さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2014年06月24日

地獄と紙一重?!「中間霊界」で永遠を生きる人たち 《霊界ってあるんでしょうか15》  ★天然ガスが燃え続ける「地獄の門」、トルクメニスタン


真昼の蜃気楼。


神と霊界を知ることは
私たちの幸せへの近道

信じない人がいく中間霊界は
面白みがない生活が
永遠に続く世界



天国、そして地獄について話してきました。特に地獄については、永遠に抜けられないか、というくらい続きそうでしたので、もう一つあるという「中間霊界」について話していきたいと思います。

この世でも、富者、貧者、そして中間層、というものがあります。
しかし、これはこの世の、お金を中心とした価値観で考えた分け方です。この場合、中間層も制約はありますが、悪くないと考えるかもしれません。

しかし、あの世、霊界はお金や権力などが通用しません。
どんな世界かといえば、「愛」を呼吸する世界だとお伝えしました。

それもその愛は、真実の愛でなければ、なりません。
そして、真実の愛の元はどこか、といえば、それは神様です。
神様から発せられる愛を感じながら、自らも人を愛さないではいられない、呼吸のように自然に愛してしまう、それが本来の霊界、天国だといいます。

ですから、天国に行く人は、神様を信じるのは大前提で、神様の喜ぶことをしたいと常に考えているので、人を愛さざるを得ないのですね。
愛の人であると同時に、神を信じ、永遠に一緒に生きる人が住むところが天国だといいます。

そして、天国の天とは二人と書くように、自分ひとりだけではいけないのです。
夫婦、そして家族単位で行くのであり、誰に対しても、自分ではなく、相手を愛することのできる人が行くところだといいます。

地獄は反対に、神も人も考えない、愛がない人たちが行くのですが、なおかつその人たちが、自分中心に生きるあまり、人を傷つけ、神様から頂いた自分の命や体を傷つけるという行動を取ってしまった場合に、様々な地獄に行くようになっています。


それでは、中間霊界に行く人とはどういう人でしょうか。

愛せない人、神や霊界を信じない人が行くといいます。じゃあ、地獄か、というと、人を傷つけたり罪を犯すことはしなかったので、地獄とまではいかない、といいます。

特に多い人の特色を言いますと、
・ 人生の目的が、愛情を豊かにする、人のためになる内容ではなく、ただ単に、「仕事」が目的、というような人
・ 計算高く、自分の損になることはしないし、人の役に立つことも興味ない。
・ 自分の生活のためにだけ生きた人
・ 真実の愛や、神、霊界という目に見えないものに価値を置かず、外的な自分の生活圏、自分の考えや趣味・嗜好を優先した人
・ 一人を愛する人 

つまり、一見、善良な人に見えるのですが、自分の生活を優先する、「善良な自己中心者」です。

ですから、心(魂)を育てることができず、人とも本当の意味で関わっていませんから、愛情を育てることもありません。

神や霊界はないと考え、まるで関係ないように過ごしてきましたから、あの世でも、霊界の中心である神様からは、知らずにちょっと距離を置き、そこでも神様からは関係なく過ごすことになります。

私たちの考え、思いがそのままその人のあの世の世界になりますから、仕事が全てという人は、明けても暮れても仕事をする、永遠にその生活が続くといいます。

そして、愛情がないと不自由なのが霊界なので、常に不自由を抱えながら、改善することもない生活を、永遠に続けるのだといいます。


私も、毎日、家事など生活に追われている時、ふと中間霊界にいる、と感じることがあります。

家族のために、喜んで食事を作り、家事をして、愛情を込めた生活をしなければ、これは、喜びの薄い中間霊界行き決定だなぁと思います。

また、地獄にまっさかさまに行きそうになる時もあります。

それを引き留めているのは、愛する家族の存在と、こんな私を導いてくれていて、この宇宙全体を守ってくれている神様がいると分かっているからです。

神と霊界を知ることは、私たちの幸せへの一番の近道です。
このブログも、その一助となればと思っています。



今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:真昼の蜃気楼。
by (C)芥川千景さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います



天然ガスが燃え続ける「地獄の門」、トルクメニスタン


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています