さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2015年03月22日

*反対の理由* 渋谷「同性パートナー条例」が通るとどうなるのか?!《後編》   ★エイズウイルス株「O」「P」の起源、ゴリラと判明

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

2014.04.19 アニヴェルセル みなとみらい横浜 バラ


私は渋谷のこの条例案には反対します。
かといって、同性愛者を差別しようとは思いません。

社会に差別する傾向があるのは否めませんが、一切の差別をやめ、理解して付き合っていこう、と呼びかけたいです。

そうした上で、一人ひとりの同性愛者の方々と友人となり、その人の幸せについて考えてあげたい、と思うのです。

どうして条例案がよくないかは、昨日述べました。
その考えの背景として、同性愛者というのはどういう立場なのか、客観的に考えてみましょう。


この宇宙というのは、すべて+と−のペアシステムで成り立っています。雄雌、男女以外のものはありませんね。
そして、お互いのために生き合い、それぞれが相手を生かし合うことで関係性が成り立つようにできています。

自分のために生きていると、よい方向にいきません。自己中は、宇宙の成り立ちから逆行するようになっているようです。

地球上の鉱物にしても、宇宙全体の成り立ちにしても、そのような法則性から外れることはないでしょう。
動植物の世界ですらそうなのですが、ただ唯一、人間だけが、+と+、−と−の組み合わせが許されるのでしょうか。

人間は、万物の霊長だと言われます。
人間だけが、どのように生きるか、自分の責任で選んでいく余地があるわけですが、間違いも犯し得るのが人間です。むしろ間違ってばかり、失敗してばかりともいえるかもしれません。

しかしながら、宇宙の法則、つまり神様の願いから外れて、自分中心の生き方をしていくと、その万物の霊長の特権をひとつずつ手放し、その立場を自ら降りていくことにもなるのではないでしょうか。


同性同士の関係を結んでいくことは、申し訳ありませんが、人間らしい姿とはいえないでしょう。
人間のあるべき姿から逸脱した存在であり、また動物もしないことをして、宇宙の法則から離れていっているのですから、動物よりも堕ちた立場と言ってしまうこともできるでしょう。

下にあげたニュースにあるように、エイズの原因は、ゴリラ、チンパンジーとの性交です。
獣交の結果であるといいます。
同性愛者たちすべてが獣交するということではもちろんありませんが、先に同性愛者の中で広まったように、一部そういう人たちがいた、ということになるでしょう。

獣交も、えっと思ってしまう、行為ですが、同性同士の関係というのも、宇宙、大自然の成り立ち、秩序の中で、それを乱し、壊していく、逆行していくことになるというのが、客観的に見たら、はっきり分かる事実だと思います。

それを同性愛者の方たちは自覚されていないのでしょう。


だからといって、人間扱いしないわけではもちろんありません。
人権はしっかり守っていくのです。私たちには、忍耐と理解が必要でしょう。

しかし、渋谷のこの条例案は、おかしい。明らかに行き過ぎです。
無秩序で、混乱の元となっている同性愛者たちを、まるで自分たちは特別な存在で、それをすべての人が認めるべきだ、と言っているわけですから。

人間社会には、特別も何もありません。
もちろん、障害者や高齢者など、守られるべき存在、配慮されるべき存在はおられます。
そのようなハンデを抱えた人たちのような、特別な措置、それ以上のものを要求するのが今回の条例案です。なんだか本当におかしいです。

自分たちは愛し合っているから、自分は同性にしかときめかないから、と言われますが、それは、自分の思いを優先させる生き方、つまり自己中心的な生き方としかいえないのではないでしょうか。
愛し合うのも、性交するのも勝手だということでしょう。

自分たちの勝手でしているものを、区で正当化させ、自分たちを優位にさせる、そうして、私のように、客観的にこうだという意見を抹殺しようというのが、この条例案です。

愛にも性にも自己責任が伴います。
それを、他の人たちに認めろと強制するのでしょうか。。。

それを選んだのは同性愛者たちのはずではなかったのかなぁ、と思うのです。


差別、差別、と言いますが、正直、特異なものを気持ちが悪い、と思うのは、自然な私たちの思いです。

ただ、気持ちが悪くても、その人たちの存在を丸きり否定してはいけないから、面と向かって個人的には「気持ちが悪い」とは言いません。

髪の薄い人に「ハゲ」と言ったり、太った人に「デブ」と言ったりしないのと同じです。人間として、相手が傷つき、気分の悪くなることは言わないのが、良識のある人の態度でしょう。

その人たちの存在を配慮して、ちょっと特殊な人なんだと、理解してお付き合いしているのです。
小さい子どもなら、正直に口にしてしまうかもしれませんが、社会人として言わないだけです。

差別というのは、それを嫌だと表現してしまったり、言わないまでも、嫌がらせな態度を取るということでしょう。

入居者を断るのも、別に大家さんの自由ではあるのですが、そういうことが多くなると差別ということになりますから、みんな大人になって理解してあげましょう、ということではないでしょうか。

そして、病院においても、法的な家族であるとかそうでないとかという枠を越えて、少し融通を利かせてもらう、ということでしょう。


同性愛者は、どんな立場かをまとめてみますと──

宇宙の成り立ちから逸脱している、宇宙の秩序を乱していると、彼らの自覚はないでしょうが、人間の生態系を考えた時に、特異な存在であり、申し訳ありませんが、宇宙の発展、人類の発展ということを考えても、厄介な存在、というしかないでしょう。

自分たちの好きにすることで、貴重な社会やひいては宇宙の秩序を乱しているのですから、本当はとっても困った存在なのです。

それを同性愛者たちに言っても、客観的にああそうだよな、という反応ではなく、かみついてこられることが多いのですが、どうか冷静になって頂きたいと思います。

私は、差別はしません。
でも、特別扱いもしないし、同性愛を良いものだと認めたり、奨励したりは絶対にしません。むしろ間違っているよ、そっちに行かない方がいいよ、と警告します。

タバコや麻薬、不倫についても、健康や幸せのために、やめた方がいいといいますが、それ以上に深刻に、やめた方がいいと伝えたいのです。

宇宙の秩序に合わない以上、いくら自分はよくても、本当の意味で幸せにはなれないからです。

こういう意見を公的に言うだけで取り締まられるとしたら、おかしいことでしょう。

繰り返しますが、私たちは、寛容に同性愛者たちに接するべきかと思います。
友達になって、「でも、できるならやめた方がいいよ」そう言ってあげたい、これは真実な思いです。

ありがとうございます。
感謝します。
愛しています。


今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:バラ
by (C)ひでわくさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


エイズウイルス株「O」と「P」の起源、ゴリラと判明


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています


posted by kuri-ma at 05:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 同性愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする