さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2014年06月21日

「決断」とは、決めただけでなく、大切なものを絶つこと?! 《ひすいこたろうの漢字セラピー》  ★ブルガリア(バルナ等)で大洪水、子ども等10人死亡


紫陽花五態 −味彩−


「決断」とは、「決めて」「断つこと」。

何かを決めるときには、
ひとつ何かを断ち切る。

すると新しいものが手に入ります。


ひすいこたろう



そうですね。
何かを決めても、すぐに流される私たち。
断ち切ったもの、犠牲にしたものがないから、決断となれないんですね。
決断してしまうと、けっこう清々しくて、今までうだうだしていたのが、嘘のように心が定まってきたりします。
そして、そこからが出発。

決断の連続の人生ですが、そうしないでいると、断ち切れなかったものも、ボロボロになって役に立たなくなり、自分はずっと変わらないままで、大きなものを失ったと、その時に気づくことになるかもしれません。

決断というのは、逃げる決断、というのはあまりありません。
立ち向かっていくこと、責任を取るとハラをくくること、でしょうか。

今までそうできなかったことを、我ながら反省し、心から清算しようと思うとき、それは今までの後悔ではありません。
そうやって、悔い改めたとき、「決断」し、再出発することができるでしょう。

何かを断ち切ったとき、つまり、自分の中の過去に決別しようとしたとき、どうせ変えられないこの環境なら、私がやりましょう、という思いが沸いてくる。

今日は晴れでも雨でも、嵐でも、決断した者は強いのではないでしょうか。
捨て身の者は、怖いもの知らず、きっと新しいものをゲットできることでしょう。

同じ朝日を浴びるなら、前向きに決断した人には、そのエネルギーをもっとよく得られるのです。
あきらめないことです。



今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:紫陽花五態 −味彩−
by (C)芥川千景さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


不思議ですね、先回の《ひすいこたろうの漢字セラピー》でも、
ブルガリアのニュースをあげたのでした。
この被害のあるバルナは私も住んでいたことがあります。
ブルガリアで大洪水、子どもなど10人死亡


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています