さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2014年08月26日

祈っていると、あなたの祈りを感じます?!  ★殺害された米記者の手紙公開、解放の仲間が暗記し届ける

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

瑠璃玉アザミ


祈っていると、たとえ暗闇の中でも、
みんなのことを身近に感じることができる




殺害された米記者の手紙公開、解放の仲間が暗記し届ける◇


2012年11月にシリアで拉致され行方不明となっていた米ジャーナリストが、先週になって過激派組織「イスラム国」の戦闘員に斬首される映像が公開されました。

彼の手紙が、死後公開されました。
それは、解放された仲間が暗記して家族に伝えたものだったとのこと。

家族と友人に宛てられたその手紙は、まるで生きて帰ると信じているかのように、明るい口調で書かれています。
敬虔なカトリック教徒だったというジェームズ・フォーリーさんは、きっと祈り続け、解放の日を夢見ていたのでしょう。

AFPニュースでは、一部を訳して紹介していました。

僕のことを思い、祈ってくれていることは分かっています。本当にありがとう。僕も祈っていれば、あなたたちを感じることができる。強い心と信じる気持ちを保てるよう祈っています。

僕たち18人は1つの部屋に入れられている。僕にとってはそれが助けとなった。みんなで映画やスポーツや、とりとめもない話題をいつまでも話したりしていた

気弱になる日もあれば強い気持ちでいられる日もある。仲間の誰かが解放されたら、みんなで喜ぶ。でも、もちろん自分自身の解放を切望している。互いに励まし合って勇気を持てるよう、仲間とがんばっている。食事の内容は以前より良くなって、毎日与えられている。お茶はあるし、たまにはコーヒーも飲める。昨年で失った分の体重は、今年になってほとんど取り戻せた。


後は、家族や親しい人たちにあてて書かれていますが、終始楽しい思い出や感謝の思いが連ねられていて、最後はお祖母さんあてで終わっています。
家族がフェイスブックに掲載している手紙の全文(英文)を下に掲載しておきます。

また、祈りの部分だけ、日本語にしてみます。


僕のことを思い、
祈ってくれていることは分かっています。

本当にありがとう。

僕も祈っていれば、
(家族の)みんなを感じることができます。
(みんなが)強い心と信じる気持ちを
保てるよう祈っています。

祈っていると、たとえ暗闇の中でも、
本当にみんなのことを
身近に(触れるように)
感じることができるのです。



今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:瑠璃玉アザミ
by (C)ヨマさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


"Dear Family and Friends,
I remember going to the Mall with Dad, a very long bike ride with Mom. I remember so many great family times that take me away from this prison. Dreams of family and friends take me away and happiness fills my heart.
I know you are thinking of me and praying for me. And I am so thankful. I feel you all especially when I pray. I pray for you to stay strong and to believe. I really feel I can touch you even in this darkness when I pray.
Eighteen of us have been held together in one cell, which has helped me. We have had each other to have endless long conversations about movies, trivia, sports. We have played games made up of scraps found in our cell…we have found ways to play checkers, Chess, and Risk… and have had tournaments of competition, spending some days preparing strategies for the next day’s game or lecture. The games and teaching each other have helped the time pass. They have been a huge help. We repeat stories and laugh to break the tension.
I have had weak and strong days. We are so grateful when anyone is freed; but of course, yearn for our own freedom. We try to encourage each other and share strength. We are being fed better now and daily. We have tea, occasional coffee. I have regained most of my weight lost last year.
I think a lot about my brothers and sister. I remember playing Werewolf in the dark with Michael and so many other adventures. I think of chasing Mattie and T around the kitchen counter. It makes me happy to think of them. If there is any money left in my bank account, I want it to go to Michael and Matthew. I am so proud of you, Michael and thankful to you for happy childhood memories and to you and Kristie for happy adult ones.
And big John, how I enjoyed visiting you and Cress in Germany. Thank you for welcoming me. I think a lot about RoRo and try to imagine what Jack is like. I hope he has RoRo’s personality!
And Mark… so proud of you too Bro. I think of you on the West coast and hope you are doing some snowboarding and camping, I especially remember us going to the Comedy Club in Boston together and our big hug after. The special moments keep me hopeful.
Katie, so very proud of you. You are the strongest and best of us all!! I think of you working so hard, helping people as a nurse. I am so glad we texted just before I was captured. I pray I can come to your wedding…. now I am sounding like Grammy!!
Grammy, please take your medicine, take walks and keep dancing. I plan to take you out to Margarita’s when I get home. Stay strong because I am going to need your help to reclaim my life.
Jim"



◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています

posted by kuri-ma at 17:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 祈り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月22日

私たちの幸せを阻むものがある?! 「悪い連鎖」を抜け出す方法とは?!  ★夢の南仏暮らしが一転、英夫婦を襲った隣人の恐怖

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
幸せになるためのポイント・ゲット作戦──
シリーズ3回目


ケサランパサラン^^


「仕返し」ほど運を悪くさせることはない。

仕返ししたい気持ち、
つまり復讐心は、
悪魔が仕掛けた
大きく深い落とし穴といってもいい。


リチャード・カールソン



願いが叶うどころか、私は幸せにはなれないんじゃないか、今更と、あきらめる人もおられるような。。。

若い頃思い描いた理想には、届くわけがなく、結婚生活の夢も淡く消え果てて、こんなはずではなかったという現状。
いつまでも、悩みは尽きず、自分はなんて不幸なんだ、だれも私の気持ちはわからないと、つい嘆かずにはいられない。

毎日、悪循環にはまってしまって、どんどん悪くなるよう。

あるいは、親もその親も、同じところで苦労して、轍にはまったように、気がつけば私も同じようなぬかるみに足をとられてしまっている。

私は不幸の似合う性分で、一生抜けられないんだ、なんて思ってしまう人もいるかもしれません。

そんな悪循環、悪い癖、悪い連鎖からは、かならず抜けられます。

ただ、あきらめてしまったら、どうしようもありません。
あきらめたら、悪い方に流されていってしまいます。


私たちの心を萎えさせよう、あきらめさせよう、邪魔をしようという存在があるんですよ。
これは、実は神様より私たちの身近にいます。
そして、私たちよりも私たちの弱点をよく知っています。

私たちが願いを叶えるためには、愛情と思いやり、そして良心に従った正しい生き方をするのがよい、そのためには、ありがとう、ごめんなさい、愛しています、などの言葉や挨拶、そして祈りが効果的だとお話してきました。

しかし、そんなプラスのポイントをためようとする私たちの邪魔をする存在があるのです。
それは、手のかかる子どもや、理解してくれない夫や、うるさい姑や、折の合わない上司、などが問題ではありません。(そういう人たちを介してくる場合は、多々ありますが。)

悪魔は賢く上手に私たちの弱点を見抜いて、優しく甘い言葉で囁きます。

おトク情報を教えてくれたり、休憩や気分転換にうまく導いてくれることもあります。

どこか目的に向かう時に、途中で何かに誘われたら要注意です。
赤頭巾ちゃんは、狼に花を摘んで行ったらいいという誘いに乗ったため、お祖母ちゃんも自分も食べられてしまいました。

「お祖母ちゃんのために花を摘んであげる」このこと自体は悪いことではありませんが、命が掛かる瀬戸際では、大きな選択ミスになりました。

こんな風に、私たちの性格や傾向、弱みを熟知した悪魔君は、結構、うまいこと、侵入してきます。
一見、よさそうに見えるものの中に、悪魔のかけた罠がある、ということです。

楽な道は不幸に、難しい道こそ、幸福につながっているということを、ちょっと思い出してみましょう。良心は、チクリと教えてくれるはずです。

目には見えないけれど、私の心をよく知っている悪魔に対抗できるのは、良心ということですね。
よく、心の中の葛藤を、天使と悪魔の戦いで表現しますが、これはたとえ話ではなく、本当にリアルに起こっていることなのです。



さて、悪魔に打ち勝つための、良心のお勧めを紹介しましょう。

「ありがとう」の言葉は悪魔を遠ざけるひとつの武器ですね。
「ありがとう」や前向きなよい言葉を言う人は、悪魔が寄り付けなくなります。

悪魔は「ありがとう」を言えないんですよ。
何かを利用するために、お上手を言ったり、口先だけの「ありがとう」を言ったりはできるかもしれませんが、こころから感謝するということが苦手なのです。

また、プレイボーイのように二枚舌で「愛している」ということはできるかもしれませんが、本当の意味で、愛することは犠牲が伴うから、難しいのです。

謝るのも大の苦手です。

人のせいにしたり、細かいことにこだわったりさせるのは、悪魔の得意技です。
逆に、人のことを感謝したり、謝ったり、愛したりとかは、悪魔にはできません。

「ありがとう」「ごめんなさい」「許してください」「愛しています」これを真心から言うことは、悪魔にはできないことなのです。
だから、ホ・オポノポノは効果的なんだと思います。

また、もちろん、お祈りもできません。

そうしてもう一つ悪魔の苦手なのが、諦めないこと。

なんの報いも求めず、無償で笑顔を与え、気持ちのいい挨拶をする。
元気がないときも、雨降りのときも、相手がたとえ応えてくれなくても、それでもやり続けることは、悪魔にはできません。

だから、私たちがあきらめずにやり続ける限り、必ず悪魔には勝てます。
そして、幸せへのポイントが一つずつたまって、いつか、とんでもないフィーバーになることもあるのです。

そのように、ひとつずつ願いを実現していける。
「願いを叶える」ことをは、幸せに至る一つの通過点ではありますが、この道を歩き始めた私たちは、すでに幸せを手にしたようなものです。

いい笑顔、いい言葉、祈りで、愛情のポイントをあげながら、愛情あふれる、良心の推奨する生き方を目指してみましょう。
もうそこに幸せが見えています。



今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:ケサランパサラン^^
by (C)ヨマさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


夢の南仏暮らしが一転、英夫婦を襲った隣人の恐怖


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています


posted by kuri-ma at 12:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛と幸福 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月19日

願いが叶うための秘訣は?! 幸せと運命と宿命の関係。。。!  ★イスラム国から逃れたヤジディー教徒女性、シリアで五つ子出産

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
幸せになるためのポイント・ゲット作戦──
シリーズ2回目


2014.07.01 みなとみらい BLUE BLUE YOKOHAMA ブーゲンビリア


私たちは「願いが叶う」イコール「幸せ」と思いがちです。
まあ実際、願いが叶ってほしいというのは、私たち人間の本音ではありますね。

それで神頼みやら、成功の法則やら、いろいろしてみたりするのでしょう。
それは願いが叶う本質をよく知らないからです。

願いが叶うためには、たとえば努力が必要かと思います。
でも努力だけではない、「運」のようなものが大きい、そう考える方もいることでしょう。

つまり、適切な努力プラス、何か運気が開くようなことが必要、にも思えます。

人生には四苦八苦というものがあって、人として生まれたからには、そんな苦み、渋み、苦痛からは逃れられないようです。

たとえば、人が生まれ死んでいくこと、それはどうしようもないことです。
お金持ちの家に生まれたかった、もっと美人に生まれていたら、なんて思ってもどうしようもありません。
不老不死の薬もありませんから、いつかは死んでいく命です。
そういう「宿命」というものも確かにあります。

じゃあ、そんな星の下に生まれたんだから、私の不幸もどうしようもないのか、といえば、それは違います。

運命には、宿命的な変えられない部分もありますが、自分の努力などで変えていくことのできる余地が残されています。その分の自由があるということになりますね。

では、わたしの願いを叶えるという話に戻ります。

なんにも努力もせず、何か効力のあるというパワースポットのお守りだけ頂いても、願いが叶うでしょうか。

私の願いを叶えたいと思うなら、それを神様の願いと一致させることです。つまりそれは私の良心が求め、本心から求めるものでなければなりません。
私の願いが、良心に反するものなら、神様が導けないし、宇宙から反発されるので、うまくいかないのです。


一時的にはもしかしたら、うまくいくように見えたとしても、それは悪魔に弱味を握られたことになるので、繰り返し利用されるようになるのです。

その点に関しては、また次回お話しましょう。

さて、願いが叶うためには、その願いが神様の願いであると叶いやすいのですね。
そして、宇宙が守るものですから、宇宙の法則に従ったもの、正しいものということになりますね。

「星を取ってほしい」という子の願いが、人々を喜ばせたい、というものであったなら、そのごとく空にある星が手に入ることはなかったとしても、その願いをもち続けている限り、その子はいずれ人々を喜ばせる大きな研究をしたり、大きな星のような成果をあげることができるでしょう。

神様に記憶されるような、純粋で前向きで、宇宙に優しい願い事をもっていきたいと思うのです。

私の願いは「世界平和」ですが、その願いが純粋であり、あきらめず継続していく限り、いつか叶う、と私は信じています。簡単ではありませんが。

幸せになるためには、人を愛し、尽くすこと、正しく難しい道を行くことだとお話しました。
まずは、いい言葉、祈り、いい笑顔で幸せになりましょう。


今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:みなとみらい BLUE BLUE YOKOHAMA ブーゲンビリア
by (C)ひでわくさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います



イスラム国から逃れたヤジディー教徒女性、シリアで五つ子出産


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています


posted by kuri-ma at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛と幸福 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする