さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2014年10月25日

なくなっても残る「存在」?! 〈尾崎豊が求めていたもの〉  ★ノルウェー北部都市上空にオーロラ出現

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

☆毎月25日は 尾崎豊の
メモリアル・デー(月命日)☆

2010.09.12 家 あさやけ


受け止めよう 
目まいすらする 街の影の中
さあもう一度 
愛や誠心(まごころ)で立ち向かって行かなければ
受け止めよう 
自分らしさに うちのめされても
あるがままを受け止めながら 
目に映るもの全てを愛したい


彼が目指すものと、立ち向かっている魔物、両方の存在があるのです。
さあもう一度 愛や誠心で立ち向かって行かなければ
そう、言い聞かせてる。
歌の出だしから、これは…と期待させるようなものがありますね。

彼のデビューは18歳ですが、この「存在」は、セカンド・アルバムに入っています。
19歳の時、「卒業」と同時発売のそのアルバムで、彼は一躍有名になります。社会現象になるほどでした。



彼の持っている、危うさというのか、壊れそうなもの、というのが、
ところどころ破壊的攻撃的な表現になるのですが、
そういうところだけを取り上げられるのは、私はすごく違和感がありました。

彼が目指していた高みは、愛とまごころで立ち向かっていくもの。
しかし、自分の限界に打ちのめされそうになるのです。
それでも、心を奮い立たせていく。

愛は真実なのだろうか 愛は君を救ってくれるだろうか

この葛藤。ずっと生涯越えられなかったものかもしれません。

誰の心にも尾崎豊の越えられなかった葛藤があり、
この世には、神もいれば魔物もいる。
彼がもしかしたらその魔物に結局取り殺されてしまったのか、と思いながら
私たちは、生きていかなければなりません。

愛を真実にしていくのです。
私たちの「存在」自体が、矛盾と葛藤を抱えていたとしても
それも事実だから、そこから出発する。
そして、本物にしていくのです。




存在


♪にぎやかな街 隠しきれないさみしさが 
ほら見つめてる
小さくかがめて守らなければ 
自分の存在すら見失うよ
誰もかれもの存在ならば 
いつも認めざるをえないもの
それでも僕の愛の言葉は 
何の意味さえもたなくなる
満ちたりて行くことない 
人の心なぐさめられる様な
夢求めていても まのあたりにするだろう
生存競争の中 夢はすりかえられてしまう

受け止めよう 
目まいすらする 街の影の中
さあもう一度 愛や誠心(まごころ)
立ち向かって行かなければ
受け止めよう 
自分らしさに うちのめされても
あるがままを受け止めながら 
目に映るもの全てを愛したい

僕に見えるものは 
いつも当はずれが 多かったけれど
現実と夢の区別くらいは 
ついていたはずだった
何もかもをあるがままに 
受けとめ様とするけれど
君は運命 誰かの人生 
背負うこととはちがうのさ
どんな色でなぞればいい 
自分の愛を否定してしまう前に
笑ってもかまわないの でも君が愛や夢に
悩む時は どうか思い出して欲しい

受け止めよう 目まいすらする 街の影の中
さあもう一度 
愛や誠心で立ち向かって行かなければ
受け止めよう 
本当のこと口にする君の目を
誰も傷つけぬ 気まぐれの様な 
やさしいうそすらも愛したい

愛は真実なのだろうか 
愛は君を救ってくれるだろうか
背中あわせの裏切りに打ちのめされても
それでもいい 愛してる 他に何ができるの

受け止めよう 目まいすらする 街の影の中
さあもう一度 愛や誠心で立ち向かって行かなければ
受け止めよう 自分らしさに うちのめされても
あるがままを受け止めながら 
目に映るもの全てを愛したいるんるん


 尾崎豊



今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:家 あさやけ
by (C)ひでわくさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います

【参照】尾崎豊 - Wikipedia

ノルウェー北部都市上空にオーロラ出現


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています


posted by kuri-ma at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 尾崎豊の求めていたもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月24日

「でも…」が宇宙を広げる時もある?!  ★南極探検隊のノート、氷の中からみつかる 100年ぶり

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

乱舞


「でも」を言うのを控えてみよう。
今まで閉じていた小宇宙が広がるかもしれない。
今まで聞こえなかった声が
耳に届くかもしれないではないか。


よしまさこ(漫画家)



この言葉、とても新鮮な発見がありました。

「でも」と言ってしまうと、もしかして開いたかもしれない可能性を閉じてしまう、ということでしょうか。
でも、つい言ってしまいやすい言葉です。

何かの言い訳に「でも」
逃げる時に「でも」
消極的に「でも」
なんだか否定的に、「でも」…。
素直に「わかりました」と言った方が、かっこいい気がする。


ここで、もう一つ発見がありました。

「でも」は、しかし、思い掛けない肯定的、前向きな言葉に変えることもできます。

誰かが、弱気になった時、
可能性はないと言った時、
もう諦めようとしている時、
自分はダメだと責めている時、
前向きになれないでいる時、
「でもね…」
きっとあなたならできるよ。
否定を否定すれば、肯定に変わる。

元気がない人には、
そうね、大変だね、と同調してあげ、
その後が「でもね」の出番。
大丈夫。私は信じるよ。

穴にでも入りたいような大失敗。
後悔してもいくら悔やんでもやり直すことはできない。
「でもね…」
大丈夫、明日は必ず来るから。


こんな風に、人の肯定的な言葉には「でも…」で否定しないで、逆に否定的な言葉は、明るく吹き飛ばすように、「でもね」と切り返すのです。

言葉の両面、人の両面、うまく生かしていきたいですね。



今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:乱舞
by (C)ヨマさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


南極探検隊のノート、氷の中からみつかる 100年ぶり


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています


2014年10月22日

♪合唱曲 「My Own Road ―僕が創る明日―」  ★動画:エボラから回復するも、家族の多くが犠牲に、コンゴ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

2014.10.18 追分市民の森 ヨナメ


♪誰かが背中を押してくれるのを
待ってるだけの昨日から 
変わりたいんだ




中学生の次男が、校内の合唱コンクールで練習中の曲を教えてくれました。

合唱の曲って、爽やかな、よい歌が多いのです。
きっと歌っていると、力がわいて、元気になってくるような歌です。

思春期のモヤモヤも吹き飛ばしてくれるといいですね。

思秋期にはまだまだ早いと思っている私も、ボヤボヤしていないで、この歌で、元気をもらうことにします。





「 My Own Road 」
―僕が創る明日―


何を目指しているのか
わからなくなり 立ち止まる
振り返るだけじゃ 何も変わらないと
気づいているのに

そんな時 力をくれるのは
いつでも明るい 君の声
流れてる 時間が輝いて
また素敵なことが 待ってる気持ちになる

自分の力で 拓(ひら)く道だから
一歩ずつでも 進めばいいよね
誰かが背中を押してくれるのを
待ってるだけの昨日から 変わりたいんだ

夢を探し続けても
答えがまだ見つからない
背伸びして 格好つけても
心が違うと 叫んでる

そんな時 勇気をくれるのは
いつでもまぶしい 君の笑顔
流れてる 時間が輝いて
また素敵なことが 待ってる気持ちになる

自分の力で 拓く道だから
遠回りでも 進めばいいよね
かけがえのないもの 見つけてみせるさ
君と偶然出会えた あの日のように

明日へ続く この道を
強く 強く 踏み出そう



今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:ヨナメ
by (C)ひでわくさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


動画:回復するも悲劇に見舞われたエボラ患者、コンゴ民主共和国


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています



posted by kuri-ma at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ♪歌の心(音楽と歌詞) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする