情緒の足りない私たちに、それを補足するためのアイテムだからではないでしょうか。

たとえば、責任のない赤ちゃんがかわいく癒されるように、動物は人間と違って、責任も愛情もなくても癒されます。そういうものだから、それでいいのでしょう。


東欧のブルガリアにいた頃、よく野良犬たちを見かけました。
郊外の公園を住処にしている犬たちがいたのです。

その中で、ちょっと疲れたようなオス犬がいて、
私たちは「オヤジ」と呼んでいました。
見るからに雑種ではありましたが、性格のいい犬でした。

野良犬というのは始末が悪いものです。
人の手によってしつけられたことがなく、自分たちの生きるためには、
当然、人間様の迷惑は知ったことではありませんから。
人間という主人、あるいは愛情をかけて保護してくれる存在がいないと、
犬というのは野生動物以下の存在になってしまいます。

この「おやじ」は他の野良犬とちょっと違っていました。
なんとなくまじめなおじさんの姿に見えるので、
誰かがそう呼び始めたのです。
彼は私たちのそばが好きでした。

私が頭をそっと撫でてあげると、彼は、目を閉じて、
恍惚に浸るような状態になったものです。
私が行くたびに、遠慮がちに近づいてくるので、
いつも撫でてあげるようになりました。

私は、犬が恍惚に浸るということがあるとは思っていませんでした。
私が推察するに、彼は以前に人に飼われていたことがあったのでしょう。
その遠い、もう還ってこない飼い主との日々を追憶しているに
違いないと思いました。
少しあごをあげて、目を閉じている姿は
野良犬ながら、野良犬の心は持っていないようでした。

ある、季節は春だったか、彼は子犬たちを引き連れて世話していました。
母犬らしき犬を見掛けることもありました。

血統書というのがありますが、一回でも他の種類の犬と交わったら、
純血種は生まれないのだそうですね。
雑種の場合も、そのようです。
「オヤジ」の子どもたちと、母犬の状況を見た時に、
その通りだったとわかりました。

この一匹の犬は、私に多くのことを教えてくれました。

野良犬を英語でastray dogといいますが、単に迷い犬という意味も、
正道からそれた、堕落したというような意味もあります。

生まれながらの野良犬は性質(たち)が悪いと言いますが、野良犬でも人間に愛された記憶を忘れない場合もあるのです。

私はもうこの世にはいないに違いない「オヤジ」を思い出し、
そっと撫でてあげた時の彼の陶酔したような表情を思い出します。
果たして彼の子犬たちは、無事に生き延びたかどうか…。
彼は、私があの世に行った時、近くにきてほしい犬です。


今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:野菜売り場 ポスト改め入金箱
by (C)ひでわくさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


【特集】「人間の最良の友」ワンちゃん大集合


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています


posted by kuri-ma at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物・動物園ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする