さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2014年07月04日

米・独立記念日は、実は独立した日ではない?! 「天は人の上に人を造らず」は米独立宣言文?!  ★米独立記念日をハリケーン直撃か、熱帯低気圧が勢力増す


パピポピー。


「天は人の上に人を造らず
人の下に人を造らず」


福沢諭吉



すべての人間は
生まれながらにして平等であり、
その創造主によって、
生命、自由、および幸福の追求を含む
不可侵の権利を与えられている。


アメリカ独立宣言文



今日はアメリカの独立記念日ですね。
今年は、台風が心配です。

さて、7月4日というと、私にとって忘れられない日が、ボランティアのためヨーロッパに発った日です。ちょうどワールドカップも行われていたし、世界中が大盛り上がりの時でした。

日本では今のようには、W杯への関心はない頃で、ヨーロッパでの盛り上がりは、驚きました。もちろん、私の出発を祝ってくれたわけではありませんが。

今、夫と子供に囲まれて、飛び立つに飛び立てない私は、このブログで、自由と幸福を追求しちゃってるわけです。(独立宣言文を引用)

実は、アメリカにとって、この日は独立を宣言した日であって、独立した日ではありません。
血みどろの独立戦争を経て、ようやく七年後に独立を果たすのですが、今でもアメリカ国民が祝うのは、この7月4日なんですね。

宣言した時にすでにそれは成されていたのだ、とでも言いたげですね。



この独立宣言文は以下が特に有名です。

すべての人間は
生まれながらにして平等である


そしてこう続きます。

創造主によって、生命、自由、および幸福の追求を含む不可侵の権利を与えられている。

創造主というのは神様のこと。
人間は神様に創られた存在、というキリスト教的考え方が基本になっているのです。

日本国憲法にある「法の下の平等」とは、根本的に違います。「法」というのは完全なものではないですよね。

この独立宣言文も、すべての人がと言いながら、その当時は、黒人や、原住民や、キリスト教徒以外の人間は、人として認めていなかったのだそうです。

独立戦争が150年前、その後奴隷は解放されましたが、1964年7月2日に公民権法が制定されるまで、酷い人種差別が続いていました。
これはわずか50年前のことです。

ですから、この独立宣言文は、その時に起草したジェファーソン個人のものでは、もはやなくなって(彼は黒人奴隷を多く所有していた事実があります)、その言葉の力、言霊としての威力を発揮し続け、語られた言葉を真実に近づけていっているようにも感じます。

1776年に独立が宣言されてから、今年で238年となります。7年後に実質的な独立をしたということは、独立してからも、昨年で230年たったということになりますね。



この、アメリカの独立宣言文を、初めて日本に紹介したのは福沢諭吉ですが、彼がまた「学問のすすめ」の冒頭に引用したのが、有名な言葉として私たちに記憶されることとなりました。

その部分を現代文にするとこうなります。

「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らずと言われている──人は生まれながら貴賎上下の差別ない。けれども今広くこの人間世界を見渡すと、賢い人愚かな人貧乏な人金持ちの人身分の高い人低い人とある。その違いは何だろう?。それは甚だ明らかだ。賢人と愚人との別は学ぶと学ばざるとに由ってできるものなのだ。人は生まれながらにして貴賎上下の別はないけれど、ただ学問を勤めて物事をよく知るものは貴人となり富人となり、無学なる者は貧人となり下人となるのだ。」
ウェキペディアより


「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず」と言われている(原文では「ト云ヘリ」)
元々はこのように、米独立宣言文を引用したにも関わらず、まるで諭吉が作って語った言葉のように思われてますね。

いずれにしても、この訳文は、日本人が理解するために、本当にわかりやすい、いい訳だと思います。直訳したら、きっと訳(わけ)わからなかっただろうし…。
これは、単なる翻訳ではない、真実の言葉ですね。

言葉には言霊が宿ると言いますが、真実に基づいた言葉は、語った人の思いを添えて、更に言葉の持つ真実の力となって、人々の心に届くのだと思います。
時代を超えた言葉というのはすごい。



アメリカの建国の精神や、信仰の自由を求めて移住したその志というのは、とても素晴らしいと思ってます。

また、アメリカの古きよき時代の、「大草原の小さな家」に描かれていたような、教会があって、学校があって、…という庶民的な生活。
必ず食前の祈祷というのがあって、お休み前にもお祈りして…、何かにつけて聖書を引用し……、そんなことが私の憧れでした。
ないものねだり、というのでしょうか。

今のアメリカは、自由をはき違えているところもあるような気もしますが、将来に渡って残されていく素晴らしいものもたくさんあるはず。
独立宣言文の言葉が真実として、さらに実っていけばいいですね。


すべての人間は
生まれながらにして平等であり、
その創造主によって、
生命、自由、および幸福の追求を含む
不可侵の権利を与えられている。

We hold these truths to be self-evident,that all men are created equal,that they are endowed by their Creator with certain unalienable rights,that among these are life,liberty and the pursuit of happiness, that to secure these rights…


今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:パピポピー。
by (C)芥川千景さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います

過去の記事を元に再編集しました
 アメリカ独立記念日、私は何から独立したのかなぁ?!


こんな記事もどうぞ
 米で最も有名な演説とは?!…ゲティスバーグの犠牲者を悼むリンカーンの言葉

米独立記念日をハリケーン直撃か、熱帯低気圧が勢力増す