さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2014年12月16日

腰痛の時は、それ以外の体の器官に「痛くなくてありがとう」?! 《小林正観》  ★乗務員に熱湯、「爆破する」…中国人乗客の振る舞いに警告

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

寒くなりましたね・・・


受け容れることは楽になること。
自分の思いどおりにしようと思うから
悩み苦しむ。


小林正観
(釈迦の言葉より)


「釈迦の教えは『感謝』だった」という小林正観さんの本の中に、体の器官ひとつひとつに「ありがとう」という声をかけたら、長年の体の痛みが取れたという体験談が載っていました。

私たちは、だんだん年を経るにしたがって、腰が痛い、膝が痛い、肩が凝って腕が回らない、また、どこか内臓が弱くなったとか、様々な不調を抱えやすいですが、それでもなんとか生活しています。
例えば、痛いところがひとつあったとして、それ以外の多くの体の器官は痛くなく、順調だということになります。

ある気功士の方が、小林先生のアドバイスにしたがって、約300ある体の器官一つ一つに、
「どこそこが痛くなくてありがとう」
「順調に働いてくれてありがとう」
と手を合わせたところ、3時間かかったのですが、言い終わった時、長年痛かった3ヵ所の痛みがウソのようになくなっていたということです。

それを講演会で聞いた人が、ある10年来の腰痛に苦しむ人に勧めたところ、一般の人なので300というのは無理ですが、体の部品すべてを挙げられるだけ挙げて、1週間続けたら、やはりウソのように治ったといういうことでした。

感謝する、有り難い、ということがいかに私たちに必要な言葉か、ということを改めて知らされるエピソードです。

昨日、「ありのまま」を受け容れるというお話を取り上げました。
お釈迦様は思いどおりにならないことを受け容れることで、楽になる、と話されています。

以前取り上げた、生老病死の四苦と八苦のお話にも通じます。

「苦」というのは、「思いどおりにならないこと」

しかし、ありのままを受け容れれば、腰以外の場所はすべて痛くなくて有り難い。
「有り難い」というのは、字の通り、今あることが、簡単なことではなく、貴重なことだという意味になります。
「当たり前」の反対ですね。

今ある「ありのまま」を「当たり前」と思えば、痛いままであり、有り難いと受け容れ、感謝すれば、痛みがなくなる、悩みから解放される、と、お釈迦様が言っている通りです。

これが本来の私たちの心のあるべき姿だからでしょう。
「ありのまま」を受け容れ、感謝する、この基本姿勢を貫いてみようと思います。
私自身のブツブツ言うのが癖になっている頑なな心を考えると、実行しようとしたら簡単ではないかもしれませんが、それでも、「感謝」「ありがとう」という風に修正して、本来の私の美しい心をとり戻していきたいですね。

美しい体も、健康な体も、美しく健全な心、素直な心が元になっていると思うのです。


今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:寒くなりましたね・・・
by (C)ヨマさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います



乗務員に熱湯、「爆破する」…中国人乗客の振る舞いに警告



◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています