さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2015年01月06日

今日は羊のことを語ろう?! 未年を迎えて!  ★【写真特集】ヒツジのいる風景・「東方の三博士」のパレード

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

hitsuji_yoko_hagaki_26.jpg


日本では、未(ひつじ)年の年賀状の出回る時期以外は、眠れない時にしか、あまり羊を思い出しません。

最近、干支のせいか、私の過去の記事にアクセスがあるので、編集して、もう一度紹介することにしました。

今年は、乙未の年になるとのこと。

年回りは、旧暦で動いているような気がしますので、旧正月の頃には御紹介したいと思いますが、一言で言えば、障害や紆余曲折が起こりやすい年回りです。だからこそ、心して、正しい道をひたすら行くという覚悟が必要かもしれません。


さて、眠れない時になぜ羊を数えるのかといえば、もともと欧米から来たもので、sheep(羊)とsleep(睡眠)をかけた一種の英語のダジャレに由来するものだとか。

欧米では羊は身近な存在です。
狼少年の話や、「アルプスの少女(ハイジ)」のように、羊飼いがいたりして。

私が思い出すのは、イエス・キリストが生まれた時、羊飼いたちが訪ねていき、お祝いしたというお話。
素晴らしい子が生まれたことを、即信じて、その足でお祝いに出向くという、素直で信仰心が篤い人たちが、私の「羊飼い」のイメージです。


ウィキペディアを見てみると、
キリスト教では、この羊飼いを、人々を導く神やメシヤ、羊を信者たちの喩えとして使うとのこと。信者たちを「神の子羊」とも言います。
羊はよいお供え物としても使われ、とにかくいいイメージがあるようです。

旧約聖書、新約聖書共に羊はよく描かれていますが、新約聖書からの逸話を紹介しましょう。
「ルカ福音書」(15章)や「マタイ福音書」(18章)に「迷子の羊と羊飼い」のたとえ話の節がある。愛情も慈悲も深い羊飼いは、たとえ100匹の羊の群れから1匹が迷いはぐれたときでも、残りの99匹を放っておいて、そのはぐれた1匹を捜しに行くものだとある。

神様やメシヤ(イエス)というものは、羊である人々(人類)全てが大切な羊であって、たった一人のために全てを放っておいて、探しに行くというのです。普通の親が迷子の子供を捜す時のように、真剣で切実なんですね。


現代では、なじみのあるキャラクターとして羊が描かれています。

懐かしいところでは、村上春樹さんの「羊をめぐる冒険」という小説がありました。羊男なんてキャラクターが出てきます。羊が大きなポイントになる小説でした。

映画「ベーブ」でも、牧羊犬と羊たちが出てきて面白かったです。

imagesひつじのショーン.jpg


我が家の子どもたちが大好きなアニメに「ひつじのショーン」があります。(NHK・Eテレ)
言葉がいらない、ほのぼの、平和でありながら、動きのある展開で楽しめます。
ちなみに日本語の主題歌は、米米CLUBの石井竜也が作詞と歌を担当しています。





羊は従順というイメージがあるとのこと。お行儀のいい日本人に通じるものがあるかもしれません。

さて、安倍首相は、迷った羊たちを導く、羊飼い的ヒーローになれるでしょうか。
(以前記事を書いた時には民主政権で、導くどころか路頭に迷わせてくれていましたから、「ショーン」の方がマシかもしれない、という〆でした。)

未(ひつじ)年の今年、眠れない時でも、羊を数え続ければ眠れるように(?)、ブレないで正しいことを継続していけば、道は開けるでしょう。

よい年にしていきましょう。



今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村

参照:ヒツジ - Wikipedia 

【特集】ヒツジのいる風景
羊の写真多数!



「東方の三博士」のパレード、公現祭前夜のマドリード



◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています

2015年01月05日

親が子供にしてあげられる3+3のポイント?! 「生きていてよかった!」相田みつを  ★武道館で書き初め大会、3150人参加

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

お預け。


生きていて
よかった
生かされてきて
よかった
あなたに
めぐり
逢えたから


相田みつを



私たちは、何で生まれてきて、限りある人生を生きて、死んでいくのでしょうか。

幸せな人生だったという時、大切な家族、伴侶、誰か一人でもそういう人がいて、愛を交し合う経験をしたということだと思うのです。

人との出会いは、「縁」ともいいます。
自分の意志というよりは、天からの贈り物だと感じます。

伴侶となるべき存在もとても大切ですが、時にそれを越えるのが親子の関係かと思います。


天から頂いた命・出会い


子どもというのは、親にとって一つの実りです。
自分も人生を必死で生きている最中なので、充分にできないこともあるでしょうが、親にとっては、かけがえのない存在であり、自分の痛みは耐えられても、子の痛みを考えたら、いてもたってもいられません。

自分が失敗したかなという道、自分がたどって大変だった道を、なぜか子どもも行こうとします。
それが過ちだとしたら、なんとしてでも踏み止まらせたいのが、これも親心です。

「木」の上に「立」って「見」る人、というのが「親」という字の成り立ちです。
これは、私が思うに、最終的に、子どもの人生は子ども自身の足で歩まなければならないということ。そして、それでも親は子どもを見守っていくんだな、ということです。

それは、人間を見ている神様の様子にそっくりです。

子どもを与えられたことは本当に感謝なことです。
ほしくても子どものできない人は、いくらでもいるのですから。

そして、孫はもっと特別な存在だといいます。
また、ひ孫、玄孫のいる方に伺うと、孫以上にかわいいのだといいます。
こういう関係をもつほど、神様に近づいていくような気がしますね。


子どもためにできること

1 親が子供のためにできることは、まず、自分がしっかり歩くこと。

2 そして、子どものことを神様にとりなし、子どもの代りにたくさん祈っていくこと。

3 世のため人のために役立つ生き方をし、子どもや孫のための見えない、環境を整えていくこと。つまり徳積みの生活をすること。

つまり、正しく生きる、祈る、愛するこの3つがポイントです。

これは、子どもの代りにするという思いなら、より頑張っていけるでしょう。

いざという時のためにも、いつでもよい場所で見守って、助けられる準備をしてあげたいですが、そのためにも、しっかりと子にも見せられる歩み、ついて来いと言えるだけの実績、心の財産の余蓄が必要かと思います。


正しく生きる・愛する・祈る

私たちが幸せと感じるのは、愛情を掛け合うことのできる、関係性の中です。
「愛情」が幸せの基準なのです。

自分がさち薄かったと感じるならば、もっと人に尽くすのです。
そういう具体的な歩みが、子どもさんの行く道を明るくするでしょう。

心配なことは、祈って神様に守っていただくしか仕方がありません。
ただ心配していても、何にもなりません。
祈ってみてください。

祈れないという方は、お子さんの名前を書いて呼んであげるだけでも違います。
そして、ホ・オポノポノの4つの言葉「ありがとう」「ごめんなさい」「許して下さい」「愛しています」や、特に「感謝します」「愛しています」というパワーのある言葉を呟いていく、これは、下手なお祈りより効果的なことがあると思います。

それ以外にできることは、正しく生きることと、愛することです。


受け容れる・信じる・感謝する

お子さんが問題を起こしそうな時、すでに起こしている時は、するなと言ってもどうしようもないことがあります。
お子さんの気持ちを理解して、過ちを犯したとしたら、自分も地獄に一緒に行く、そんな覚悟ももしかしたら必要でしょう。

子を愛さない親はいません。
しかし、その愛が子どもに届いていないことが多いようです。

まず、寄り添って、理解してあげるだけで、すべてを受け止めてあげるだけで、いいのではないでしょうか。

私たちの子であるならば、気持ちが通じたならば、きっと正しい道を行ってくれるはず、そう信じてあげることも、必要ですね。

ついつい、こうしたらいけない、こうすべきだ、と子どもを押さえつけたりしやすい「親」である私たちですが、よく祈って、自らがやるべきことをやることが必要かと思います。

そうして子どもの気持ちを受け容れて、正しい選択をすることを信じていく、そういうことが、難しいけれど賢い道だと思うのです。

忍耐が必要ですね。

受け容れる、信じる、感謝する、私たちに必要なことですが、一人で生きていたら、する機会がありません。人との関係性の中で、時には問題があるからこそ、頑張って、クリヤできるのではないでしょうか。

きっと頑張りきれることを、神様は見守りつつ、エールを送り続けてくださっていることでしょう。
私も、自分自身を、そして皆さまを応援し、信じ、祈っています。


P1030711.jpg



今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:お預け。
by (C)芥川千景さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


武道館で書き初め大会、3150人参加


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています


posted by kuri-ma at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 相田みつをの言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月03日

幸せと病気の因果関係?!  ★がんの原因、遺伝や環境でなく「不運」が大半 米研究

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

赤富士


どうしたら他人をよろこばすことが
できるかということを、
毎日考えてみることです。
不幸に陥る人は、
自分のことだけを考えている人です。

アルフレッド・アドラー
(精神科医)



私たちが、病気になるのは、遺伝や環境的な原因もありますが、「病は気から」というように、心の問題も大きいようです。

科学的な原因と、目には見えないわかりにくい原因。
外的、内的とも言えるでしょうか。
両方が絡み合って、病気にも健康な状態にもなるようです。

どうせなら、病気を避け、健康で過ごした方が、いいですね。
そのためにも、心を健康に保ち、いろんな不運にも逆境にも打たれ強い、しなやかな生き方をしていきたいです。
それが幸せにつながっていくでしょう。

祈り、前向き思考、明るい挨拶と良い言葉がけ。特に「ありがとう」「愛しています」は、心に元気がみなぎる言葉ですので、お勧めです。

祈りができない人も、ついマイナス思考になったり、恨みっぽくひがみやすくなったりしやすい人であったとしても、最低、「ありがとう」「感謝します」という言葉を、たくさん言うようにすれば、いろんなことがリセットされますから、癒され、よい結果に結びついていくでしょう。

元気が出ないとき、心が病気のときも、最低、「ありがとう」やホ・オポノポノの4つの言葉(ありがとう、ごめんなさい、許してください、愛しています)を呟くのがいいかと思います。


それと、笑いです。豪快な笑いがよいようですが、たとえ微笑みでも、作り笑いでも、よいということです。

どんな薬より、効果があるのだそうです。

また、人の役に立つ生き方、人に喜んでもらいたいという思いは、愛と感謝の思いを生み、それが笑顔と幸せを呼び込んできます。


下に掲載したニュースによれば、がんになる原因も、遺伝や環境的な要因よりも、「不運」に見舞われることが原因となる方が多いとの研究結果が出ています。

不運なこと、災難、不幸、被害を受けるようなことが、心に大きなダメージを与え、また具体的に病気の原因にもなっていく、というのです。

そんな恨み骨髄の思いも、トラウマになりそうなショッキングな出来事も、なんでと思うような理不尽なことも、ガンの原因にならないうちに、切り替えて、笑い飛ばして、前向きに、受け止めて、感謝していく…。
そうしていくのが、得策ではないでしょうか。

心を健康に保つ、それが幸せの秘訣だと私は思います。


今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:赤富士
by (C)星船さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


がんの原因、遺伝や環境でなく「不運」が大半 米研究


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています