さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2014年10月30日

「インフルエンザ・ワクチンは打たないで!」  優しさが不足する世の中に、この冬「流行」の兆し?!(柴田トヨ)  ★牛乳の飲み過ぎは健康に悪い?スウェーデン研究

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
冬が来る前に
読んでください


ナナカマドの下で・・・




「 流  行 」


世界の何処(どこ)かで
今も 戦争が起こっている

日本の何処かで
いじめも起きている

やさしさの
インフルエンザが
流行しないかしら

思いやりの症状が
まんえんすればいい


柴田 トヨ
「百歳」より



心のすさみを感じたら
隙間風に風邪を引きそうになったら
この詩を 思い出してください。
そんなすさんだ心を 人にうつしてしまう前に──
きっと予防効果が てきめんでしょう


さて、インフルエンザ・ワクチンについて。
これが真実です。
タミフルについても言及しています。
街のお医者さんたちにも、声をあげて言ってほしいのですが…。






インフルエンザ・ワクチンは打たないで!

「インフルエンザが流行しているらしいからワクチンを打たなくちゃ」と考えていらっしゃる方が多いと思います。
小さなお子さんのいるお母さん、ご高齢の親を持つ方たちも同じでしょう。
そのどなたも「あのワクチンは効く」と思っているはず。

実はインフルエンザ・ワクチンはほとんど効きません。

これはウイルス学者たちの常識で、日本で接種を始めた当時からそう言われていました。

【インフルエンザ・ワクチンの四つの嘘】
1.「インフルエンザは死に至る病 だからワクチンが必要」の嘘
  インフルエンザはかぜの一種です。
  「インフルエンザはかぜじゃない」というポスターは、
  インフルエンザ・ワクチンを打たせるための宣伝なのです。

2.「20〜30パーセントは効く」の嘘
   衛生研究所で確認した。「やっぱりこのワクチンは効かない」

3.「ワクチンは重症化を防ぐ」の嘘
  脳症とインフルエンザは別の病気です。
  脳症の原因はまだ明らかになっていません。
 
  厚生省では、1998年、研究班での調査では、
  ワクチン自体には脳症を防ぐ 効果はない、との結果がはっきりでました。

4.「家族や他人にうつさないためにワクチンを」の嘘
  結局インフルエンザ・ワクチンで流行は阻止できないことがわかり、
  厚生省は1994年に集団接種をやめました。
  
流行を阻止できないということは、
  他人にうつしてしまうことは避けられないということです。

元国立公衆衛生院
疫学部感染症室長
母里啓子(もりひろこ)


インフルエンザつながりで、毎年紹介しようと思いつつ、しそびれていた内容を、ようやく紹介できました。

母里先生の動画は、何年も前に見ました。
私の周囲でも、冬が近づくと、打たなくちゃ、とソワソワし出す方たちが多くて、つい声をあげられないで来たのですが…。

うちの子供たちも、数年前、4人の子供が一通りインフルエンザに感染しました。
学校では、怪しいと、インフルエンザかどうか白黒はっきりつけなければならないようで、もしそうなら欠席扱いになりません。

確かに、繁殖力のあるインフルエンザ、学級閉鎖も簡単に起こる最近の状況ですね。
一番、ひどかったのは次男で、高熱時、目が据わって、おかしな言葉を呟いていました。幻覚症状かと思われます。普段から、霊的に敏感なところがある子ですから。
そのように、掛かると数日間、高熱が続くのですが、しかし、その後はケロッとしています。
すでに人に感染させた後であり、もう誰にもうつすことはない時期になっているのに、1週間ほど学校には登校できません。
熱が下がって元気なのに外に出れない子どもたちの連日のお世話に、私の方が参りました。

インフルエンザって、そこまで怖くないのでは、と感じています。
もちろん、しっかり養生しないと大変なことにもなりかねないものではありますが。
それでも、高いお金を払って、ワクチンを打つほどのものなのかと、とても疑問です。

子宮頸がんのワクチンも同様の、利権やお金儲け的なものが絡んでいるのでしょうか。

インフルエンザは手洗いで、風邪はうがいで予防するのがいいとか。

そして、やはり「優しさ」のインフルエンザを流行させるしかないかもしれません。


今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:ナナカマドの下で・・・
by (C)ヨマさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


牛乳の飲み過ぎは健康に悪い?スウェーデン研究


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています


posted by kuri-ma at 13:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 子宮頸がん ワクチン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月29日

ハロウィンって何の日?! 発祥は?! なんでカボチャなの?!  ★2014ハロウィン・ニュース

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

混雑する窓。


ハロウィンはかぼちゃというイメージがありますが、
もともとは、りんごだったって知っていますか──



我々は霊的な経験をしている人間ではない。
人間的な経験をしている霊なのである。


ティルハード・D・チャーディン


明後日は、ハロウィンですね。
子どもたちの学校では、クラス単位で、ハロウィン・パーティーをするのだとか。
ハロウィンが何かもよく分からないのに、すっかりイベント化しています。

ハロウィンは、もともとアイルランドやスコットランド(英国の一部)のケルト民族のお祭りでした。

収穫を迎えた大地は、冬に向けて休息に入ります。ケルトでは、この収穫祭を新しい年の切れ目の日としていました。つまり、大晦日のようなもの。

ハロウィンは特別な日であり、この晩は、先祖の霊や、精霊などが異界(霊界)の境界線を越え、やってくると信じられていました。

そもそもハロウィンは、キリスト教とは関係なく、正教などは、ハロウィンを嫌う傾向もあるといいますが、実は、語源だけは、カトリックの伝統行事と結びついてできたらしいのです。

11月1日の諸聖人の日(万聖節)の前夜祭、"All Hallows"のeve(ハロー・イブ)、というのがその語源と言われています。


さて、ハロウィンにはかぼちゃがつきものと思っていましたが、ケルト地方では、かぼちゃではなくリンゴを使ってきたということです。
恐らく、新大陸、アメリカでは秋に多くのかぼちゃが収穫され、結果、かぼちゃのお祭りみたいになってしまったのかもしれません。

ここ10年ほど前から、すっかり日本にも定着した感のあるハロウィンですが、ようするにお化けのお祭りのようなもの、楽しいイベントという感じですね。
まあ10月の風物詩、といえるのではないでしょうか。私的には、グロテスクなものは、やめてほしいですが…。


ヨーロッパのケルトの収穫祭として始まったハロウィン。
しかし、現代のハロウィンの発祥というのは、アメリカなのでは、と思うのです。

恐ろしい精霊、悪霊を追い払うための扮装が、米国に行き、現代の仮装になったようですね。

仮装した子供たちが「トリック・オア・トリート」と言ってお菓子をもらいながら家々を回るというのも、やはり米国で盛んになったものです。
歴史の浅いアメリカにとっては、もはや伝統行事といってもいいのではないでしょうか。

アメリカというのは、あらゆる文化の発祥となっています。コカコーラにフライドチキン、アメリカン・ポップスやハリウッド映画がその普及に貢献し、相乗効果を生んできました。

それと同じように、アメリカの文化に定着した、アメリカ版ハロウィンが、今、ヨーロッパにも、全世界にも伝わっているというのが、本当のところ、私たちが認識するハロウィンかと思います。

ヨーロッパにも、ジャック・オー・ランタンが逆輸入されているのが現状のようです。


ジャック・オー・ランタンといえば、ハロウィンの晩は、異界(霊界)から、精霊が自由に出入りするということですから、これは元々、魔よけの意味があるらしいです。

ナスやキュウリなどをお供えして、灯篭で飾る、お盆の行事を連想してしまいますね。
お盆は日本では夏の行事というイメージがありますが、もともと旧暦では秋の収穫の頃と重なります。お月見の頃ですね。

霊界の暦が変わるこの晩、実際、スピリチャル的な気が高まるというのも確かなようです。
日本人も名月を愛でながらも、しみじみと亡き人を偲んできたかと思うのですが、海と大陸を隔てた、北の島国(アイルランドなど)では、ケルトの収穫祭を祝いつつも、霊界の幕が開く日だと信じて大切にしてきました。

静かな瞑想とお祈りにも最適な晩となるはずですから、ハロウィン・パーティーは早めに済ませて、そんな時間をもたれるのはいかがでしょうか。


今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:混雑する窓。
by (C)芥川千景さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


ジャック・オ・ランタンをお皿に食事、ドイツのアライグマ

かぼちゃだらけ!5000個が彩るジャック・オ・ランタンの展示会


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています


2014年10月28日

闇に負けないで! 神様、仏様から見れば?!  ★ナイジェリア拉致少女200人、解放されても残る不安

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

晩秋・・・


世の中の 闇に
自分の心の 闇に
押しつぶされそう になることも
あるでしょう
暗闇の中で
何も見えなくなる時も あるでしょう

そんな時は
心深くに 思い出してください
世界も
あなたも
本来は
光の存在≠ネのだ
ということを


彩-sai-



私たちは幸せになるために生まれてきました。
女性は美しく、花のように笑うように、生まれてきました。

いくら不幸な状況が続いたとしても、諦めたくなる事態が続いても、恨みに胸を塞がれそうになっても、私たちは、自らの美しさと、清さと、潔白のために、そして幸せのために、やはり、笑いましょう。

誰も責めることなく、明るく笑って吹き飛ばしましょう。

感謝します。
愛しています。

ボコ・ハラムに苦しめられるナイジェリアの少女たち、イスラム国に投降する若者たち、エボラの恐怖も衰えていません。

この世にどうしてこのようなことが起こるのか。
この世に神がいないのではありません。全部人間がしていることではないですか。
災害や病気も、神がただ人間を苦しめるために起こすのではなく、そうなるべき原因、発端や経緯があるはずです。

私たちは、きっと克服することができます。

彼らのために祈ります。
何もできないけれど、祈りほど大きいものはないと思います。
笑顔を絶やさないように、感謝して過ごします。

私たちが、恵まれた国に生まれたのは、より大変な国、貧しい国、困難が多い国の人たちのために生まれたのではないでしょうか。
ただ、私が面白おかしく、おいしいものを食べて、今日も明日も生きるためだけに生まれたのではないでしょう。

闘いがなく、病気がなく、災害がない世界のため。
神様に祈りつつ、前向きに感謝して生き抜いていきたいのです。

私たちは、本来は光の存在。
自らを保ち続けていく限り、いずれは、自らの魂に従って光の世界にいきます。
その時まで、できることを繰り返していきたいと思うのです。


正直者がばかをみる
これは人間の
そろばん勘定の話
仏の世界にうそは
通らぬ


相田みつを



P1040592.jpg



今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:晩秋・・・
by (C)ヨマさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


ナイジェリア拉致少女200人、解放されても残る不安


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています


posted by kuri-ma at 19:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 相田みつをの言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする