さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2015年02月27日

「天皇とは何か」を知るエピソード?! 「思い出しただけで涙が止まらない!」 《明治天皇の玄孫・竹田恒泰さんの著作より》  ★カラシニコフ銃抱えた幼稚園児の集合写真が物議、ロシア

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

月光


「天皇とは何ですか」という質問に
一言で答えるとしたら「祈る存在」です。
何を祈っているかといえば、
国民一人ひとりの幸せです。


竹田恒泰


今日は、祈りという観点で、天皇陛下のエピソードを教材にしてみたいと思います。

昨年、東京五輪最終プレゼンでの、高円宮妃久子さまの挨拶を紹介しました。

久子さまは制約のある立場の中を、日付が変わっても委員の人たちと会議を重ねたり、陰ながら、五輪招致のためにどれだけ大きな働きをされたか計り知れません。

日本の皇族の方々を、私たちは詳しく知る機会はありませんが、このように誰よりも熱く日本のために尽くしてくださる、そういう貴重な存在なのだと思います。

そして、皇族の中心に立たれた天皇という存在もまた、特別な存在ですが、どうして天皇がおられるのか、天皇陛下とはどんな存在なのか、ということを知る内容をご紹介します。



「天皇とは何ですか」という質問に一言で答えるとしたら「祈る存在」です。

何を祈っているかといえば、国民一人ひとりの幸せです。

たとえば、アメリカの大統領は国民の幸せを祈りません。ハリウッド映画などで大統領が祈っているシーンを見たことありますか? おそらくないはずです。

その時何を祈っていたかというと、「自分の罪が許されること」です。自分の身の安寧は祈っても、大統領が国民一人ひとりの幸せを祈るシーンはない。道徳の問題というより、アメリカにはそういう習慣がないからです。

ところが日本の天皇は、皇紀2673年間、どの時代においても、天皇が国民の幸せを祈らない時代はありません。その伝統がいまだに続いているということが東日本大震災で証明されました。天皇皇后両陛下が被災地にお出ましになり、避難所を御訪問になった時の映像を、よく覚えていらっしゃると思います。皇后陛下のお言葉がありましたよね。「生きていてくれてありがとう」

これはもう身内にかける言葉なんですよ。親が子供にかける、もしくは子が親にかける言葉です。愛に満ちた、大変美しい光景でした。天皇と国民が一体となるような美しい映像を眼前に見たことを、多くの日本人が忘れないでしょう。

私は東北の被災地にボランティアで訪問した時、近くにいた中年のご婦人に声をかけたことがあります。

「そういえばこの避難所に先週、天皇陛下がいらっしゃいましたね」と尋ね、その方が「そうなんです」と答えたのですが、そのご婦人は、その瞬間に泣き出してしまいました。周りの方もみんな「そう、そう」と言って、これまた泣きはじめる。驚いて「どんな様子だったんですか」と聞いたら、陛下のお姿を見たとたん、全員が泣いていたそうです。

その方は、家族もみんな亡くなってしまい、「なぜ自分だけが生き残ってしまったのか」「どうやって死のうか」とばかり考えた夜もあったそうです。そんな時、天皇陛下のお姿を見て初めて生きる望みが湧いてきたというのです。お愛想や他人事ではなく「他人なのに自分のことを本当に心配している人がいる」ことがわかり、「だったらもう少し頑張れる」と思ったそうです。

これはとてつもなくすごい話で、人を本当に救うのは理屈ではない、ということです。

その方に「では普段から陛下を尊敬なさっていたんですか」と聞いたら「そうじゃないのよ。どちらかというと『天皇なんかいなくてもいい』と思っていました。でも初めてわかったわ」と。

何がわかったかというと、天皇が国民にとって父母のような存在であるということです。天皇が存在することが、どれほどありがたいことか、この方は肌身で知ったのでしょう。

明治天皇の玄孫にあたる竹田恒泰さんの著
『日本人の原点がわかる国体の授業』より




天皇皇后両陛下にお会いするだけで涙が出る。なぜ涙が出るのか、それは祈って下さっているから。そして、愛してくださっているから。
そういう本物の行為や、思いは隠しようがありません。取り繕ったポーズでできるものでもありません。

そして、それを感じてしまうことは、これまた仕方がありませんね。

その祈り、思いは目には見えないかもしれませんが、天皇陛下が祈ってくださっている。私の幸せを願ってくださっている。

幽霊がいない、霊界がない、神様がいない、と言う方々もおられますが、これもまず感じるものかもしれません。事実の証明より先に、実際にあるから、感じてしまう。

私の思いも、見えないかもしれませんが、私の「愛」をまず感じて下さったら嬉しいです。

ありがとう 愛しています


今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:月光 posted by (C)星船さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います

竹田恒泰 : 明治天皇の玄孫にあたる。旧皇族。竹田宮恒徳王の孫。恒徳王の第三子である日本オリンピック委員会会長竹田恒和の長男。
 1975年生まれ。慶應義塾大学法学部法律学科卒業。




kuri-maの天皇陛下関連記事
 (感動実話)日本の今があるのは?! 「天皇陛下は磁石だ。私の心を吸いつけた!」 ★ジョージ王子初の公式写真、王子はすやすや 夫妻は笑顔
 ・「天皇とは何か」を知るエピソード?! 「思い出しただけで涙が止まらない!」 《明治天皇の玄孫・竹田恒泰さんの著作より》 ★空から見た「地中海の宝石」モナコ
 

カラシニコフ銃抱えた幼稚園児の集合写真が物議、ロシア



◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています


posted by kuri-ma at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 天皇 皇族  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする