さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2015年01月22日

テロリストはなぜ「教育」を嫌うのか?! 《マララさんの言葉》  ★イスラム国が「教育受けた女性を処刑」、国連が警鐘

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

ラン♪


彼らは銃弾で私たちを
黙らせようと考えたのです。
でも失敗しました。

私の中で弱さ、恐怖、絶望が死にました。
強さ、力、そして勇気が生まれたのです。


マララ・ユサフザイ



昨年ノーベル平和賞を受賞したマララさんが、かつて国連で演説したのが「本とペンを手に取りましょう」でした。教育こそがすべてを解決する、と彼女は言っています。

「イスラム国」が教育を受けた女性たちを処刑したという、衝撃的なニュースが伝わっています。(下にニュース記事)
写真には10数名の女性しか写っていませんが、背後の男性の数からすれば、20名以上の女性たちが一斉に殺害されたのだろうと思われます。


イスラム過激派は、女性が教育を受けることは、とても罪なことだと思い込んでいます。彼らにとっては、許されないことなのです。

マララさんは、彼らが教育を憎むと同時に恐れているのだと指摘しています。
それが学校を破壊し、残虐行為をする原因だというのです。

なぜなら、彼らは、私たちが自分たちの社会にもたらそうとした自由を、そして平等を恐れていたからです。そして彼らは、今もそれを恐れているからです。

彼らは、神はちっぽけで取るに足りない、保守的な存在で、ただ学校に行っているというだけで女の子たちを地獄に送っているのだと考えています。
テロリストたちは、イスラムの名を悪用し、パシュトゥン人(アフガニスタン、パキスタンなどに住む民族)社会を自分たちの個人的な利益のために悪用しています。


マララさんの言うとおり、彼らが信じる神は、ちっぽけで取るに足らない存在のようです。

本当の神がそうではなく、彼らの信じるところが偏狭で、子どもよりも小さいのです。
そして、恨みに固まっています。

教育を受けた女性たちを許せないのです。
懐の大きな男性たちとは思えません。

彼らは、神様の名を語りながら、自分の小さい器を正当化しているにすぎません。

本当の神様は、人類すべての神様であり、宇宙をつかさどる神様ですから、人間のちっぽけな自己満足のために、他の大切な人間を傷つけ殺すことを、よしとはされないでしょう。


マララさんがすごいのは、彼女を瀕死に追いやったテロリストを、憎まないというのです。
目の前に来ても、復讐することはない、と言っています。

彼女はすでに赦し、愛しているのです。

彼女が信じるアッラーと彼らの信じる神は同じイスラム教の神であり、それは宗教宗派を超えた同じ一つの神であると、私は考えています。

宇宙をつかさどり、大自然を動かす神が、一宗教や一宗派だけの神様であるはずがありません。

神様は何人もおられるのではなく、ただ一つのお方です。だから全世界の人々は同じ神様の子どもであり、お互いに兄弟だということになります。

この地球が一つの街であるかのように、人類が一つの家族のように暮らすこと、それが本来の神様の願いであり、私たちの幸せのはずです。

マララさんはすでに、心の面においては、自分を殺そうとした相手も赦し、愛していますから、神様と同じような深く広い愛情をもっています。

ただ、まだ実世界においては、マララさんのようになることのできない、心の狭く小さな人たちが多いので、ちょっとしたことでも恨み骨髄となって、復讐の連鎖となっているのでしょう。


マララさんという一人の少女がいるということ、きっとそれに続く無数の少女たちがいるに違いないということを思うときに、諦めなければ、必ず愛が勝つ、正義が勝つと確信するのです。

共産政権が、神がいないといい、自由を奪い、恐ろしいほど多くの人々の命を奪いました。
その後共産国家の行く末がどうなったか、今はよくわかっています。

そして、イスラム過激派、テロリストたちの行く末、これもそのままで行く限り、栄えようがないでしょう。
ある一時は、暴力や武力で思い通りになるとしても、それより強い力があることを彼らは知りません。

永遠の世界、死後の世界があり、そこは愛の世界だといいます。
マララさんのような、大きくたくましい愛を持った人が、羽ばたける世界であると思うのです。


今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:ラン♪
by (C)ヨマさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


イスラム国が「教育受けた女性を処刑」、国連が警鐘


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています


posted by kuri-ma at 15:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 中東・イスラム圏、インド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする