さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2015年03月25日

ダライ・ラマ、19の言葉 〜21世紀を生きるために?!〜  ★43年男装女性を表彰、エジプト ★同性愛者にHIVが「爆発的」流行、WHOが警告

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

2015.03.21 和泉川 菜の花にモンシロチョウ


自分を変えることを
恐れてはならない、が、
自分自身の価値を見失ってはならない。


ダライ・ラマ



上の言葉は、今日下にあげた対照的な二つのニュースに当てはめた時に、よくわかるかもしれません。

一つは、夫に先立たれ、職を得るため43年間男装している女性が、このほど大統領より表彰されたというもの。娘との生活のため、また身を守るためだったといいます。

もうひとつは、同性愛者のニュースです。



今日は、【ダライ・ラマから届いた21世紀を生きるためのメッセージ】を紹介します。
19項目があり、どれも大切な内容だと思いますし、一つ一つ掘り下げてみてもよいくらい深いと思いますが、今日は一挙全部紹介します。

こういうよい言葉というものは、聞いてフムフム素晴らしいと納得するだけで満足してしまうことが多いのですが、それで終わることなく、そのことを実行し、なおかつ、一回こっきりでなく、継続して身に付けていくのがいいんでしょうね。

今日紹介する19項目で、心に残る項目があることでしょう。
うん、いい話、なるほど、と思ったら、ぜひやってみたいですね。

また、メッセージに近いシチュエーションになったら、その内容を活かせるように、よく頭に入れて覚えておきたいと思います。
そのためにも、一回だけでなく、なんども読み返したり、ノートに書き写すなどするとよいでしょう。
人生に関することですから、何かの試験よりも、大切ですね。こういうことこそ、暗記したいです。

ぜひ、どれかひとつ座右の銘として頂きたいと思うのです。



【ダライ・ラマから届いた21世紀を生きるためのメッセージ】


1) 大いなる愛と大いなる目標の達成には、大いなる危険が伴うことを忘れてはならない。

2) 失敗をした時は、その失敗から学びなさい。

3) 3つのRの法則に従いなさい。
     「 自分自身を尊重しなさい 」
     「 他の人々を尊重しなさい 」
     「 あなたの行動全てに責任を持ちなさい 」

4) 自分の欲しいものが手に入らないということは、素晴らしい幸運の場合があることを忘れてはならない。

5) 決まりについて学びなさい、そうすれば決まりを破る方法を見いだせるだろう。

6) ちょっとした意見の食い違いで、友達を傷つけてはならない。

7) 間違いを犯したことに気づいたら、すぐに正しいやり方でやりなおしなさい。

8) 1日1回、自分一人で過ごす時間を持ちなさい。

9) 自分を変えることを恐れてはならない、が、自分自身の価値を見失ってはならない。

10) 時には沈黙が最上の答えの場合もあることを忘れてはならない。

11) よい人生、誇りある人生をあゆみなさい。そうすれば振り返った時人生をもう一度楽しむことができる。

12) 温かく愛に満ちた家庭は人生の基盤である。

13) 愛する人と仲違いに陥った時は決して過去を持ち出してはならない。 今、ここでの問題解決に勤めなさい。

14)知恵を分かち合いなさい。そうすれば不死の世界を見いだすことができるだろう。

15)地球に優しい生き方を選びなさい。

16)1年に1回、これまでおとずれたことのない所を訪れなさい。

17)最高の人間関係とは、あなたが人に期待するものより、その人への愛の大きさが勝る時に実現するものだということを忘れてはならない。

18)成功とは達成するために諦めたこと、失ったものによって評価するものである。

19)愛することと料理にはわき目をふらない情熱を持って臨みなさい。




今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:菜の花にモンシロチョウ
by (C)ひでわくさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


娘のために男装して働き続けた女性を表彰、エジプト

同性愛者男性にHIVが「爆発的」流行、WHOが警告


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら



posted by kuri-ma at 08:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 同性愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする