さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2014年10月20日

人生は、積み直せない?! 「いのちのレンガ」相田みつを   ★江戸の妙技「木場の角乗」、都内で披露

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

2014.10.17 瀬谷市民の森 シラヤマギク


「人生は見えないレンガを積み上げる生活だ」と、
とても深く、ある意味怖いお話を相田みつをさんが
紹介されています。

レンガというのは、一度置いたら、固まってしまって動かすことができません。その人の生き方は、動かすことのできない事実として、そこにあるのだな、とイメージすると、素晴らしいというよりは、恐ろしい気がしてくるのです。

私の一生も、繕うことのできないものとして、私の魂に刻まれていきます。



いのちのレンガ
──O先生の講話から──


ある日の<洗心講座>で
O先生がこんな話をされました

「人間の一生は
毎日毎日、一枚ずつのレンガを
積み上げてゆくようなものだ
いのちという自分のレンガを──

レンガを、どこへ置くか、は
自分の好きです
自分のレンガですから
どこへ置いても自分の勝手です
しかし、一度置いてしまったレンガは
もう絶対に動かない
永久に動かすことができない
置いたらそのまま──

きちんと置けば
きちんと置いたまま
だらしなく置けば
だらしなく置いたまま
いいかげんに置けば
いいかげんに置いたまま
もう絶対に動かすことができません
置き代えることはできないのです

そして
いままで積み上げてきたレンガを
私達は具体的に手でさわって
見ることはできません
しかしです──
見えないからといって
レンガを積み上げてきた、という事実は
消えたわけではありません
人間に見えないだけです

そしてまた
昨日まで積み上げてきたレンガの上に
今日のレンガを置くのです
昨日まで置いてきたレンガにつづけて
今日のレンガを置くのです
どんなにまずく積んでしまったレンガでも
昨日(そこ)につづけて積む以外に
今日のレンガの積み場はないのです
まずいからといって
昨日に離して全く別なところに
積むわけにはゆかないのです」

と──

こわい話でした
ところでわたしはどんなレンガを
積み上げてきたのか──
慾望というレンガ
虚栄というレンガ
愛憎というレンガ
うそ偽りというレンガ
喜怒哀楽というレンガ
怠け心というレンガ
それから、自己顕示慾という
始末に負えないレンガ−
見えたらとても恥ずかしくて
到底まともに見ることは
できないでしょう

さて
あなたのレンガは・・・・・・?

「しあわせはいつも」より



さて、今からはしっかりレンガを積んでいくことにして、今までのものはどうしたらいいのでしょうか。

その不細工に違いない、レンガの塀を、美しいものに変えるものがあります。

積み上げたものはある意味、どうしようもないけれど、それを補強し、きれいにリフォームするもの、それが「愛」と「感謝」であり、「祈り」の積み重ねです。

自分だけでは限界があります。

神様の存在なしには、私たちは今にも崩れそうなレンガしか積んでいけないかもしれません。
神様の声である良心の声に従って、下手なりにも奮闘していく時、味のあるレンガが積んで行ける、あるいは、魔法のようなことが起こっていく、そんな風に私は思います。

「感謝」はすべての過ちを、なかったことにし、「愛」はすべてのわだかまりを溶かしていきます。

「祈り」はどんな強力なバリケードも付き抜けていきます。

そして「笑顔」は、崩せるはずのない人の心を一瞬で崩し、幸せな想いに包み込むことができます。

もちろん、レンガはしっかり積まなければなりませんが、感謝と愛の心で、祈りを込めながら、プラス笑顔を添えていく、というのが、いつも同じ結論になりますが、私のお勧めです。



今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:2014.10.17 瀬谷市民の森 シラヤマギク
by (C)ひでわくさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


江戸の妙技「木場の角乗」、都内で披露


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています


posted by kuri-ma at 13:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 相田みつをの言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする