さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2014年08月16日

彼女のファンタジーは霊界に通じる?! ダイアナ・W・ジョーンズ生誕80年!  ★ガザの避難民キャンプで結婚式、喜び広がる

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

2014.08.16 和泉川 犬にdoggles


外国語を翻訳するように、
本は映画に翻訳されなくてはならない。


「ハウルの動く城」映画化について
ダイアナ・ウィン・ジョーンズ



Googleがダイアナ・ウィン・ジョーンズさんの生誕80周年だと教えてくれたので、取り上げてみることにしました。

この方は、イギリスの女流作家で、2011年3月26日に76歳で亡くなっています。
日本では、ジブリ映画「ハウルの動く城」の原作、「魔法使いハウルと火の悪魔」で有名となりましたが、ファンタジー作家として、また英女流作家として、ハリーポッター・シリーズのJ・K・ローリングをしのぐ実力を持つとも言われ、根強い人気のある作家です。

私もある時期、彼女の作品にはまりまして、そのストーリーの面白さ、発想の豊かさに、驚かされつつ、大いに楽しませて頂きました。

実は、私が図書館で繰り返し、新しい本を探しては読破した間、彼女の死は知りませんでした。死後出された本がないので、健在と書かれているものばかりだったからです。
ようやく図書館の本が無くなった時点で、ネット検索してみると、すでに亡くなった後で、あれらの物語の続編や、見事なストーリー展開やドンデン返しに、はらはらドキドキすることもないかと思うと、とても喪失感に襲われたのです。

もう1冊も読めないかと思うと、本当に寂しいです。

ダイアナ・ウィン・ジョーンズは、指輪物語のトールキンの大学の教え子です。
そして、イギリスの古典や、ファンタジー、お伽話などを体に染み付くほどに理解しているがゆえに、さりげなくそういうもののエキスがにじみ出て、物語に深みを出しています。

そういうことに、もともとの素養がない日本人からすれば、その粋さ、背景に流れる歴史観、物語の雰囲気まではなかなか理解できません。
そういう意味では、あまりそういうことはしないのですが、彼女の作品に限っては、あとがきを先に読んで予備知識を得てから物語を読み始める、なんてこともしていました。

イギリスにはシェークスピアやオースティンなど、私の好きな作家が多いのですが、ファンタジー界は特に逸材を続々生み出しています。
先にあげたトールキンや、現在の女王J・K・ローリングの作品だけでなく、ピーターパン、不思議の国のアリスなど、多くのファンタジーが誕生しました。
妖精と魔法が生きていて、また幽霊が大好きな国柄、というのも様々なファンタジーが生まれる要素ともなっているんでしょうね。

ダイアナ・ウィン・ジョーンズ、彼女の作品が読んでいて気持ちがいいのは、ハッピー・エンドが多いからでしょうか。
それもファンタジーならではの、不思議な悪夢のような状態を越えて、例えば悪の魔法の勢力にがんじがらめになっている状態から、ヒロインやヒーローが、諦めることなく、また、愛の力で切り抜けていくのです。

ダイアナ・ウィン・ジョーンズの描く魔法の世界などの不思議な空間は、これは霊界に酷似していると、ある時気づきました。

おそらく素晴らしい感性の持ち主であり、かつ素晴らしいインスピレーションを得ないと書けないような内容ですので、神や霊的なものから与えられるイメージから、独自な世界を描いていったのだと思います。

霊界に似ているのですが、それは夢にも似ています。(夢というのは、霊界を映す鏡のようなものだと私は考えています。)
ある時までは、悪夢に近い状況を、一気にドンデン返ししていく時の爽快さ、これは誰にも書けるものではありません。
文章力、物語の構成力のみならず、その精神性が高くないと書けないと、思います。

彼女はきっと今、あの世に行かれて、御自身が描かれた世界との共通点に、驚いておられることでしょう。

私もいずれあの世に行ったとき、もしできるなら、もう一つか二つでもいいから、新しい物語を聞かせて頂きたいと、秘かに期待しています。



「映画化について最初に聞いたときには、
長年宮崎のファンだったから嬉しかった」

「もし(映画化について)疑念があったら、
いつだって映画化を拒否する事ができた。
(原作を)変える事はわかってる。
外国語を翻訳するように、
本は映画に翻訳されなくてはならない。
二つは異なるメディアで、
活字で伝わる事が
そのまま映像で伝わるとは限らない。
多分出来上がった映画には
私も驚く事になると思うけど、
その覚悟はできてます」




今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:犬にdoggles
by (C)ひでわくさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


ガザの避難民キャンプで結婚式、喜び広がる


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています



posted by kuri-ma at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の本棚 文学の香り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする