さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2015年01月15日

最高の「癒し」とは?!  ★犬への愛が生む劇的効果、イタリア刑務所の「ペットセラピー」

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

♪〜♪〜


癒やし…
優しい言葉 
温かい思いやり 
豊かな愛情 
豪快な笑いと美しい微笑み 
きれいな夕日 
瞑想や祈り 
お気に入りの音楽やグッズ 
やりがいのある仕事や
生きがいや目標 
大切な家族 
かけがえのない伴侶 
また 
愛すべき私 
そして、癒しには
癒やしを…?!


今日は癒やしについてお話したいと思いました。

「癒やし」でググってみると、動物や赤ちゃんなどの画像や動画、ヒーリング音楽、マッサージ、休息と睡眠。スポーツや趣味、掃除も癒やしになるようです。
女性は買い物やおしゃべりがストレス解消と癒やしになるようです。

豪快に笑うこと、笑顔も大きな癒しです。


見たり、聞いたり、味わったり、香りを楽しんだり、五感を満たす癒やしがあります。
中でも、触れること、スキンシップが癒やされるのではないでしょうか。

動物、赤ちゃん、これは何よりの癒しです。

何がいいのかと考えてみると、かわいいこと。
下に掲載したニュースでは、犯罪者のセラピーに使われているということですが、その人が犯罪者だという偏見は、動物や赤ちゃんにはありません。

一緒に遊んでくれたり、餌をくれたりすれば、犬は大満足でしょう。
また、赤ちゃんも、無条件ににっこり笑ってくれたり、指を出せば、ぎゅっと握ってくれます。

その場をなごませるものを、ペットや赤ちゃんは持っているのです。
その場の空気感、世界を一変させてしまうくらいの、存在感、エネルギーがあるのではないでしょうか。

人は自分を受け容れてくれる人を求めています。
それが人で得られない場合は、動物に。
人間関係は、うまくやっていくには、忍耐や努力が必要な場合もありますが、動物は裏切らないから、動物がいい、という人もいるようですね。

空前のペットブームは、人間関係に問題があるから、起こっているものでもあるかもしれません。


癒やしを求め続け、やめられなくなるくらい、社会におけるストレスにつぶされそうになり、家庭の愛情が希薄になっていると感じます。

本来は、癒やしとストレスは緩急であり、癒やしを得たら、すぐに切り替えて元気もりもり頑張れるはずなのですが。

五感を満たす癒やしを得たとしても、肝心な、心が満たされない。
感動や愛情が沸かない、そういうカラカラ、カツカツの心の状態の場合が多くなっていませんか。
それが長いほど、病的状況に近づいているかもしれません。

厚生労働省の11年の調査によると、うつ病などの気分障害の患者数は約95万8,000人と15年前の2.2倍に増加。13年の別の調査では、全国約9000事業所のうち、過去1年間に精神疾患などで連続1か月以上休業、または退職した労働者がいる事業所の割合は10%で、前年より2ポイント上昇した。
(読売新聞)


愛情豊かな人は、ストレスのある状況でも、わずかな癒やしで切り替えて、次の日に持ち越さない。

私もそうですが、夫婦喧嘩をしているときは、そういう切り替えがうまくいかず、癒やし系のものを求め続けたり、やけ食いしたり、出費したり、無駄な時間を費やしてしまいやすいのです。
夫婦円満が、一番です。

それを基本として、生きがいをもった生き方をしていくと、逆に癒やされるより癒やす存在となっていたりして、そうしていると、何かしらご褒美があって、癒やしているつもりが、逆に癒やされて、乙な人生になっていくのではないでしょうか。

癒やしに一番のパワーがあるのは、動物より人です。

思いやりのある言葉や、理解のある言葉をかけてもらうだけで、すべての辛かった思いが凍解するように、流れ去る、そんなことがあるのです。

だから最高の癒しとは、人を癒やし、喜ばせ、愛すること。
「愛」のパワーに他なりません。


愛のパワー切れを感じている場合には、いつも言っているように、ホ・オポノポノの4つの言葉(ありがとう、ごめんなさい、許して下さい、愛しています)や、「感謝します」「愛しています」という言葉を呟いたり、祈るだけでも、愛情の元手をもって、今日からでも、やっていけるのではないでしょうか。

そして、癒やしを求めるのではなく、癒やすことで、自分も癒やされるのです。

私は神様に愛されている。
そして、皆さんを愛しています。

あなたは愛されています。
安心して、ひとつでも、よい言葉を誰かにかけていきましょう。



励ましは、ある特別な方法で
機能していることを知っていますか?
たくさんの人に与えれば、
自分もそれを欠くことはない、
つまり、自分から人を励ます人は、
たくさん励ましを受け取り、
逆に人を滅多に励まさない人は、
自分自身もあまり
励ましを受けることはないのです。


カイサ・ラーション・ベリィリンド



今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:♪〜♪〜
by (C)ヨマ( 今日だけ復帰^^)さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


犬への愛が生む劇的効果、イタリア刑務所の「ペットセラピー」



◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています


2015年01月14日

私は「シャルリー」とは言わない?!  ★銃撃された仏紙、最新号表紙にムハンマド風刺画、批判も

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

冬景色。


愛は寛容であり、愛は情け深い。
また、ねたむことをしない。
愛は高ぶらない、誇らない、

不作法をしない、自分の利益を求めない、
いらだたない、恨みをいだかない。

不義を喜ばないで真理を喜ぶ。

そして、すべてを忍び、
すべてを信じ、すべてを望み、
すべてを耐える。


『新約聖書』
コリント人への第一の手紙 第13章



仏風刺週刊紙シャルリー・エブド銃撃事件における
風刺画家5人を含む12人の犠牲者と
一連の銃撃事件等の犠牲者を悼み
御冥福をお祈りします



フランスにおけるデモや、下に添付した、再度モハンマドの風刺画を表紙とすることなど、それが風潮となり、世論となっていますし、気持ちも充分理解するものです。

ただ今回の件は、犯人や、テロだけを批判するのではなく、他の大多数のイスラム教徒たちには、複雑な思いを与える内容だと思います。

もちろん、テロを容認するつもりはありませんし、イスラム国や諸々のイスラム過激派の行動は、許されるものではないと思います。

ただ、その彼らを怒らせて、何か得があるのでしょうか。

フランスでは、風刺画が盛んなのでしょう。
風刺は、ウィットに富んだ高尚なジョークだ、という意見もあるでしょうが、ある人の気持ちを逆撫でしたり、不愉快な思いにさせる極端なものは、あまり趣味のいいものという感じがしません。

まるで、子どもの喧嘩のような感じを受けます。


子どもは、どちらも自分の言い分を正しいと言って聞きません。

喩えとして適当かどうかは分かりませんが、うちの4人の子供たちがゲームをする時、末の子は自分が負けそうになったり、やられたりすると、すぐ怒るのです。性格もあるでしょうが、一番子どもなので大人気ないのです。

兄弟の様子を見ていると、兄姉たちは、弟にうまく手加減してやっているようです。
そうでないと、ムキになられたり、逆上されると、ゲームが台無しになるからです。
弟の性格や、器を理解したうえで、できるだけ長くゲームを楽しめるようにしているのです。

もちろん、子供同士のこと、そうやって調節していても、喧嘩はしゅっ中です。
我慢が足りない、理解も愛も足りない、基本、自己中の子どもたちですから、そういう喧嘩も経験で、成長しながら、覚えていくと思うのです。

我が家の平和も、世界の平和も基本は同じなのではないでしょうか。


冗談が通じない相手もいます。
気持ちをなだめるような、もっとよい方法がないのでしょうか。

そんな人をも納得させるのは、「愛」しかないという気がします。
愛は寛容で情け深い、しかも忍耐強く、諦めもしません。

相手を、何を持ってでも攻撃しません。銃だけが攻撃ではなく、シャルリーたちは、風刺画を持って彼らをあざけったのです。

たとえ犯人たち、テロリストたちがいけないとして、彼らが銃を向けて来るようなことをすべきでしょうか。

もちろん、彼らは誇りと信念をもって風刺していたのでしょう。批判していたのでしょう。
悪いことは悪いと、宣言したかったのかもしれません。
それは素晴らしいことなのかもしれませんが…。

もし、そこに愛がないなら、その風刺は憎しみに聞こえ、銃による攻撃より、はるかに彼らを傷つけるのです。彼らの誇りを傷つけたのではないでしょうか。

その勇気は、残忍なテロリストたちを逆上させ、さらにまた今回の事件に終わらず、報復は続くのではないでしょうか。

事実を指摘するだけでも、不愉快になることがある、私たち人間。
であるから、やはり、批判はすべきではないのではないか、と思うのです。
批判と指摘の差は不明瞭ではありますが。

イスラム教徒をすべて敵のようにする風潮も、心痛む内容です。

自分と違うからと言って、受け容れない。
人種差別や様々な人間関係のトラブルも、人を理解しようとしない、そういうところから発していると思います。

今起こっている、内乱も戦争も、社会問題も家庭問題も、元を正せば、私たちの愛と理解のなさ、自己中のゆえではないかと思うのです。

つまり、もうちょっと大人になって、自分の意見だけが、正しいと思うのはやめたい、と思います。

もちろん、悪と罪は憎みつつ、人を憎まないということ、また、自分の家族のように相手の特徴を理解して、戦いや殺生を事前に防ぐ、そういうことを、天は願っていると感じるのです。


冒頭にあげた新約聖書にはこういう前後があります。

たといわたしが、人々の言葉や
御使(みつかい)たちの言葉を語っても、
もし愛がなければ、わたしは、やかましい鐘や
騒がしい鐃鉢*(にょうはち)と同じである。

たといまた、わたしに預言をする力があり、
あらゆる奥義とあらゆる知識とに通じていても、
また、山を移すほどの強い信仰があっても、
もし愛がなければ、わたしは無に等しい。

たといまた、わたしが
自分の全財産を人に施しても、
また、自分のからだを焼かれるために渡しても、
もし愛がなければ、いっさいは無益である。

愛は寛容であり、愛は情深い。
また、ねたむことをしない。
愛は高ぶらない、誇らない、

不作法をしない。自分の利益を求めない、
いらだたない、恨みをいだかない。

不義を喜ばないで真理を喜ぶ。

そして、すべてを忍び、すべてを信じ、
すべてを望み、すべてを耐える。

愛はいつまでも絶えることがない。
しかし、預言はすたれ、異言はやみ、
知識はすたれるであろう。

なぜなら、
わたしたちの知るところは一部分であり、
預言するところも一部分にすぎない。

全きものが来る時には、
部分的なものはすたれる。




*鐃鉢(にょうはち)というのは、法事や葬式で打ち鳴らして音を出す、銅製の皿のような楽器のことだそうです。
つまり、シンバルのこと。

うるさい鐘のような騒音で終わらないようにしたい、ですね。


今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:冬景色。
by (C)芥川千景さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


銃撃された仏紙、最新号表紙にムハンマド風刺画

イスラム最高権威、仏紙風刺画を批判 「憎悪かき立てる」

福島風刺の仏紙、「ユーモア感覚ない」と日本の批判を一蹴


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています


posted by kuri-ma at 17:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 中東・イスラム圏、インド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月08日

「ありがとう」が有り難い?!  ★【写真特集】米ラスベガスで家電見本市、CES開幕

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

富士山


どこにいても、どんなときでも、
あらゆる「命」とのつながりの中で
生かされている……
という幸せや感謝を表す言葉は
まさにありがたい「魔法の言葉」


村上和雄



私は時々思うのですが、日本人というのは、世界の人々にとって、貴重な存在だなぁと。

世界が平和に一つとなっていくために、大きな使命があるのではないでしょうか。

その気になれば、日本のよいところはたくさんあります。
日本人がその良さを発揮すれば、多くのすばらしいことができるでしょう。

経済的な状況を見ても、多くの人においしいものを食べさせ、教育を受けさせてあげるなど、たくさん助けてあげることができます。

今は、心が貧しくなったと言われたりもしますが、やはり豊かな精神性をもった民族だと、私は自負しています。

いよいよ、私たちの持てるものを発揮するべきではないでしょうか。

筑波大学名誉教授、村上和雄さんの著書からの抜粋です。
SNSに掲載されたものですが、そのまま紹介します。


「ありがたい」という言葉は、日本人ならごく当たり前のように使っている言葉ですが、ほかの国の言葉では同じようなニュアンスに訳すことができない、いわば日本独特の言葉なのです。

例えば、英語なら「サンキュー」が該当しますが、実際にはニュアンスが少し違ってきます。

日本語の「ありがとう」は漢字では「有り難う」という字になりますが、読んで字のごとく、「有ることが難しい」という意味であり、深い感謝の思いだけでなく、祈りの気持ちに近い感情すら感じられる言葉だと思います。


誰かが、何かをしてくれたことに対して「ありがとう」と言うときには「サンキュー」と同じように使えますが、

「ありがたいことに、仕事は順調なんです」「いいお天気で、ありがたい」

というような表現を英語で訳すのは大変難しい。

英語圏でこうした言い方をすると、

「誰に対してサンキューと言っているのか?」と質問されます。


「ありがとう」以外にも、外国語では直訳できない日本語がいくつもあります。

「いただきます」は、料理を作ってくれた人への感謝の言葉としての使われ方をしていますが、実は動植物の命をいただくことに対して「いただきます」という意味があります。

「いただきます」には、私たち日本人が自分の命のために、ほかの動植物の命を「いただいている」ことを、食事のたびに意識し、感謝する言葉でもあるのです。


「おかげさま」という言葉も、外国人に言うと「ありがたい」と同じように「なんのおかげ?誰のおかげ?」と質問されます。


また、「もったいない」という言葉は、ノーベル平和賞を受賞したケニア人のワンガリ・マータイ氏によって、環境保護の合言葉として広めることを提唱され有名になりました。

そこには、常に「私」以外の他者へのまなざしや思いやりが透けて見えます。

自分が損をする得をする、ということではなく、他者が悲しむべき状態に置かれること、つまり、自分と他者との「調和」が損なわれることに対し「もったいない」と述べているのが分かります。


このような考え方と情緒を表現する言葉は、ほかのどの国の言語にも見当たりません。

他人だけでなく、相手が自然の草木や言葉を発しないモノであったとしても、悲しませるようなことはしたくないという日本人の気持ちの発露が、こうした言葉を育てたのではないでしょうか。


その感覚は、まるで、そこには見えない「命」が宿っているかのような扱いだと思います。

日本人は、古来から草木の一本から、火水風土あらゆる万物に神霊が宿り、そうした「ありがたい」大自然の恵みによって生かされていると考えられてきました。

キリスト教の考え方では、大自然の上に神が君臨していますが、日本人にとっては「八百万(やおよろずの)神」、つまりあらゆるものが神だったのです。


それ故我々は、どこにいても、どんなときでも、あらゆる「命」とのつながりの中で生かされているという幸せや感謝を表す、まさにありがたい「魔法の言葉」も使ってきました。

そのことを、今こそ再確認したいと思うのです。


『奇跡を呼ぶ100万回の祈り』ソフトバンククリエイティブ



その通り!

素晴らしい精神性を延ばして、人の気持ちにそったよい絆つくりをしていきたいですね。

日本人にしかできないことが、必ずあります。

そして、ひとりでは目立たない日本人ですが、コツコツとやりぬく力もあり、何よりチームとなると、絶対に崩れないスクラムを組んでいくこともできます。

ありがとう、いただきます、おかげさま、もったいない、…それ以外にも、よい言葉をたくさん持つ日本。
これらの言葉は、村上先生の言われるように「魔法の言葉」であり、私たちの宝物だと思うのです。



今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:富士山
by (C)緋佳さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


【写真特集】米ラスベガスでCES開幕、最先端機器が一堂に



◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています