さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2014年10月14日

<スポーツ編?!> 日本人を洗脳する方法?!(後編)  ★【写真特集】カメラがとらえた世界体操のワンシーン・日本は男子団体で2位、中国が6連覇

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

風


これからは一般の活動家、留学生だ。
一番安い値段で国のために働いてくれる。
留学先の友だちとか、ちょっとアホそうな子を引っ掛けて、
どんどん洗脳する。男の子が女の子を、その逆も。
「おもしろいサークルがあるんだけど、どう?」と誘って、
「日本はこれでいいのか!」と言ったら、
日本人はバカだから、
「留学生の子が日本のためにこんなこと考えてくれるんだ。
僕らもがんばらなければ。戦争反対!」となる。
「核反対。アメリカ出て行け!」
「中国人て、怖いって思ってたけどいい人じゃん。世界平和だ」と。



先日、中国で行われた世界体操、男子団体の時に、信じられないことが起こりました。
誰もが日本の久し振りの団体金を確信したと思いますが、最後の最後に中国の驚きの逆転勝ちとなりました。

日本の3選手が力を出し切った演技の後、中国側の同じ鉄棒の演技。今考えると、2番目の選手の採点も、意外なほどよかったのですが、最後の選手で、もちろん演技はよかったとはいえ、信じられないような高得点がついて、あっけなくも、日本を0.1ポイント差で抜いたのです。

しばらく放心状態の日本選手たち。
内村選手は、中国開催という場所の力だと思う、「仕方ない」と言っていましたが、人が採点するものだから起こりうるとはいえ、見事にアンフェアなジャッジでした。
(下に関連ニュースと写真)


スポーツの国際試合を見ていると、いろんな種目で日本選手たちがルール改正で苦しんでいる姿、また、工夫し努力しそれを克服し、実力で勝利を勝ち取る場面を見ます。

フィギアスケートの羽生結弦選手の金メダルは爽快でしたが、徹底的に点が取れる演技構成を駆使しての勝利でもありました。
かつて荒川静香選手が金を取った時にも、その採点方法をものすごく研究したということでした。感動を生んだイナバウアーは、点数上では無得点だったそうですね。

右に出るはずのなかった柔道でも、日本の美しい柔道では、勝てないルール、になっています。邪道と言われるようなことをしないと勝てないこともあるとか。

日本のスポーツ界は、ルール改正への影響力や審判の力が弱い、と感じますが、それは政治力が弱いからだそうです。いくら経済力があっても、実際守ってもらっている国だからでしょうか。
国防力というのは、国の力を示す、一つの大きなバロメーターのようです。

先のサッカーW杯でも、日本人審判がいたはずなのですが、最初のゲームでのブーイングで、その後1試合も出られなかったようです。


さて、本題、昨日の続きを紹介しましょう。
ここにも、スポーツに関連する話題が出てくるのですが…。

今日の内容は、6年前に語っておられたにもかかわらず、見事、予言的中しているという内容です。
まさに「日本人を洗脳する方法」が満載となっています。

「中国が日本を侵略」と言うと、荒唐無稽に思えるかもしれませんが、これは、とても分かりやすいので、そういうことか、と納得してくださるのではないでしょうか。

勝つためには手段は選ばない。
スポーツも、もちろん防衛も!


隣国のトラップに注意せよ(後編)

特に外交とか防衛とか経済とかは、グラフというか、嘘の情報のやりとりだ。昔はそれをやっていた。太平洋戦争までの日本はやってた。戦国武将も、お互い嘘の情報を流し合って、その裏を読みながら陣取り合戦したわけだ。

…中国に入って、いろいろな物の作り方から…何もかも教えて2年くらい経ったら放り出される。
全部工場ごと取られて、パクられて。お陰で中国、あんなに経済発展いたしましたわ、ということになってくる。
なんでもそう。「先生〜」ってね、定年退職したじっちゃんがね、「ああみんな中国人は優しい」て、お前の情報を全部向こうに持って行って、日本の経済はエライことになっているということを、あのじっちゃんは分かってない。

オリンピックもそう。シンクロにしてもそうだし、結構な数の金メダル選手育てた監督がこれ(ふくろ)でみんな持ってかれて、向こうで育てて強くなった、ということがたくさんある。
国際協力って言っているが、それは能力を取られてること。
まして自分が育てた選手が五輪に出てくるのだから、あいつの弱みはここだと全部知っている。
それは経済も同じこと。経済、五輪、今度は防衛。

防衛大臣自体があちらさんの手下みたいなものだから、給油のあれも廃止するといっているし、テロ特殊法も廃止すると言っている。
アフガンにも行かないと言っている。
で、行くのは中国。「行きますよ」と。ていうことは、日本は属国になる。米にとって、敵。情報を共有する国にはならない。(情報を垂れ流ししやがる国。)日米安保があるから、いざとなったら、アメリカが助けてくれるか。(無理無理。)今の現状なら無理。

ただし、米軍基地がある。これは日本にとって非常に防衛線。それを「出て行け、出て行け」と言っているバカタレはいるけど。中国や周辺の国々に対して、日本に米軍基地があるという脅威は、自衛隊がいくら頑張っても得られない防衛力なわけ。だって、核を持っているんだから。

米が一番恐れているのは、(パキスタンが)核をどこに使うかわからないこと。核を使えるのは、大統領と軍だけ。軍が今、タリバンとかと仲良しこ良しになってきている。パキの核、どこに行くかわからない。
まして、博士はいるし、カーンは名誉復帰している。これは怖い。火達磨になる。
そして、中国が日本から情報を集めているということになれば、米国にとって日本は…。(憎たらしい。)

今度、横須賀航空母艦が入れ替わる。ニュースで反対って言っている人が、以前より少なくなった。しかし、僕の予想では、今後多くなり、金を持ち始める。(中国が金をばら撒く。)

かつてのソ連が左派のために金をばら撒いたように。どれだけソ連のコミューン(コミンテルン)が共産党に金を落としたか。それが周って、労働組合とか学生運動にたくさん流れていった。だから、あれだけ力を持っていた。あれが反政府運動になっていった。
日本の教育も、骨抜きにされて、ヘロヘロになった。

そして、ソ連が崩壊しました。中国は当時お金がなかった。今は金を持っている、女もあります。
日本人ちょろいということは十分わかっているから。
特に基地のあるような田舎には、中国人のホステスがいっぱいいる。
留学生。地方の大学に大勢いる。
ましてや1千万人移民受け入れるといっているバカもいる。
今回の聖火にしてもわかったはずだ。大使館、領事館から留学生が動員された。お金、材料を渡されて。みんなで聖火を盛り上げようと。

彼らが日本の若い大学生たちの中に入っていって、金をまいたり、ハニートラップをかけていったり、「アメリカとつるんでいたらいけない」と洗脳したり、今の日本の学生は何の知識も持っていないから、「そうかなぁ」と。本当に学生運動の再来だ。

学生運動も最初はそうだった。ソ連の国からのお金で「反戦パーティーがあるから行きませんか〜」とフォークソングを歌って、「♪イムジン川」とか歌って、完全に北朝鮮に洗脳されて、「戦争反対、ベトナム戦争反対」とやっていた。

それが今やられると、「米軍基地反対」となる。
これが一般的な人たちと、ある程度力を持った人と双方向でやる。湯水のように、そういう市民運動という形でお金を使ってやっていくはず。中国にはお手の物。ソ連がやっていたことを中国がやる。

一般の人たちに向かって、これからロビー活動を始める。
中国は米国の上院下院議員へのロビー活動にかなり成功している。
南京大虐殺とか、散々日本はやられた。米国も、日本の一部の官僚、防衛省の人間などが、どうも抱きこまれてきているなということに気づき始めた。

これからは一般の活動家、留学生だ。一番安い値段で国のために働いてくれる。
留学先の友だちとか、ちょっとアホそうな子を引っ掛けて、どんどん洗脳する。男の子が女の子を、その逆も。
「おもしろいサークルがあるんだけど、どう?」と誘って、「日本はこれでいいのか!」と言ったら、日本人はバカだから、「留学生の子が日本のためにこんなこと考えてくれるんだ。僕らもがんばらなければ。戦争反対!」となる。
「核反対。アメリカ出て行け!」
「中国人て、怖いって思ってたけどいい人じゃん。世界平和だ」と。

世界平和を心底願っている国民が、チベットを迫害するか。四川を見捨てるか。
北京の浮浪者一掃はしないだろう。(トラックで横付けして、トラックのほろの中に放り込んで、山奥に捨ててくるのだから、本当にひどいもの。)

かつて、若者たちが集まってビールを飲みながら反戦の話をするのがブームだった。その背後にどうも組織があった。その手先に社会党や共産党がなっていた。そこから金がいっているから活動ができる。

最近、若い子たちに共産党員が増えているらしい。「共産党」だから、共産党から来ている。
60年代の安保抗争などの動きになってくる可能性がある。その頃は日本はまんまとやられていた。時代は巡るのか。
当時はソ連がスポンサーだった。今は間違いなく中国がスポンサーで、日本の国内が荒れる危険があるな、と思う。
「ネットカフェ難民に月15万あげます」というレベルではなく、金に困った人たちが、それを職業にするようになる。
http://www.nc-kyo.com/
2008.08.26 隣国のトラップに注意せよ



震災以降、原発事故を契機に、原発反対のデモが大賑わいになりました。
大物・メジャー系(坂本龍一さん、村上春樹さん等など)と両面からくるということ、すべて許さんの読みが大当たりになりました。
というか、分かる人にはわかる、ということなんですね。大半の方々がわからないということが、もどかしかったのですが…。

坂本龍一、村上春樹両氏、この二人の言動にはショックです。素晴らしい才能を持っているのに。私も好きだったのですが…。
また、彼らが立つと、大勢の人が納得してしまうということも、ショックです。

もう、毒気に当たっている日本人、お金もかなり、ばら撒かれた後。ですが、そんな日本の中でも、影響を受けない人もいるということが、希望でもありますね。

これから私たちのところにも、上手いテで、その誘いの魔のテがくることでしょう。更にうわテをいって、対処できることをお祈りいたします。



スポーツの話に戻りますが、国際舞台で戦うアスリートたちというのは、日本を代表しています。
いろんな波風に当たりますし、スポーツなのにアンフェア、そんなものも見せられるでしょう。

彼らのすごいのは、自分自身の力を出し切ること、実力で勝負していることです。
評価されないことは悔しくとも、自分の力を発揮できず、やり尽くせなかったとしたら、もっと心残りだったことでしょう。

シビアな国際舞台で、日本選手が更に活躍すること、それは、日本人が粒よりの素晴らしい資質をもった民族であること、さらに、我(が)ではなく、連係プレー、組織力を駆使できるということでしょう。
そこに国の力が付いていけば、勝てないはずはありません。

スポーツというのは、日本の国一つを見ても、国の底力の表れであると、感じます。


今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は: (花はキバナコスモス)
by (C)ヨマさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います

日本は男子団体で2位、中国が6連覇 世界体操
写真23枚

img_b112796b49b89ae95cdd25c6244e6e70258319.jpg

   
img_3cc3cb2b12023d746a6e1aa7e2c182a2154951.jpg

【写真特集】カメラがとらえた世界体操のワンシーン




◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています