さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2014年08月18日

願いを叶え、幸せになるためには?! 幸・不幸の分かれ道って・・・  ★見捨てられた一家の死、恐怖が生む差別 エボラの悲劇 リベリア

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

幸せになるためのポイント・ゲット作戦──
シリーズでお届けします。

カンカン照り。


どんな偉大な事業も、はじめは、
すべて『夢』に過ぎなかったのです。
だから必要なのは、勇気です。


キッシンジャー(元米大統領補佐官)



幸福は小鳥のようにつかまえておくがいい。
できるだけそっと、ゆるやかに。


フリードリヒ・ヘッペル(独作家)



私たちは幸せを求めて生きています。

しかし…理想と現実のギャップに、思わずため息が増えていく、ということもあるかもしれません

ささやかな願いでも、叶えばいいと思いながら、生活しています。
そして、できることなら、したたかな大きな願いも叶えたいと。

本当は、私たちは、自分も気づかないところで、願いを叶えられているのです。十分に幸せを与えられているのです。

でも、往々にして気づかないし、それどころか、自分で自分を不幸にしていっていることもあります。


どうやって不幸になるかというと、分かりやすくいうと、人には二つの道があるのですね。

難しい道と、楽な道。
人のために生きる道と、自分のわがままを通す道。
人の道理にかなった正しい道と、自分が得をする楽な道。

突き詰めると、人の役に立つ道と、自己中の道です。

前者の道は行きにくい難しい道です。
いろんな言い訳はできるけれど、後者は、楽な道です。

残念ながら、楽な道を行けば、不幸に向かいます。
難しい道を行かなければ、幸福に至らないのですね。

普通に流されていると、後者の道を行ってしまうことも往々にしてあります。人は楽な道を行きやすいのです。

心の片隅では良心がダメだと言っていたとしても、蓋をしたり、言い訳や口実を考えたりして、その良心の声に逆らって、自分の思いを通してしまうんですね。

一度ならいいのですが、そういうことが癖になると、ささやかに与えられていたはずの幸せにも影が落ち始めます。

誰も人の子として生まれてきます。
女性ならば娘として愛され、社会でもそれぞれ番茶も出花の時をもち、大切にされ、結婚し妻となり、嫁となり、母となり、また姑や祖母になっていく。
そんなささやかな自分の位置や立場があるんですね。

不幸になっていくときには、その方が良いと思っていますから気がつきませんが、自分のことしか考えられなくなり、与えられている家族への愛情や思いやりを貫けなくなります。

また、ささやかな自分の立場から離れてしまい、不幸になっていきます。
家なんか嫌だと家出する娘に、素晴らしいシンデレラストーリーが待っている、のではなく、不孝は不幸の出発なのです。


では、再び幸せになるためにはどうしたらいいかといえば、単純明快です。
人を愛し、自分のためでなく、相手のために尽くす心が必要です。

答えるのは簡単ですが、行くのは大変なのがこっちの道です。
人の役立つことをする、人に喜んでもらう、思いやりを込める。愛情を注いでいくことは、口で言うほど簡単にはいかないのです。

そもそも、私の心には、愛情なんてない・・

だから、 ホ・オポノポノです。
だから、お祈りをするのです。
だから、笑顔。

愛情のポイントは、ゼロ、あるいはマイナスかも、という状態でも大丈夫です。

「ありがとう」の一言で、「神様」と一言呼びかける祈りの言葉で、また無償で人にあげる笑顔で、ひとつひとつポイントをあげることができます。

そして、そんなプラスの言葉や祈りや笑顔を通して、いつのまにか神様から、愛とパワーをもらっていくことができるのです。

そうすれば、今まで無視していた良心の声が耳に届くようになり、いつしか、その良心の導きに従うことができる素晴らしい人に変わっていきます。

私たちは自分の願いを叶えることができます。
ただ、なんでもかんでも魔法のように叶う願いはないというだけです。

お空の星を取ってと子どもが願う、その心情がただの我が儘から出たものなら、叶うはずがないのですが、誰かを喜ばせたいという愛の思いからだったら、神様は叶えたいと思ってくださるかもしれません。

そういったことは、また次回にお話しましょう。



今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:カンカン照り。
by (C)芥川千景さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


見捨てられた一家の死、恐怖が生む差別 エボラの悲劇 リベリア

唯一陰性だった兄の言葉が胸を突きます。
「誰も僕に近づこうとしない。僕がエボラに感染していないことを知っているのに。お腹がすいたら外で草を探す。それが神のおっしゃることだから、受け入れている」


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています


posted by kuri-ma at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛と幸福 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月16日

彼女のファンタジーは霊界に通じる?! ダイアナ・W・ジョーンズ生誕80年!  ★ガザの避難民キャンプで結婚式、喜び広がる

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

2014.08.16 和泉川 犬にdoggles


外国語を翻訳するように、
本は映画に翻訳されなくてはならない。


「ハウルの動く城」映画化について
ダイアナ・ウィン・ジョーンズ



Googleがダイアナ・ウィン・ジョーンズさんの生誕80周年だと教えてくれたので、取り上げてみることにしました。

この方は、イギリスの女流作家で、2011年3月26日に76歳で亡くなっています。
日本では、ジブリ映画「ハウルの動く城」の原作、「魔法使いハウルと火の悪魔」で有名となりましたが、ファンタジー作家として、また英女流作家として、ハリーポッター・シリーズのJ・K・ローリングをしのぐ実力を持つとも言われ、根強い人気のある作家です。

私もある時期、彼女の作品にはまりまして、そのストーリーの面白さ、発想の豊かさに、驚かされつつ、大いに楽しませて頂きました。

実は、私が図書館で繰り返し、新しい本を探しては読破した間、彼女の死は知りませんでした。死後出された本がないので、健在と書かれているものばかりだったからです。
ようやく図書館の本が無くなった時点で、ネット検索してみると、すでに亡くなった後で、あれらの物語の続編や、見事なストーリー展開やドンデン返しに、はらはらドキドキすることもないかと思うと、とても喪失感に襲われたのです。

もう1冊も読めないかと思うと、本当に寂しいです。

ダイアナ・ウィン・ジョーンズは、指輪物語のトールキンの大学の教え子です。
そして、イギリスの古典や、ファンタジー、お伽話などを体に染み付くほどに理解しているがゆえに、さりげなくそういうもののエキスがにじみ出て、物語に深みを出しています。

そういうことに、もともとの素養がない日本人からすれば、その粋さ、背景に流れる歴史観、物語の雰囲気まではなかなか理解できません。
そういう意味では、あまりそういうことはしないのですが、彼女の作品に限っては、あとがきを先に読んで予備知識を得てから物語を読み始める、なんてこともしていました。

イギリスにはシェークスピアやオースティンなど、私の好きな作家が多いのですが、ファンタジー界は特に逸材を続々生み出しています。
先にあげたトールキンや、現在の女王J・K・ローリングの作品だけでなく、ピーターパン、不思議の国のアリスなど、多くのファンタジーが誕生しました。
妖精と魔法が生きていて、また幽霊が大好きな国柄、というのも様々なファンタジーが生まれる要素ともなっているんでしょうね。

ダイアナ・ウィン・ジョーンズ、彼女の作品が読んでいて気持ちがいいのは、ハッピー・エンドが多いからでしょうか。
それもファンタジーならではの、不思議な悪夢のような状態を越えて、例えば悪の魔法の勢力にがんじがらめになっている状態から、ヒロインやヒーローが、諦めることなく、また、愛の力で切り抜けていくのです。

ダイアナ・ウィン・ジョーンズの描く魔法の世界などの不思議な空間は、これは霊界に酷似していると、ある時気づきました。

おそらく素晴らしい感性の持ち主であり、かつ素晴らしいインスピレーションを得ないと書けないような内容ですので、神や霊的なものから与えられるイメージから、独自な世界を描いていったのだと思います。

霊界に似ているのですが、それは夢にも似ています。(夢というのは、霊界を映す鏡のようなものだと私は考えています。)
ある時までは、悪夢に近い状況を、一気にドンデン返ししていく時の爽快さ、これは誰にも書けるものではありません。
文章力、物語の構成力のみならず、その精神性が高くないと書けないと、思います。

彼女はきっと今、あの世に行かれて、御自身が描かれた世界との共通点に、驚いておられることでしょう。

私もいずれあの世に行ったとき、もしできるなら、もう一つか二つでもいいから、新しい物語を聞かせて頂きたいと、秘かに期待しています。



「映画化について最初に聞いたときには、
長年宮崎のファンだったから嬉しかった」

「もし(映画化について)疑念があったら、
いつだって映画化を拒否する事ができた。
(原作を)変える事はわかってる。
外国語を翻訳するように、
本は映画に翻訳されなくてはならない。
二つは異なるメディアで、
活字で伝わる事が
そのまま映像で伝わるとは限らない。
多分出来上がった映画には
私も驚く事になると思うけど、
その覚悟はできてます」




今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:犬にdoggles
by (C)ひでわくさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


ガザの避難民キャンプで結婚式、喜び広がる


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています



posted by kuri-ma at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の本棚 文学の香り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月14日

「忍びがたきを忍び…」 終戦の勅書(玉音放送)は何と言っているの?!<現代訳>  ★シベリアの森で遭難の4歳女児、子犬に守られ11日後に生還

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

吐息・・・


時運(じうん)の趨(おもむ)く所、
耐え難きを堪え、
忍び難きを忍び、
以て(もって)万世(ばんせい)の為(ため)
太平(たいへい)を開かむと欲す。


終戦の詔書(玉音放送)より



718px-Imperial_Rescript_on_the_Termination_of_the_War3.jpg
終戦の詔書


明日は終戦の日。

玉音放送として知られている、終戦の詔書、これは安岡正篤(やすおかまさひろ)氏が、加筆し完成したということです。
昭和天皇が巡幸の折などに話されているお言葉に比べると、ずいぶん難しい言葉使いですから、やはり安岡氏の手によるものであることは間違いないと思います。

難しくはありますが、とても素晴らしい内容です。

この記事の冒頭に抜き出した部分は、一番有名な箇所ですね。

意味はこうなります。
「私は時の運に逆らわず、堪えがたきを堪え、忍びがたきを忍び、万世(後の世)のために太平を切り開こうと思うのです」

つまり、堪えられないようなこと、我慢できないようなことにも耐えて、未来の平和を切り開こうと言われているのです。

耐えることの難しかった、戦中戦後の、日本国民の心に残った部分だったのでしょう。
そのお言葉を胸に、頑張っていけたのではないかと思います。

この玉音放送は、ドラマでは何回も聞いたことのある、有名なものですね。
ラジオから直接、それを聞いた、当時6歳だった母が言うには、もっとずっとよく聞こえなかったといいます。
ドラマでも十分聞きづらいと思うのに、本当に何を言っているか分からなかったことでしょう。

放送では、録音版による天皇陛下の詔書は5分ですが、同じ内容をアナウンサーが朗読し、その他の終戦関連ニュースも合わせて37分の放送だったといいます。

よく考えてみれば、ドラマなどでは、当然のように使われているものだというのに、国民である私たちは、正しい意味を知らないでいたのです。なんだかおかしいことです。
歴史でしっかり学ぶべきことなのではないでしょうか。

現代の私たちに分かるように、現代語訳を掲載します。できるだけ原文に近い形でと考えて、修正しています。


 私は、深く世界の大勢と日本国の現状とを考えて、非常の措置をもって時局を収拾しようと思い、ここに忠実かつ善良な国民に告げます。

 私は、日本国政府から米、英、中、ソの四国に対して、それらの共同宣言(ポツダム宣言)を受諾することを通告させました。

 そもそも日本国民の安全を図って世界繁栄の喜びを共有することは、代々天皇が遺してきた教えであり、私が常々大切にしていることです。米英二国に対して宣戦した理由も、日本の自立と東アジア諸国の安定とを望み願う思いから出たものであり、他国の主権を排除して領土を侵すようなことは、もとから私の望むところではありません。

 ところが交戦はもう四年を経て、我が陸海将兵の勇戦、我が多くの公職者の懸命な働き、我が一億国民の奉公も、それぞれ最善を尽くしたにもかかわらず、戦局は必ずしも好転していませんし、世界の大勢もまた我国に利がありません。加えて、敵は新たに残虐な爆弾(原爆)を使用して、しきりに無実の人々までをも殺傷しており、惨澹たる被害がどこまで及ぶのか全く予測できないまでに至りました。

 このまま尚戦争を継続するならば、ついには我が民族の滅亡を招来させるだけでなく、ひいては人類の文明をも破壊しかねないでしょう。このようなことでは、私は一体どうやって一億の愛すべき国民を預かっている立場で、代々の天皇の御霊に謝ることができましょう。これこそが、私が日本国政府に対し共同宣言(無条件降伏)に応じさせるに至った理由です。

 私は、日本と共に終始東アジア諸国の解放に協力してくれた同盟諸国に対しては遺憾の意を表せざるを得ません。日本国民で、戦地において死した者、公務にて殉職した者、その遺族に想いを寄せると、我が身が引き裂かれる思いです。また戦傷を負ったり、災禍を被り、家業を失った人々の厚生については、私が深く心を痛めています。

 考えれば、今後日本の受けるべき苦難はきっと並大抵のことではないでしょう。あなたがた国民の本心も私はよく理解しています。

しかしながら、私は時の運に逆らわず、堪えがたきを堪え、忍びがたきを忍び、万世(後の世)のために太平を切り開こうと思うのです。

 私は、ここに国体(国家としての形)を護持することができたので、忠義で善良な皆さんの真心に信頼を寄せ、常にあなたがた国民と共にいます。
もし感情の高ぶりからむやみに事件を起したり、あるいは同胞(同じ日本国民)を陥れたりして、互いに時勢を混乱させ、そのために大道(正しい道)を誤って世界の国々から信頼を失うようなことは、私が最も戒めたいことです。

 ぜひとも国を挙げて一家の子孫にまで伝え、神国の不滅をかたく信じ、責任は重くかつ道のりは遠いことを思い、総力を将来の建設に傾け、道義を篤くし、志操(志)をかたくし、誓って国体(国のあるべき姿)の精華を発揚し(優れた点を高め)、世界の進運に遅れを取らぬよう決意しなければなりません。
 あなたがた国民は、これら私の意をよく理解して身をもって行ってください。


昭和天皇の肉声の動画もありましたので、掲載しておきます。
(上の現代語訳にも参考にしました。)
また、念のため、原文も記事末尾に掲載します。





今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:吐息・・・
by (C)ヨマさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


シベリアの森で遭難の4歳女児、子犬に守られ11日後に生還


終戦の詔書(玉音放送):
朕(ちん)深く世界の大勢と帝國の現状とに鑑(かんが)み、非常の措置を以て時局を収拾せむと欲し、茲(ここ)に忠良なる爾(なんじ)臣民に告ぐ。朕は帝國政府をして、米英支蘇四國に對し、其(そ)の共同宣言を受諾する旨通告せしめたり。抑々(そもそも)、帝國臣民の康(こう)寧(ねい)を圖(はか)り萬邦共栄の樂(たのしみ)を偕(とも)にするは、皇祖(こうそ)皇宗(こうそう)の遺範(いはん)にして、朕の拳々(けんけん)措(お)かざる所、曩(さき)に米英二國に宣戦せる所以(ゆえん)も、亦(また)實に帝國の自存と東亞の安定とを庶幾(しょき)するに出て、他國の主權を排し領土を侵すが如きは、固(もと)より朕が志にあらず。然るに、交戰巳(すで)に四歳を閲(けみ)し、朕が陸海将兵の勇戰、朕が百僚(ひゃくりょう)有司(ゆうし)の勵精、朕が一億衆庶(しゅうしょ)の奉公、各々最善を盡せるに拘(かかわ)らず、戰局必ずしも好轉せず、世界の大勢亦我に利あらず。しかのみならず、敵は新(あらた)に残虐なる爆弾を使用して、頻(しきり)に無辜(むこ)を殺傷し、惨害の及ぶ所眞(しん)に測るべからざるに至る。而(しか)も、尚交戰を継續せむか、終(つい)に我が民族の滅亡を招來するのみならず、延(ひい)て人類の文明をも破却すべし。斯(かく)の如くむば、朕何を以てか億兆の赤子(せきし)を保し、皇祖皇宗の神靈に謝せむや。是(こ)れ、朕が帝國政府をして共同宣言に應ぜしむるに至れる所以(ゆえん)なり。朕は、帝國と共に、終始東亞の解放に協力せる諸盟邦に對し、遺憾の意を表せざるを得ず。帝國臣民にして戰陣に死し、職域に殉じ、非命に 斃(たお)れたる者、及(および)、其の遺族に想(おもい)を致せば、五内(ごない)為に裂く。且(かつ)、戰傷を負ひ、災禍を蒙(こうむ)り、家業を失ひたる者の厚生に至りては、朕の深く軫念(しんねん)する所なり。惟(おも)ふに、今後帝國の受くべき苦難は、固(もと)より尋常にあらず。爾臣民の衷情(ちゅうじょう)も、朕善く之を知る。然れども、朕は時運の趨(おもむ)く所、堪(た)え難きを堪え、忍び難きを忍び、以て萬世の為に太平を開かんと欲す。 朕は、茲に國體を護持し得て、忠良なる爾臣民の赤誠(せきせい)に信倚(しんい)し、常に爾臣民と共に在り。若し夫(そ)れ、情の激する所、濫(みだり)に事端を滋(しげ)くし、或は、同胞排擠(はいさい)互に時局を亂(みだ)り、為に大道を誤り、信義を世界に失うが如きは、朕最も之を戒む。宜しく擧國一家子孫相傳え、確(かた)く神州の不滅を信じ、任重くして道遠きを念(おも)ひ、總力を將來の建設に傾け、道義を篤くし、志操を鞏(かた)くし、誓って國體の精華を發揚し、世界の進運に後(おく)れざらむことを期すべし。爾臣民其れ克(よ)く朕が意を體せよ。
   御 名 御 璽
   昭和二十年八月十四日




◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています