さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2014年07月25日

自由ってなんだ?! ♪「Scrambling Rock'n'Roll」 《尾崎豊の求めていたもの》  ★マレーシア航空17便墜落、1983年の大韓航空機撃墜と類似 

☆ 毎月25日は、尾崎豊の
メモリアル・デー(月命日) ☆

夏の夕空


自由になりたくないかい
熱くなりたくはないかい
自由になりたくないかい
思う様に生きたくはないかい
自由っていったいなんだい
どうすりゃ自由になるかい
自由っていったいなんだい
君は思う様に生きているかい

寂しがりやの君の名前すら 誰も知りはしない
Scramble交差点では
心を閉ざし解りあうことがない
どんなふうに生きてゆくべきか
わかってないねBaby

奪いあいの街角で 夢を消しちゃいけないよ
見栄と偏見のふきだまり
気をつけて まっすぐ歩いてほしいよ




今日は「自由」を論じてみたいと思います(?)

尾崎ファンの中には、この曲をお気に入りの人も少なからずおられることでしょう。

彼のおそらくコンサートでの定番の曲で、ハイというより、危険なモードに入っているような気がします。薬の影響というような表情もしますし。
大阪球場のライブでは、尾崎がまた飛び降りたりしないよう、専用のスタッフが配置されていたようです。

この曲は渋谷のスクランブル交差点で浮かんできた曲だということです。

そこはすごい人の波の坩堝(るつぼ)、混沌ともいえる地点ですからね。。。
DJポリスのような人が、うまく誘導してくれたらいいんですがね。

  自由になりたくないかい
  自由っていったいなんだい?


これも心の叫びのような曲です。
彼の周りの大人もどうしてあげることもできなかったのでしょう。


うちの息子も高校生になりましたが、どこにももっていきようのない思いを抱えているようです。外では明るくまじめな高校生ですが、家ではぐうたらで、どうなることかと思うのです。

やはり、大人はそんな危なっかしい思春期の少年たちを、大きな器で受け止めてあげなければいけないのでしょう。

冗談や笑いで雰囲気を変えてあげて、スキンシップも嫌がる時期ですから、油断をついて肩でも叩いてあげて、ナルシ君たちが、本当に立派でかっこいい大人になってもらえるように、見守りつつ、分からないようにサポートしてあげたいと思っています。

「自由」
夏休みには自由が多いような気がします。
子供には自由を満喫できるかのような気がする夏休みですが、母にとっては、自由を奪われる期間です。

当然、制約もあります。それを束縛と捕らえるのか、どうか。

夏休みも、目的もなく過ごせば、なんだかあっという間に終わってしまいます。
制約や束縛の中でも、なんとか楽しく過ごすこともできます。

私は時々、子供たちの奴隷、時間の奴隷になってしまっている自分を発見します。
ちょっと心を切り替えて、子供たちの先手を打って愛してあげ、また時間もうまく使いたいものです。

考えてみれば、子供とじゃれ合う時期もいつまでも続くわけではないですし、今しかできないことをするのがいいのでしょう。

後手後手になってしまう、反省の多い日をいくつも経験しましたので、この夏休み、大いに子供たちと付き合い、時間を惜しまずに贅沢に使う日と、倹約する日というようにコントロールしたいと思うのです。

心の「自由」をテーマに二度とない夏休みにしたいですね。


この頃の尾崎豊に会うことができたなら、伝えてあげたかった。

自由というのは、自分が責任をもって、何らかの成果や実績をあげなければ、得られないし、間違った方法で、わがままや自己中で自分だけの自由を求めても、得られるものではないということ。

彼も漠然とわかってはいただろうけど、自信をもって肩を叩いてあげたかった。
あなたは正しい。自信をもっていけ、と。

正義と自由、愛と自由は切り離すことができないし、どうも自由には、また責任というものも伴うのです。

自由は、ほしいと思っているだけでは得られないようです。
ズルをして得ても、逃げてしまいます。
愛がない人、責任を持ってくれない人のところには少ししかいてくれません。

どんな状況でも、心を自由に羽ばたかせることのできる人、心が真に強く、自由な人は、いつも心が束縛されず、自由はいつも離れることはなく、その人に寄り添っているのだ、と思うのです。





大阪球場




「Scrambling Rock’n’Roll」


俺達何かを求めてはわめく
うるさいRock’n’Roll Band
誰も見向きもしない
Scramble交差点で歌っている
ごらんよ 寂しい心を閉ざして歩くよ
Hard Worker
自分のくらしが一番自分を傷つけると泣いてる

俺達遠くの街から 少しの金にぎりやってきた
思う存分もはしゃぎまわれず
Jungle Landに 迷いこむ

Scramblin’Rock’n’Roll

通りすがりの 着飾ったあの娘は クールに夜を歩く
悲しませるもの すがりつけるもの
胸にいくつかかかえ
俺達そんな見知らぬ彼女を 夢中にくどいている
彼女の胸の上 優しい光ともして眠りたい

睡眠不足の Sleepy Boy
闇には孤独と 夢を織りまぜ
おびえた心のアクセルふかしても
街からは逃げられやしねえよ

Scramblin’Rock’n’Roll

自由になりたくないかい
熱くなりたくはないかい
自由になりたくないかい
思う様に生きたくはないかい
自由っていったいなんだい
どうすりゃ自由になるかい
自由っていったいなんだい
君は思う様に生きているかい

さかりのついた獣の様に
街はとてもDangerous
入口はあっても出口はないのさ
奪いあっては さまよう街角

自由になりたくないかい
熱くなりたくはないかい
自由になりたくないかい
思う様に生きたくはないかい
自由っていったいなんだい
どうすりゃ自由になるかい
自由っていったいなんだい
君は思う様に生きているかい

寂しがりやの君の名前すら 誰も知りはしない
Scramble交差点では
心を閉ざし解りあうことがない
どんなふうに生きてゆくべきか
わかってないねBaby
君の恐がってる ぎりぎりの暮しなら
なんとか見つかるはずさ

奪いあいの街角で 夢を消しちゃいけないよ
見栄と偏見のふきだまり
気をつけて まっすぐ歩いてほしいよ

Scramblin’Rock’n’Roll

奪いあいの Rock’n’Roll



今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:夏の夕空
by (C)星船さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


マレーシア航空17便墜落、1983年の大韓航空機撃墜と類似


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています


posted by kuri-ma at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 尾崎豊の求めていたもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月22日

実践は、まず笑顔から?! 自信をもつためには 〈後編〉  ★ジョージ英王子が1歳に、王室一家が感謝のメッセージ



シジミ君


「始まる」って文字を見て下さい。
「女」が「土台」って書くんです。
女性が笑顔でいることから始まります。

だから「嬉しい」って
「女」が「喜」って書くんです。

女性が笑顔でいるところに、
嬉しいことはやってきます。


ひすいこたろう



愛する

人の役に立つ生き方


「自信」を持つためにはどうしたらいいかというお話ですが、やはりなかなか、自分自身を信じることは難しいのです。
できない私のイメージが強いのかもしれません。

昨日は、信じるために、良心の声を聞き、正しい生き方をしましょう、とお話しました。

自分の使命を知り、目的に向かっていけば、日々充実しますし、自信も持てるというものです。

そこまでいかなくても、人には共通の正しい生き方というのがあります。
良心に恥じない生き方を選び取っていくと共に、私のお勧めは「人の役に立つ生き方」です。
信じる力が強くなるためには、とても有効です。

人の役に立つ生き方ができる人は、愛情が豊かになり、人の信頼も厚いのではないでしょうか。

「愛」と「信」の関係はとても深いものがある、ほとんどそのままツーカーです。

自信をもつためには、誰か愛しがたい人を愛することができたとしたら、とても大きな自信になるでしょうね。
人を許して、愛することが、自分を愛することにもなり、つまり自信につながる、ということになります。

自信をつけるために、人を理解し、愛していく。


具体的な実践法
〈笑顔〉

これを実践するのは今までの癖があるので、なかなか難しいように感じるかもしれませんが、お祈りやホ・オポノポノでも、十分実践力があります。

更に、笑顔、挨拶、ちょっとした親切や思いやり、これを少しずつでも積み上げると、不思議、自分にも自信がついてくるのです。

これらは、自己中ではなく、人に役立つものです。
人のためになることをする、役立つ生き方をしていくと、「自信」のポイントが高くつきます。

例えば、笑顔は、自分で鏡に向かってやっていれば、かなりのナルシストか、おかしい人となってしまいます。普通は、自分で自分の笑顔を見ることができません。笑顔はひと様のためにあるのです。
自分ではなく、相手の緊張を解き、気分をよくさせるために、私の笑顔があります。
人のために生きるために、とっても基本的で手軽でお金もかからないのが、笑顔のプレゼントであるのです。

愛するとか、信じるとか、信頼関係を作るとか、人の役に立つとか、高度すぎるように感じるかもしれませんが、笑顔や挨拶くらいなら、できそうですね。

愛せない人に対して、また、大切な家族に接する時も、笑顔を心掛け、目を見て挨拶をしてあげると、愛情効果が高まります。

そして、毎日笑顔を続けていると、前より自信を持った私を、いずれ発見することでしょう。小さなことでも続けることです。


下にジョージ王子のニュースを附けました。
この美しい無垢な笑顔には癒されますね。
赤ちゃんが「自信がない」とか
「人のために生きたくない」とか思うでしょうか。
自然に人の癒しとなり、力を与えています。
かくありなん。



今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:シジミ君
花はコリウス
by (C)ヨマさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


ジョージ英王子が1歳に、王室一家が感謝のメッセージ

「こっちに行く!」、歩くジョージ王子の写真を公開 英王室


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています


2014年07月21日

自信をもつためには?! 〈前編〉  ★日中韓の歴史的偉人がズラリ!横浜で砂の彫刻展


ノリウツギ


本当の自信≠ニいうのは
正しく生きて≠アそ
生まれるものです

良心(本心)が喜ぶ生き方を
良心(本心)が喜ぶ生活を ...
し続けてこそ

自信≠煦轤チて行くのでは
ないでしょうか?


彩-sai-



自分に自信をもつことが難しい。自分が信じられないのだという相談がありました。

ずばり、その内容について考えていきたいと思います。


「自信」の素が何でしょうか。
信じることです。

「自信」も、「確信」も、「信」の字が付いていますね。
それは「信頼」という言葉にもつながります。

さて、自信、確信、信頼。
この「信」という言葉につながるものに、もう一つ「信仰」という言葉があります。

「信」という言葉は、目に見えません。
神様も目に見えません。
見えなかったとしても、これが正しい、と間違わず積み重ねていく。

日本人にとって、本来美徳であった「信仰」という言葉は、なんとなく似非っぽい、信じるに値しない、低いもののように、地に落とされてしまっていますが、本来の「信仰」の意味を考えてみましょう。

調べると、「神仏を信じること」が本来の意味ですが、「特定の対象を絶対のものと信じて疑わないこと」という意味もあります。
この後者を見て、一般に信仰をうさんくさく思う傾向があるのではないでしょうか。
それは盲目的な信仰のことですね。
正しい信仰なら、よいわけです。

字のごとく、信じて天を仰ぐというのが、信仰でしょう。
天というのは、正しい道を照らしてくれます。

冒頭の言葉のように、良心の喜び求める生き方をしていくこと、正しく生きることによって、私たちは自信を持つのでしょう。

それには、正しい道を知らなければなりません。
自信がもてないのは、そもそも何が正しいのか分からないからかもしれません。

神様のことは漠然としていて、何だか分からないかもしれません。
実は、人間の心には、本来神様が働く場所があります。それが良心というものです。
良心のかけらもない人も、良心が曇って働くなってしまった人もいますが、本来は誰にでもその痕跡ぐらいはあるのです。
ですから、良心の声を聞くということは、神様の言葉を聞くのと同じです。

良心に従った生活をしていれば、自信を持てるのですね。

明日もまたお話しましょう。


今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:ノリウツギ
by (C)ヨマさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


日中韓の歴史的偉人がズラリ!横浜で砂の彫刻展


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています



posted by kuri-ma at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛と幸福 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする