さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2015年01月25日

神様を悲しませる3つの理由 = 私たちが幸福になれない理由?!  ★湯川さんの父親、心境を語る「残念な気持ちでいっぱいです」

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

モンキチョウ。


私たちが幸せになるためには、
ただ素直に神様、あるいは
良心の声を受け入れ、
宇宙の法則の通り、
つまり、自己中ではなく、
人の役に立つ生き方をしていくことです



「幽霊っているんでしょうか」、このブログは、ある時、神様からのインスピレーションがあって、始めたものです。

神様は、人間を愛しておられ、いつも愛情のパワーを与え続けてくださっています。だから、今も私たちは生きているのだと、私はそう感じています。


私たちが幸せになるためには、神様の願いに応え、つまり良心の声に従っていくのがいいのですが、そこに気づかないことが多いようです。

神様が、今日この私たち人類を見ながら、悲しんでおられることが、大きく分けると3つあります。

1、 神様を信じない
2、 人間らしく生きない(人々の淪落)
3、 宗教が役目を果たせない(世界の問題・戦争など)


このために、人間が不幸になっていく、だから神様は悲しむのです。

神様が悲しむこと=人間が不幸に向かうのだといいます。

神様が悲しむことを、もう一度言いますと、まず、神様を信じない人たちの勢力が強大になってきていること。
愛する子供たちから、その存在を否定され、自分から遠ざかり、自ら危険な方向、不幸な方向、過ちに向かっていくのを、手をつかね見ている親の立場、それが神様です。

そして二つ目に神様が悲しむのは、本来生きるべき人間の姿から離れ、道徳的に乱れ、淪落すること。
家庭が壊れ、個人主義、自己中心的になっていき、犯罪行為、中でも性犯罪が増加しています。
性倫理が乱れ、思春期の少年少女が純潔を守れない風潮となっています。
そして家庭を守るべき親たちの不倫問題は、夫婦にひびが入り、家庭が不幸になる一番の原因となっています。

三つ目に神様が悲しまれているのは、既存の宗教の退廃によって、人々が神様を離れ、淪落していくのに対し、宗教や思想界がリードしていけないことです。
現代は価値観が複雑化し善悪が混沌となっています。
そして、宗教間の不一致により、宗教戦争や、テロが発生しています。
神様の願う世界平和とは、反対の方向に向かっているのです。

この神様が憂い、悲しんでいる三つの要素は、私たちを不幸に引っ張っていくようです。


ここに、隠れているもう一つの存在があります。
私たちが神様を信じ、思いやりをもち、明るい家庭をもって、世界が平和になることを、願わない存在です。

神様は私たちをいつも見守り助けたいと思っておられます。
しかし、実はもう一つの目に見えない存在、悪魔の方が、私たちの身近にいて、馴染んでしまっています。

私たちのすぐ側にいて、私たちの弱点や癖をうまく利用して、神様を信じられなくし、私たちが幸せに向かうのを阻止しようとしているのです。
あまりに私たちの身近にいすぎて、まるで私の一部のようになってしまっています。

神様を信じることなく、自己中、自堕落な生き方をして、世のため人のためなんてクソ食らえ、とまでは思わなかったとしても、無関心な思いを起こし、悪魔にがんじがらめになり利用されていくのですが、そうなればなるほど、それになかなか気がつかないのではないでしょうか。


私たちが幸せになるためには、ただ素直に神様、あるいは良心の声を受け入れ、宇宙の法則の通り、つまり、自己中ではなく、人の役に立つ生き方をしていくことです。

よい言葉、よい笑顔、よい行動、それは会う人を幸せにし、私たちを幸せに導くものです。

ただ感謝し、愛しましょう。
祈り合いましょう。

見えなくても、神様はいます。あなたを愛しておられます。
私の心は見えないかもしれませんが、やはり、あなたを愛しています(笑)。
空気は見えないかもしれませんが、無償で、私たちは呼吸することができます。

ありがとう
愛しています

そんな言葉が世界中に満ちますように。


今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:モンキチョウ。
by (C)芥川千景さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います

今日の記事は、昨年10月の記事を再編集しています。

湯川さんの父親、心境を語る「残念な気持ちでいっぱいです」

【AFP記者コラム】中東の流血写真と映像に向き合う編集者の苦悩


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています