さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2015年02月26日

祈りは誰にも止める事ができない?! 祈りは「生命の宣言」村上和雄  ★喫煙者のうつ・不安症、非喫煙者の1.7倍 英調査

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

光る海。


日本語の「祈り」という言葉の
語源は、「生宜り」

「いのり」は『生命の宣言』なのです


村上和雄



人間の祈りは、誰も止めることができない。これは、生命の宣言であり、心からの叫びなのでしょう。

昨日の尾崎豊さんの記事で、初期のデモテープにある歌詞を、追加で掲載したのですが、その中に「だけど誰が止めるというの 祈るしかない生き物よ」というフレーズがありました。
この部分は当初、カットされ世には出なかったわけで、彼の祈りは止められてしまっていたのですが、売り出される前の少年の頃から、すでにこの真理に気づいていたんですね。

尾崎豊さんは、歌を通じて叫ぶように、祈っていたのでしょう。それこそが、生きる証しというかのように。


日本語の「祈り」=「いのり」という言葉の語源は、
「生宜り」だと解釈されています。
「い」は 、命(いのち) 生命力=霊威ある力、
「のり」は、祝詞(のりと)や詔(みことのり)と同じで、
宣言を意味しています。
ですから「いのり」は『生命の宣言』なのです。
そう『生命の宣言』をすると、
遺伝子が活性化して、
活きいき生きられる様になるはずです。


筑波大学名誉教授
村上和雄 著「人は何のために『祈る』のか」より



村上先生が言われるように、祈ることで、私たちは活性化します。

特に心の中で祈るだけでなく、声に出して祈ることで、また思いのたけを宣言することで、さらに活き活きとしていくということのようです。

祈るって、何を、といえば、まず感謝ではないでしょうか。
そして愛の言葉。

ありがとう、感謝します。
愛しています。

それだけでも、堂々と宣言する、そんな毎日にしていけば、私たちの魂も光り輝くことでしょう。
笑顔も忘れずに添えていけば、言うことなし、ですね。

私も日々叫び続け、生命を更に活性化していきたい、と思うのです。



今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:光る海。
by (C)芥川千景さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


喫煙者のうつ・不安症、非喫煙者の1.7倍 英調査



◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています




posted by kuri-ma at 11:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 祈り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする