さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2014年11月15日

「天使や神様を信じる?僕は信じるよ!」 ★静かな感動を呼ぶ米少年の動画メッセージ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

木洩れ日草

天使や神様を信じる?
ぼくは信じる!




これは、何年も前に話題になった動画であり、この少年は、動画発表の1週間後のクリスマスの日に亡くなったといいます。
毎年、クリスマス頃にと思いながら、紹介しそびれていました。

彼はその動画の中で、臨死体験のことを語っています。
そして、「天使や神様を信じる?」「ぼくは信じる」と語りかけて動画は終わっています。

英語のカードだけで構成された動画ですが、AFPニュースにその内容が掲載されていますので、紹介します。

彼の両親が言われるように、この動画が一足早いクリスマス・プレゼントになりますように。

静かな感動を呼ぶ米少年の動画メッセージ


ブリードラブ君は先天性の心臓疾患を抱えていたため、他の子どもたちと違ってスポーツを楽しむこともできなかった。そして常に恐怖を感じていたという。「初めて死にかけたのは、4歳のときだった」。カードを通してブリードラブ君は語る。

心臓発作で倒れて病院の廊下を運ばれる途中、ブリードラブ君には頭上に明るい光が見えた。母親にそう伝えると、何も見えないと言われたが、光を見たブリードラブ君の心からは恐れや不安が洗い流され、ほほ笑まずにはいられなかったという。

「どれだけ平安な気持ちになれたか、とても言い表せない。あの日に感じたあの感覚は一生忘れない」

■「死ぬのは怖かった」

ブリードラブ君は数か月前にも、へんとう除去手術の最中に心臓発作を起こして死にかけた。「一命を取り留められたのは奇跡だった」。「死ぬのは怖かったけど、死ななくて本当に良かった」

12月6日、ブリードラブ君の心臓は再び止まった。オースティンの高校で意識がもうろうとなったブリードラブ君はベンチに座り、そこで意識を失った。

意識を取り戻したとき、ブリードラブ君は話すことも体を動かすこともできなかった。AED(自動体外式除細動器)の電極パッドを胸に押し当てられている間、ブリードラブ君にできたのは見ることと聞くことだけだった。救急医療隊員が、心臓が止まっている、脈がない、と言ったのが聞こえた。

この経験から、ブリードラブ君は「人間は体が死んだ後も、脳はしばらく生きている」と考えるようになった。「あの時は、今度こそ自分は本当に死ぬんだと思った」

■「最高の気分だった」

しかしその後、ブリードラブ君は不思議な体験をする。

「次に起きたことが、夢だったのかまぼろしだったのかぼくには分からない。でも気を失っているとき、ぼくは白い部屋にいた。壁がなくて、どこまでも広がっていた」

すると、ブリードラブ君はとなりに憧れのラップ歌手、キッド・カディ(Kid Cudi)が立っていることに気付いた。2人とも、いかしたスーツ姿だったという。

「信じられないことに、キッド・カディがいたんだ。そこにいたのはぼくと彼だけ。今でも、なぜだったんだろうと思う」

「この感覚は前にもあった。思わずほほ笑んだ。鏡に映った自分の姿を見て、自分を誇らしく感じた。これまでの自分の人生や、自分がやってきた全てのことを。最高の気分だった」

そして、キッド・カディはブリードラブ君の肩に手を置くと、「このまぼろしはいつ終わるのか/天国はいつ始まるのか」と歌ってくれた。ブリードラブ君お気に入りの曲「ミスター・レイジャー(Mr. Rager)」だ。そしてブリードラブ君に告げた「さあ、もう戻りな」。そこでブリードラブ君は意識を取り戻した。

■「天使や神様を信じる?」

ブリードラブ君は動画の最後を4枚のカードで終えた。「あの場所を離れるのはいやだった」「ずっと意識が戻らなければいいのにと思った」「天使や神様を信じる?」「ぼくは信じる」

動画が投稿されてから1週間後のクリスマスの日、ブリードラブ君は亡くなった。

ブリードラブ君の家族は、この動画を神からの贈り物と考えている。「主は私たちの大切な息子の驚くべき人生を使って、クリスマスの夜に、この疲れた世界に手を差し伸べられました。2000年前にご自身の御子を使ってなされたのと同じように」







今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:木洩れ日草 posted by (C)ヨマさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います



◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています