さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2014年12月31日

ありがとう、2014!! 幸せになるためには?!  ★2014年に世界で起きた主な出来事

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

一富士二鷹三茄子、四扇五煙草六座頭。


2014年も、もう後残りわずかになりました。
今年も、どうもありがとうございました。


人生を愛せば、人生が
愛を返してくれるということを
私は知っている。
ほとんどの人々は、
条件付きの幸せを求める。
だが、幸せは
条件をつけないときにしか
感じられないものだ。


アーサー・ルービンスタイン
(ピアニスト)



今年は、驚くような事件、事故などが起き、紛争も激しく、激動の年回りにふさわしい年になってしまいました。
心が痛い出来事が多かったような気がします。

私たちは幸せになりたいと願っていますが、人生に山があり、谷があるように、この歴史の流れも、幸せとは逆行しているようなものを感じてしまいますね。
それでも、歴史は、必ずいつか本当の幸せに行き着くし、私たちの人生も、たとえはたから見れば、報われない人生に見えたとしても、必ず幸せに結びついていると信じます。

私たち人類の幸せを、祈っています。

さて、来年はどんな年になるでしょうか。
どんな出会いがあるのか、とても楽しみです。

もちろん、辛いこと悲しいこと理不尽なことも、あるかもしれません。
それでも笑顔で祈り、良い言葉をつぶやきながら、前向きにいきたいですね。
来年は、すべての人が幸せになるための、なんか足がかりだけでも作ることができればと思っています。

よいお年を。
来年もよろしくお願いします。

ありがとう。
感謝します。




人生の幸福にとっては、
われわれのあり方、すなわち人柄こそ、
文句なしに第一の要件であり、
最も本質的に重要なものである。


アルトゥール・ショーペンハウエル




今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:一富士二鷹三茄子、四扇五煙草六座頭。
by (C)芥川千景さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


2014年に世界で起きた主な出来事



◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています



posted by kuri-ma at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛と幸福 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月28日

私は神様の贈り物?!  ★ダイアナ元妃の遺言は?!英政府が遺言4100万件をネットで公開

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

2014.12.09 山手 西洋館 銀杏と落葉松

あなたという存在は
あなたへの神からの贈り物である。
あなたをどのような存在にするかは
神へのあなたからの贈り物である。


アンソニー・デラヴィラ
(カトリックの聖職者)



必ず、私たちは人生の終わりの時を迎えます。
その時、私たちの生き様、どんな心持ちで、どのように生きたかが、成績表のように、すべて私たちの魂に刻まれているといいます。

私たちは、神様の願いを受けて生まれてきました。
愛を受けて生まれた神様の子どもです。

神様の願い通りに生きることは、良心の声に従って正しく生きることです。
また、神様を愛し、人を愛しすること。
そして、その能力や才能を世のため人のために使い、つまりは自分の使命を果たしていくことです。


上の聖職者の言葉にもあるように、私たちの体と心、この私たちの存在は、神様から私たち自身へのプレゼントです。
つまり、私たちは、神様からこの命を与えられ、この人生を与えて頂いたのです。

そして、神から与えられたプレゼントである私の存在を、フルに発揮して、いかに私自身の個性を伸ばし、才能を育み、愛情を豊かに成長させていくことができるかが、私に神様から願われていることです。

神様から与えて頂いた体を美しく保ち、その心を清く保って、訓練し、鍛錬し、私にプレゼントされたダイヤの原石をいかに輝かせていくかです。 

神様の願う通りに、美しく磨かれた輝く魂をもって、「私自身がプレゼントです。どうぞ神様受け取ってください」といえるようになったとき、それが、私の自己実現となるわけですが、神様が喜んで受け入れてくださるような、私自身になるのが、私たちの願いであり、目標です。


私たちは、生まれてきた意味を知らない限り、神様からの贈り物である私自身の価値がわからないわけです。

ただ目標もなく、良心の声を無視して、なまけ続けて、なんとなく自分をごまかして惰性で生きたり、好き勝手に楽しみだけを追い求めたり、着飾ったり、おいしいものを食べたり、寝たり休んだりばかり。

自分がやるべきことをしないで、人への要求や、不平不満はいっぱい、自分は被害者のように思って生きてしまうかもしれません。

そして、魂をくすませたままで、少しも輝かせられず、大きくもできずに、最期の瞬間を迎えることになってしまうかもしれません。


誰であっても、神様から愛されて生まれてきました。

神様から、大切な私自身をプレゼントされたのです。

ダイヤの原石の私自身を、輝かせていくことが、私の目的でもあり、神様の願いだったのですね。

そうしてこそ、私は幸せになることができる。

そして、なんとそれが神様への一番のプレゼントになるのです。

本当の私の願い。本当の私の使命。本当の私の生き方…。

どうぞ、良心に聞いてみてください。
あるいは、神様に祈ってみましょう。

私たちの心のうちから、沸きあがる思い、それが神様からの答えです。

             

今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:西洋館 銀杏と落葉松
by (C)ひでわくさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


英政府が遺言4100万件をネットで公開、著名人の遺言も


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています


2014年12月26日

財産のない人にもできる七つの施し?! よい人生、よい年にしよう!  ★インド洋大津波から10年、各地で追悼式典

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

夜明け


形あるものはいつか亡くなる。
でも、多くの人の役に立ち、
人の目を楽しませた人生には意味がある。
意味のある生き方をできた
ということが幸福なのです。


日野原 重明


形あるものはいつか滅びて、その姿は無くなってしまう。
命があるものは、いつかその生を終えて、亡くなっていく。
この肉体は終わりが来る。
物と同じように、滅んで影も形も無くなる。

一つ違うのは、人間の魂はけして滅びない。
なくなったように見えて、実は永遠に目に見えない存在として生き続けます。

「意味のある生き方をできたということが幸福」であるとのこと。

意味のある生き方とはなんでしょうか。
多くの人の役に立ち、人を楽しませた人生こそが、意味のある最高の人生といえるとのこと。

形あるものは、いつかは滅びるのですから、形あるものの代表格、お金や財産、地位、名誉などは、あの世までも、永遠に持っていけるものではありません。

もちろんそういう、目に見えるものでも、人を喜ばせることはできますが、
財産のない人にもできる七つの施し、「無財の七施(むざいのななせ)」というのがあるそうです。



【無財の七施】


1.温かい笑顔(顔施=がんせ)
      
2.優しいまなざし(眼施=がんせ)
        
3.思いやりのある言葉(言辞施=げんじせ)

4.感謝の心で人に接する(心施=しんせ)

5.手足を使い人のために汗を流す(身施=しんせ)

6.席や場所を譲る(床座施=しょうざせ)

7.宿を提供する(房舎施=ぼうじゃせ)



以上のことを心がけていけば、目に見えない、心の財産をたくさん残せる人生となることでしょう。

この年末、慌しい中ではありますが、思い出しながら、今年最後の、魂のグレードアップのために、心がけていきたいです。

除夜の鐘を鳴らせば、煩悩を減らせるなどと言いますが、きっとこの方がはるかに実践的なことであると思うのです。


今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:夜明け
by (C)星船さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います

西尾仁さんのフェイスブックの投稿を
参考にさせて頂きました。こちら


インド洋大津波から10年、各地で追悼式典



◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています