さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2014年11月21日

うつ病にならない! そして「幸せになる」ために、必要なこと?!  ★世界の「現代奴隷」人口、約3580万人 報告

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

2014.11.16 追分市民の森 畦にヨナメとイヌタデ


うつ病やノイローゼなどの患者は、
私のいうとおりにすれば、二週間で治ってしまう。

それは、
人をどうやったら喜ばせることができるか?
ということを考え始めることである


アドラー



幸せになりたい私たち。

それなのに、ああでもない、こうでもないと、今の環境に感謝できず、傷を引きずり、トラウマを抱え続け、そんな心を切り替えることができず、マイナスの思いにばかり捉われていると、不幸に向かっていってしまいます。

よく考えてみると、それがうつ病です。
自分を不幸にしていく、それがうつ病と言ってもいいかもしれません。

うつ病の人が本当に多いのです。
今までにカウンセリングをしてきた人の本人、またご家族の中に、多くの場合、うつ病やそれに類する人たちがいて、悩んでおられました。
病気とまではいかなくても、うつ的な状況になりやすい私たちです。

私もどうしてあげたらいいか、ずいぶん研究もし、いろんなアドバイスをしていく中で、だいぶ整理されてきたものがあります。


最近も何回か、うつ病のお話をしました。
先回、愛情不足、道徳感の欠如、神様を信じない、この3つがうつ病の原因だといいました。

さて、もう一つ、大きなことがあります。
それは、「感謝できない」、という要因です。

もちろん、3つのポイントを満足している人──愛情豊かで、倫理観がしっかりして正しく生き、しかも神仏を篤く信じる人であれば、大概は「感謝する」生活をしていると思うのですが、そういう人の上にも、時に到底受け入れがたい、感謝できないことが起こってくることがあるのが人の世の常です。

自分は正しく生きているのに、逆恨みされたり、耐え難い理不尽な出来事が起こったとき、つまり、とんだ災難や、絶対私は悪くないのに被害を受けるなどなど。

それでも、感謝していく、それはレベルが高いことですが、私たちの幸せのためには、バカみたいにそれを繰り返していくしかないようです。

逆にいえば、いろんな環境、状況を受け入れ、感謝できる人は、うつ病にかかりにくい、そして、幸せになれる人だと言えるでしょうか。

感謝して、そして愛していく、それでも、人のために尽くしていく、それが、一番のうつ病対策であり、幸せになる道です。




アドラーという世界的に有名な精神科医は次のようにいっております。

「うつ病やノイローゼなどの患者は、私のいうとおりにすれば、二週間で治ってしまう。

それは、人をどうやったら喜ばせることができるか?ということを考え始めることである」


ところが面白いことに、多くの患者はそれに対して、

「ああ、それなら簡単だ。それはいつでも私のやっていることだ。それなのにやつらは少しもそれに感謝せんのですよ」といまいましげにいうとのことです。

「彼らは他人のことなど考えていない」とアドラーはいいます。

「彼らは自分のことばかり考えています。そしてそれが彼らの病気の原因なのです」


自己重要感がうまく充足されないで、その弊害が嵩じて行くと、遂に精神病にさえなるのですが、このような無明の道を照らすともしびこそ、この、

「人を喜ばそう」とする行為なのです。

無能唱元
『君の霊格を高めよ』竹井出版


愛と感謝。自己中ではなく、人を喜ばせていく。
それがうつを避け、幸せになっていく方法です。

しかし、重度のうつ病になってしまうと、なかなかそれが難しい。
認知症の人も、かつての溌剌とした姿が想像できないような、被害妄想に凝り固まった人に変貌することがありますが、うつ病も近いものがあるでしょう。

傷つくこともあります。認めてもらえなかったり、誤解されたり、恨まれたり、逆にどうしても許せなくて恨んだり憎んだり、怒りが爆発したり、そんなこともあるでしょう。
思いが沸くのは仕方ない、しかし、そういう思いの場合は、こだわったり意固地にならず、早く手放しましょう。

人への恨みつらみ、不平不満、怒り、私がなんで、と思うようなことも、そんなものは、私たちの心を蝕むだけです。
ずっともち続けたら、病気になります。そして慢性化、重篤化します。

あまり思い詰めないで、家族のため、社会のため、体を動かしましょう。
そうすると元気が出ます。あんなことにこだわったらバカらしいと、思えてくるはずです。

良心基準を高くもち、つまり道徳心をもつことです。
また、神や霊界を信じることも、祈ったり、感謝や奉仕の生活をすることが多いので、うつ病の予防になるのではないでしょうか。
そして、それが幸せに向かう道でもある、と私は思うのです。

愛と感謝はセットです。
そして良心の声に従って正しく生きる。
それは、宇宙の流れがそうなっているのです。そしてその中心に神様がいるので、神仏を信じ、手を合わせる生活をしていく、これが一番自然なのです。

とはいえ、実行するのは、難しいこともあります。
あきらめて、何もしない方がはるかに楽だったりします。
でも、あきらめてしまったら、幸せにはなれません。

笑顔と、プラスの言葉、ありがとう、愛していますを繰り返すのは、宇宙の良い流れに自分自身が乗っていくための、呼び水となるはずです。



今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:畦にヨナメとイヌタデ
by (C)ひでわくさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


世界の「現代奴隷」人口、約3580万人 報告


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています




2014年11月18日

私が不幸になる3つの原因とは?! ──愛情不足、不道徳、神様を信じない!  ★キング牧師を「邪悪な野獣」と呼ぶFBI脅迫状、全文を初公開

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

せめて冬が来る前に・・・


以前に書いた内容を整理してみますと、私たちがうつ的になるのは、
1番目に「愛情不足」、
2番目に正しい生き方をしない、
3番目に神様を信じない、ということになると思います。

つまり逆に言えば、愛情豊かに、正しく生き、神様を信じていくとき、私たちの心の問題は解決され、幸せな人生を取り戻していけるのではないでしょうか。


アメリカでは、10人に1人がうつ病、その3人に1人が重度のうつ病という発表もありました。その調査結果では、貧困層に多い結果とともに、65歳以上より、若年層に多いということでした。

うつ病のリスクが高まる要因として、就寝時間が遅く睡眠時間が短い、肥満、喫煙、飲酒などがあげられますし、慢性疾患を抱えていると悪化しやすい傾向があるとのこと。
しかしそういう環境的なものは誘因であって、人間関係のストレスなどが一番の原因のようです。


愛情と善悪

家族、特に夫婦間の愛情においては、離婚や不仲の状況があると、本人や、子どもの心に大きな影響を与え、問題行動や、うつ病、パニック障害などの原因ともなります。

特に、不倫などの男女問題が複雑になるほど、その本人や特にその子ども、孫となるほど、さらに問題が複雑になり、同性愛や、性犯罪にまで至ることがあります。

どうして、夫婦に問題が起きたり、関係が薄くなるかといえば、もともとの家族、親子の関係が悪かったり、希釈だったりするのです。また、親や祖父母に男女問題があると、それに拍車が掛かるようです。

単に愛情が濃い薄いということだけでなく、これは倫理問題に絡んできますが、男女と、どんなに親が子を愛したとしても、流れる愛情の質が悪くなってしまうのか、渇いた土に水を注ぐような感じで、みな渇いていくのです。

きれいな水に泥水が混じれば、除去するのが難しいように、倫理問題でも、愛情問題というのは、一瞬で全てを濁らせてしまうようです。

また、愛情が不足すると、その本人や子どもは、善悪がわからなくなります。
倫理道徳など守る気持ちがなくなります。

そして、倫理観の喪失と自己中が加わると、問題や症状は更に深刻になります。


神様と霊界、そして心の世界

良心的な生き方を喪失した現代、うつ病や、多くの憂うべき問題、犯罪が増加しているのは、神仏を見失い、軽んじてきたから、ということがあると思います。

本来、神様は愛の方ですから、私たちが神の存在を否定しようが、変わらず光のように愛を注いでくださっています。

神様を私たちの良心に働きかけて、間違った方向に行かず、天の願う方向にいくように働きかけます。

そして、私たちが正しい道を行く時、お互いに愛し合うとき、神様に祈る時、より多くの愛を注いでくださるのです。

何も愛がないなら、感謝と愛の言葉やホ・オポノポノを唱える、そして挨拶と笑顔、祈りそういうものから、美しい愛は育っていきます。心がけてみましょう

できるならば、できるだけ人の役に立つ生活をして、人にありがとうと感謝され、愛される人になったとすれば、何も持たなくても、その人は幸せな人というのではないでしょうか。



今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:せめて冬が来る前に・・・
by (C)ヨマさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


キング牧師という偉大な人が、愛の過ちを犯したのだとしたら、
それがなければ暗殺されなかったのではないか。。。

キング牧師を「邪悪な野獣」と呼ぶFBI脅迫状、全文を初公開



◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています


2014年11月15日

「天使や神様を信じる?僕は信じるよ!」 ★静かな感動を呼ぶ米少年の動画メッセージ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

木洩れ日草

天使や神様を信じる?
ぼくは信じる!




これは、何年も前に話題になった動画であり、この少年は、動画発表の1週間後のクリスマスの日に亡くなったといいます。
毎年、クリスマス頃にと思いながら、紹介しそびれていました。

彼はその動画の中で、臨死体験のことを語っています。
そして、「天使や神様を信じる?」「ぼくは信じる」と語りかけて動画は終わっています。

英語のカードだけで構成された動画ですが、AFPニュースにその内容が掲載されていますので、紹介します。

彼の両親が言われるように、この動画が一足早いクリスマス・プレゼントになりますように。

静かな感動を呼ぶ米少年の動画メッセージ


ブリードラブ君は先天性の心臓疾患を抱えていたため、他の子どもたちと違ってスポーツを楽しむこともできなかった。そして常に恐怖を感じていたという。「初めて死にかけたのは、4歳のときだった」。カードを通してブリードラブ君は語る。

心臓発作で倒れて病院の廊下を運ばれる途中、ブリードラブ君には頭上に明るい光が見えた。母親にそう伝えると、何も見えないと言われたが、光を見たブリードラブ君の心からは恐れや不安が洗い流され、ほほ笑まずにはいられなかったという。

「どれだけ平安な気持ちになれたか、とても言い表せない。あの日に感じたあの感覚は一生忘れない」

■「死ぬのは怖かった」

ブリードラブ君は数か月前にも、へんとう除去手術の最中に心臓発作を起こして死にかけた。「一命を取り留められたのは奇跡だった」。「死ぬのは怖かったけど、死ななくて本当に良かった」

12月6日、ブリードラブ君の心臓は再び止まった。オースティンの高校で意識がもうろうとなったブリードラブ君はベンチに座り、そこで意識を失った。

意識を取り戻したとき、ブリードラブ君は話すことも体を動かすこともできなかった。AED(自動体外式除細動器)の電極パッドを胸に押し当てられている間、ブリードラブ君にできたのは見ることと聞くことだけだった。救急医療隊員が、心臓が止まっている、脈がない、と言ったのが聞こえた。

この経験から、ブリードラブ君は「人間は体が死んだ後も、脳はしばらく生きている」と考えるようになった。「あの時は、今度こそ自分は本当に死ぬんだと思った」

■「最高の気分だった」

しかしその後、ブリードラブ君は不思議な体験をする。

「次に起きたことが、夢だったのかまぼろしだったのかぼくには分からない。でも気を失っているとき、ぼくは白い部屋にいた。壁がなくて、どこまでも広がっていた」

すると、ブリードラブ君はとなりに憧れのラップ歌手、キッド・カディ(Kid Cudi)が立っていることに気付いた。2人とも、いかしたスーツ姿だったという。

「信じられないことに、キッド・カディがいたんだ。そこにいたのはぼくと彼だけ。今でも、なぜだったんだろうと思う」

「この感覚は前にもあった。思わずほほ笑んだ。鏡に映った自分の姿を見て、自分を誇らしく感じた。これまでの自分の人生や、自分がやってきた全てのことを。最高の気分だった」

そして、キッド・カディはブリードラブ君の肩に手を置くと、「このまぼろしはいつ終わるのか/天国はいつ始まるのか」と歌ってくれた。ブリードラブ君お気に入りの曲「ミスター・レイジャー(Mr. Rager)」だ。そしてブリードラブ君に告げた「さあ、もう戻りな」。そこでブリードラブ君は意識を取り戻した。

■「天使や神様を信じる?」

ブリードラブ君は動画の最後を4枚のカードで終えた。「あの場所を離れるのはいやだった」「ずっと意識が戻らなければいいのにと思った」「天使や神様を信じる?」「ぼくは信じる」

動画が投稿されてから1週間後のクリスマスの日、ブリードラブ君は亡くなった。

ブリードラブ君の家族は、この動画を神からの贈り物と考えている。「主は私たちの大切な息子の驚くべき人生を使って、クリスマスの夜に、この疲れた世界に手を差し伸べられました。2000年前にご自身の御子を使ってなされたのと同じように」







今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:木洩れ日草 posted by (C)ヨマさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います



◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています