さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2015年02月25日

二つの「街の風景」、尾崎豊の原点を見る?!  ★イタリアのギター職人「困窮する一流奏者のために」

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

流れてるメロディ♪

☆毎月25日は 尾崎豊の
メモリアル・デー(月命日)☆


人生はキャンバスさ 人生は五線紙さ
人生は時を演じる舞台さ
心のハーモニー 奏でよう
ガラス作りの歌 奏でよう
無限の色をちりばめた 街の風景




尾崎豊さんの紹介をするようになってから、ずいぶん経ちますが、紹介していない曲もまだまだあるようです。
今日紹介する「街の風景」は、ファースト・アルバムの「十七歳の地図」に最初の曲として収められています。

この曲は、デビューのきっかけになったデモテープに収められた3曲のうちの1曲、「町の風景」が原曲となっています。
10分にもなる長い曲だったようですが、レコーディングの際、須藤プロデューサーの意向で、短縮され、アレンジも変わったとのこと。
この原曲は、「無題(むだい)」という彼の未発表アルバムに収められています。(下に動画添付)

「街の風に引き裂かれ 舞い上がった夢くずが
路上の隅で寒さに震え もみ消されてく…」

冒頭のこの表現は秀逸ですね。
「夢くず」ってなんぞや、ですが、本当によく伝わる表現です。



街の風景





「街の風景」

街の風に引き裂かれ 舞い上がった夢くずが
路上の隅で寒さに震え もみ消されてく
立ち並ぶビルの中 ちっぽけな俺らさ
のしかかる虚像の中で 心奪われている
あてどない毎日を まるでのら犬みたいに
愛に飢え 心は渇き ふらつき回るよ
灰色の壁の上 書きなぐった気持は
それぞれの在り方の空しさに震えてるんだ
追い立てられる街の中 アスファルトに耳をあて
雑踏の下埋もれてる歌を見つけ出したい
空っぽの明日に向けて投げてやるさ
誰もが眠りにつく前に
心のハーモニー 奏でよう
ガラス作りの歌 奏でよう
無限の色を散りばめた 街の風景

黙ってておくれよ 理屈なんかいらない
甘えだと笑うのも よく解ったから
無意味の様な生き方 金のためじゃなく
夢のため 愛のため そんなものにかけてみるさ
追い立てられる街の中 めくるめく日の中で
思い思いに描いてく 歌い続け 演じ続け
人生はキャンバスさ 人生は五線紙さ
人生は時を演じる舞台さ
心のハーモニー 奏でよう
ガラス作りの歌 奏でよう
無限の色をちりばめた 街の風景




人間喜劇さ その通りだろうよ
だけど何がこうさせるのか わからないよ
愛情の渦だよ 窮屈になるだけ
だけど誰が止めるというの 祈るしかない生き物よ


原曲で「黙ってておくれよ」の前に入る歌詞です。
カットしたには惜しいフレーズですね。

翌日の記事でも書いています→こちら



町の風景
(元のデモテープには余分なアレンジはなく
ギターと歌だけだったと思われます)



今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:流れてるメロディ♪
by (C)芥川千景さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


イタリアのギター職人「困窮する一流奏者のために」


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています


posted by kuri-ma at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 尾崎豊の求めていたもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする