さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2015年03月31日

卒業の歌、それとも出発の歌?! GReeeeN♪「遥か」  ★北極圏で皆既日食を見上げて【AFP記者コラム】

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

2015.03.30 和泉川 シダレザクラ 満開


「まっすぐにやれ 
よそ見はするな 
へたくそでいい」 
父の笑顔と
「信じる事は簡単な事 
疑うよりも気持ちがいいね」
 母の涙




この「遥か」は、映画『ROOKIES -卒業-』の主題歌として紹介したことがありますが、いまだに卒業式シーズンなどに聴かれる曲かもしれません。
ただGReeeeNのインディーズ時代からあった曲なので、映画のために作ったわけではないようです。

歌詞にも「春風 舞い散る桜」というふうに、春のイメージですね。
今年はすでに桜も咲いたし、ちょうどいいかと思い、紹介します。

今日は3月最後の日ですから、旧年度を終わり、明日からは、フレッシュマンたちが初出社したり、学生たちも、皆ひとつずつ進級していきます。
卒業と、新しい出発の節目の時です。

出発は、旅立ちとも言いますね。大切なものから卒業し、別れることで、新しい出発をしていくんですね。

「さようなら」と言いながら、「さぁ行こう」と言いながら、何度も覚悟を決めて旅立つんですね。

もしかして、すでに出発した人が、舞い散る桜を見ながら、残してきた両親や、懐かしいもの、大切なものを思い浮かべて、更なる覚悟を固めているのかもしれません。

私も、気持ちだけはフレッシュにして、仕切りなおして、再出発したいと思います。
春というのは、それができるチャンスかと思うのです。





遥か/GReeeeN


窓から流れる景色 変わらないこの街 旅立つ
春風 舞い散る桜 憧ればかり強くなってく

「どれだけ寂しくても 
自分で決めた道信じて、、、」
手紙の最後の行が あいつらしくて笑える

「誰かに嘘をつくような人に なってくれるな」 
父の願いと
「傷ついたって 笑い飛ばして 
傷つけるより全然いいね」 
母の愛

あの空 流れる雲 思い出す あの頃の僕は
人の痛みに気づかず 
情けない弱さを隠していた

気づけばいつも誰かに支えられ 
ここまで歩いた
だから今度は自分が 誰かを支えられるように

「まっすぐにやれ よそ見はするな 
へたくそでいい」 父の笑顔と
「信じる事は簡単な事 
疑うよりも気持ちがいいね」 
母の涙

さようなら また会える日まで 
不安と期待を背負って
必ず夢を叶えて 笑顔で帰るために

本当の強さ 本当の自由 本当の愛と 
本当の優しさ
わからないまま進めないから 
「自分探す」と心に決めた

春風 想い届けて 涙を優しく包んで
必ず夢を叶えて 笑顔で帰るために

どれだけ寂しくても 僕らは歩き続ける

必ず帰るから 想いが風に舞う 
あなたの誇りになる

いざ行こう





それにしても、父と母の言葉は、とても当たり前の言葉なのに、とても心に残る言葉です。

新しい出発をされた皆さんも、そんなよい言葉を思い出して、新しい一歩を踏み出してくださいね。
私もフレッシュに頑張ります。

必ず、笑顔で帰りましょう。

ありがとうございます
感謝します
愛しています


今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:2015.03.30 和泉川 シダレザクラ 満開
by (C)ひでわくさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


【AFP記者コラム】北極圏で皆既日食を見上げて



◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています


posted by kuri-ma at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ♪歌の心(音楽と歌詞) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする