さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2014年11月25日

尾崎豊、1985年頃のインタビュー、「言葉で共感してほしい!」 《尾崎豊が求めていたもの》   ★地中海の夜空を貫く稲妻(写真4枚)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

213673700_v1416928320 - コピー.jpg
☆毎月25日は 尾崎豊の
メモリアル・デー(月命日)☆


ほんとに心から
こいつは何が言いたいんだろうとか、
どういうことを歌っているんだろうとか、
言葉で、
共感してもらえたらいいと思う。


尾崎豊



今日は、尾崎豊さんがまだ十代の頃、あるコンサートツアー後のインタビューの内容を御紹介します。

コンサートで彼が一番共感してほしかったのは、そのメッセージ、言葉だったようです。

また、来てくださる方たちに対する責任、というものがプレッシャーになっていたのかな、という印象がありますね。

そのままでお伝えしようとも思いましたが、分かりやすく編集しました。
この動画が元となります。↓


尾崎豊 1985年頃のインタビュー



行った場所、行った場所でいろんなことがありました。

自分の内面的なことで、どうして歌わなければならないのかと悩んでしまったり。

僕が曲を作り始めた頃は、歌えばいいという考えしかなかったんだけど、(今よく考えているのは、
みんなが)お金を払ってコンサートに来てくれるわけです。

目の前にチケットを買ったお客さんたちが来て、つまらないことを言えば冷たい視線を投げかけられるだろうし、傷つけ合ってしまうだろうとか、同じ空間を共にしていかなくちゃいけないというような、ジレンマを感じて、途中1回は最後の方で、歌うのをやめて帰っちゃったこともあった。


──自分の方から投げかけるじゃない。たとえば、僕が東京で見たんだけど、「そうやって見つめるお前たちの視線が俺を孤独にする」なんて言い方で、平気で言っちゃうじゃない、それでは救われたりしないの?

そうですね。
ああいう気障な台詞みたいなものって、一つの挑戦状っていうかな。

僕の考えているのは、それぞれ生活も違うだろうし、同じ考えを一緒に共有し合うのは、なかなか難しい。だけど、そういうものを乗り越えていく上で、へんなてらいとかを取っ払ってほしいってそんな気がして。

コンサートでも、そういう雰囲気だからのっちゃう、とか、一応ロックンロール・ナンバーだから手拍子をしなくちゃならない、とかじゃなくて、ほんとに心からこいつは何が言いたいんだろうとか、こいつはどういうことを歌っているんだろうとか、言葉で、共感してもらえたらいいと思う。
そのプロセスの中に、ひとつの僕の最初の挑戦状があるって感じですね。

──じゃあ、途中で帰ったコンサートがあった替わりに、その逆でさ、自分が思っていた以上のものがもらえたっていうコンサートもツアーの中にはあった?

はい、ありました。
お客さんが目の前で泣きながら「I LOVE YOU」を歌ってくれてるとか。
もしも目の前にいるのが、いつも一緒にいる友だちだったとしても、その人たちの暮らし、その人たちの生き方を支えてあげられることは、できないのに、っていうような、責任の重さみたいなものを感じたこともありました。


以前、観客が泣きながら「I LOVE YOU」を歌うライブの動画は見たことがあったのですが、今は探せません。
他のライブ動画ですが、どうぞ。





今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:ANA453 羽田〜佐賀 熊本・菊池川上空
by (C)ひでわくさん
タイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


地中海の夜空を貫く稲妻


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています




posted by kuri-ma at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 尾崎豊の求めていたもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする