さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2014年11月08日

左脳を疲れさせると、直感が働く?!  ★東西ドイツの国境通った村、「リトル・ベルリン」も壁崩壊から25年

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

緋色


東西ベルリンを隔てていた壁が崩れてから、明日で25年も経つんですね。

さて、今日ももう終わろうとしていますが、
フェイスブックで見つけました。

左脳にスピード早く課題を与え、慌てさせ疲れさせると、
左脳が右脳の働きを邪魔せず直感が働きやすくなります。
その時の直感を大切に行動すると左脳で論理的に考えたプロセスより事がうまく行くことの方が多いようです。

西尾仁


いいこと聞いたぞ。
じゃ、具体的にどうしたらいいの???
と思っていたら、更に、こんな言葉が目に止まりました。

幸福のこんな定義をきいたことがあります。
「幸福とは、健康と物忘れの早さである」
ですって!わたしが思いつきたかったわ。
だって、それは真実だもの。

オードリー・ヘップバーン




まあ、気にしないでいこう。
大切なことなら、また思い出すはず。

ということで、お休みなさい。
いい夢見てくださいね。

ありがとうございます
愛しています

明日も良い一日になりますように



クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:緋色 posted by (C)ヨマさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


東西ドイツの国境通った村、「リトル・ベルリン」も壁崩壊から25年


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています





2014年11月07日

神秘の数理性! 「人間」と「海」、そして「宇宙(そら)」はつながっている?!  ★【動画も】「奇跡」の三つ子パンダ、生後100日目で一般公開 中国

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

波打ち際。


人間と海には一見、なんの共通点もないようですが、
切っても切れない不思議な関係があるようです。



1分間に波が押し寄せる数は18回
これは人間の1分間の呼吸数
また倍すると36
平均体温
また倍すると72
平常時の心臓の脈拍数
また倍すると144
平常の血圧の範囲内
また倍すると288
赤ん坊がお母さんの胎内にいる日数

人間と海はどこか繋がっている



宇宙の波動は、赤ちゃんの脳波と同じ7.5Hz(ヘルツ)だということですね。これも、とても不思議なものを感じますね。

大自然、宇宙に存在するものというのは、極めて秩序的な法則性の中で生まれて、生きているようです。
とても神秘的なことではありますが、おおざっぱな私の頭では、計算できないような緻密な、しかし抜群なバランスの中で、地球という最高の揺りかごを用意してもらい、命を与えられている私たち人間であるといえるでしょう。


人間は、お母さんの胎中の海の中に浮かんで十月十日(とつきとおか)を過ごします。

生まれてからは、100年の時を今度は空気を吸いながら、地に足を付いて生きます。

そして、寿命が尽きたなら、そこから天使のような見えない翼を得て、永遠の空(霊界)に旅立つのだとか。

お母さんのお胎(なか)の中で、漂っていた記憶があるから、海を求めるのでしょうか。
また、いつか永遠の世界(あの世)で自由に飛べるはずなので、そんなことを夢見るのかもしれません。


海を宇宙に喩えたり、また宇宙と書いて、空と読ませたりしますね。
ここにも何か共通点があるのでしょうか。。。

また、人間は「小宇宙」と言ったりして、人体は、宇宙や、それから海とも関係があるように思えます。

数字や計算は苦手な私ですが、わずかにある直感的なセンスからしても、海と人間とは関連があるし、宇宙と人間とも切っては切れない因果関係があると、感じないわけにはいきません。

どんなに逃れようとしても、私たちは宇宙の外には出ることができません。宇宙は限りがないのですから。

さらに、私たちは、この世の死から、どのようにしても逃れられません。
それとセットで、もしも死んだなら、限りのない霊界の永遠の世界に行かないわけにはいかない、それが宇宙の法則のようです。

偉大な海、果てしない、空、宇宙…、これも神様から見たら、ほんの小さなものです。
海、空、宇宙は神様の無限の広がりを、人間に見せるためのサンプルのようなもの、なのかもしれません。


さて、さきおとといは、十三夜、それも閏9月という2回も9月が続くのは、171年ぶりであることから、171年ぶりの2回目の十三夜、『後の十三夜』で、ミラクル・ムーンなどと呼ばれるということだったので、楽しみにしていたら、厚い雲が覆っていて月は見られませんでした。

昨晩も同様でしたが、今日は十五夜ということで、昼間は快晴だったので、もしやと期待していたのですが、夜になってまた雲が…。
それでも諦めきれず、我が家のミラクル少女(娘)に、「月を見よう」と声を掛けたところ、娘が表に出てきた直後に、ほんの10秒ほど、小さいけれど、まん丸な姿を見せてくれました。

月はいいですね、癒やされます。
自分で光っているのではないのに、人間が愛でるために、毎日、満ち欠けしてくれているようです。

太陽と地球と月の距離と位置関係、これも絶妙な状態を常に保っています。
少しでもズレれば、暑過ぎたり寒すぎたり、また、月のクエーターが陰影を作る微妙な距離に、太陽の光を受けて輝ける位置にあるから、名月を楽しむことができるのであり、それぞれが回転しながら、そういう全てが成り立っていることが、すごいとしか言いようがありません。

なんでも、当たり前と思ったらそれまでですが、実は普通にできているそのことが、奇跡的なことだと、敏感に思える私でありたいと思います。




(冒頭の「1分間に…」で始まる言葉は、
FaceBookに投稿されていたものです。)

kuri-maの参考記事:
 赤ちゃんに癒されるのはなぜ?! 宇宙
の波動7.5ヘルツの神秘《赤ちゃんのニュース》



今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:波打ち際。
by (C)芥川千景さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います




誕生から100日を迎えるまでのダイジェスト映像。
素直にかわいい♡

中国で本物だと信頼できるのは
このパンダの存在。
まがい物なしの純種ばかり。
貴重だと思っているからか
中国は絶対にパンダを売りません。
必ず貸すだけ。
パンダはたとえどこかで生まれたとしても
メイド イン チャイナと同じ。
中国に帰る運命なんだとか。
↓下はニュースです

「奇跡」の三つ子パンダ、生後100日目で一般公開 中国


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています



2014年11月05日

休まず動いてくれる心臓さん! 《相田みつを》  ★偽ペンギン載せたローバー、個体群調査に有用 研究

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

2014.10.28 追分市民の森 銀杏ににホオズキ


 
ねている
 ときでも
 動いてくれてる
  わたしの
  心臓さん


相田みつを



これは考えたらすごいことです。
心臓というのは、どんな時にも止まらず動き続けてくれるのです。

何かときめくことがある時には、鼓動が早くなったり、精神的に驚くようなことがあったら、敏感な人の心臓は、不整脈を起こしたりするのでしょうが、生まれたその時から
死ぬ瞬間まで、止まることはありません。

私たちの体は、もともと、驚異的に素晴らしくできています。
まかりまちがったら、この地球で生きていくのは難しいはずなのに、絶妙なところで、生命が守られ、この体は機能しています。

たとえば、数分か数十分空気が無くなっただけで、私たちの生命は守られません。
心臓の鼓動と共に、体中に血液が送られますが、それがなんとか維持しているので、私たちは体を動かせるのです。

神様がそのように創ってくださったとしか思えません。
ありがたいことです。

心臓さん、そして神様、
感謝します。


赤ちゃんの時は、100回〜60回くらいだった心拍数はだんだん落ち着いて、成人では60から80。といっても、個人差や、計る時の状況によってかなり違うようです。

鍛え上げたスポーツ選手の心臓を、「スポーツ心臓」といい、運動中でも、60〜70の心拍数を保つことが可能だといいます。

私たちが神様に与えて頂いた心臓を、このように肉体の鍛錬と共に強くすることができるし、もうひとつ大きなものは精神面の作用だと思います。

精神面でも強くなれば、どんなことがあっても、不整脈で倒れたり、動悸が高まって普段通りの競技や演技ができない、ということも解消されそうですね。

精神的に強くなるということはどういうことか、と考えてみますと、自己中では限界がある、ということです。

何事も前向きに喜んでやっていく、そして自己満足だけでなく、家族や人の喜びのためにやるとしたら、そういう人は強いのではないでしょうか。

いろんな環境・状況にイラついたり、人のせいにしたりすることなく、いつも平常心で自分のもてるものを発揮できる、これって、結構タフな心臓が必要です。

一言で言えば、「愛」を深めることです。
感謝の思いも愛を増幅します。

私たちが健康で幸せに過ごしていくために、体を鍛えと共に、愛情を鍛えていきたいですね。

そのためには、感謝と思いやりにつきます。
心臓に毛が生えるといいますが、心臓の増毛剤があるとしたら、「愛」しかありません。

感謝します。
愛しています。

この言葉を呟きながら、本当に強いハートをもっていきたいなぁと思うのです。


P1030975.jpg



今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:銀杏ににホオズキ
by (C)ひでわくさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


偽ペンギン載せたローバー、個体群調査に有用 研究


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています


posted by kuri-ma at 18:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 相田みつをの言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする