さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2014年06月16日

輪廻転生ってあるんでしょうか?! 〈その二 ダライ・ラマは生まれ変わりか?!〉  ★【特集】金星 ─ 灼熱の「地球の双子星」


ポピーが満開


日本人の心に深く浸透している、輪廻転生について、今日も考えてみたいと思います。

その代表的例として、ダライ・ラマは、やはり転生者なのでしょうか。
ダライ・ラマは、代々、先代が亡くなって、40日、あるいは3年以内くらいに、転生して誕生すると信じられています。

本当に生まれ変わりなら、先代のダライ・ラマが亡くなってから誕生した子どもしか、生まれ変わりではありえません。その子が成長するまでの期間、空位が続くということになりますね。。。
実際、その生まれ変わりの子どもを捜すための努力は相当なものがあります。

ダライ・ラマ14世は素晴らしい方であると思います。その方への尊敬心から、多くの人が、よけいに「輪廻転生」の根拠のように感じてしまうことも理解できます。

しかし、ダライ・ラマ14世の素晴らしさと、彼がさて転生者かということは別問題ではないでしょうか。
つまり、転生者であるとは言い切れないのではないか、と思うのです。
信じている方たちからすれば、こういうことを言うこと自体が、侮辱に感じるかもしれませんが、どうぞ誤解しないでくださいね。


昨日も述べましたが、一般にも誰それの生まれ変わりと言われる現象があるということは、お伝えしている通りであり、真実で、確かなことでしょう。それを疑うわけではありません。
嘘や思い込みだとも思いません。

私が思うに、そういう転生・生まれ変わりと言われているものは、霊的な現象であり、私たちが気づく以上に、一般的によく起こっていることではないでしょうか。

亡くなった人たち、霊人たちというのは、肉体はありませんが、見えない魂という姿で、私たちに影響することができます。
一般にも憑依現象と呼ばれるものがありますね。

亡くなった人の立場で考えてみましょう。
大切な家族のそばにいたい、見守りたい、と思う気持ちがあるはずですね。見えない存在ですが、いつも見守ってくれ、時にはいろんな影響を与えていく、それが霊人の姿です。

そんな中、かわいい孫が生まれれば、その子は亡くなったお祖父ちゃんにとっても希望の存在ですから、いつでも一緒にいたいと見守るようになります。
そうすると、自然とその子は歩く姿や語る言葉まで、お祖父ちゃんに似るようになり、「生まれ変わり」と家族からは信じられるようになるわけです。

憑依現象というと恐ろしい感じですが、愛する人と共にいたいという身内だったら、恐ろしいことではありませんね。


また、ダライ・ラマの場合も同じです。
チベット宗教と、民族の行く末を案じる先代のダライ・ラマが、「この子だ」と思える、使命を委ねられる子どもを一緒に捜し、また見つけ出した後も、その子とずっと共にいて助けるようになるのは、想像に難くないことです。

ダライ・ラマ14世は、人格的にも素晴らしい方ですが、霊的感性も類まれなものがあり、様々に非凡さ、カリスマ性を発揮しているのは、代々のダライ・ラマや信奉者たちの霊が、守り導いている部分もあるかと思います。

まさに生まれ変わり、と信じて疑いようのない資質があったり、例えば子どもが知るはずのない、先代のダライ・ラマでしか答えられないようなことを知っていたりということが、きっとあるのでしょう。
それは素晴らしいことですが、先代の霊がいつも一緒にいて、働きかけているとしたら、可能なこととは思えないでしょうか。


小さい3歳くらいまでの子どもの中には、自分がお母さんのお腹の中にいた時の記憶が残っている子が多いのだそうです。うまく表現できないし、だんだん現実の生活が大きくなって、それ以上になると忘れてしまうことがほとんどなのだということです。
また、乳児や幼児は、霊的な力が強いような気がします。

生まれてから、赤ちゃんというのは、不思議なことにコロコロと顔が変わります。
お祖父ちゃんの顔にそっくりと思っていたら、お母さんの方の父方の顔になったり、母方の顔になったり、いつの間にか、2、3歳になると落ち着いてしまうんですけど。

きっと、いろんなご先祖様の顔を一巡するのではないか、と私は考えています。
ご先祖が、入れ替わり立ち代り影響を与えているのではないでしょうか。

私の子どもも2歳くらいの頃、霊的に見えることがあったのです。今でも熱を出したりした時に、ちょっと霊的になりやすい傾向があるようです。

ですから、小さいうちだったら特に、霊的に影響を受けたり、知らず知らず憑依されたり、ということはあり得ることかなぁと考えるのです。というより、普通によく起こっていることかとも思います。


そのように、霊的現象がある、ということを理解するならば、生まれ変わりでなくても、子どもがだんだん親に似るようになり、酒乱のお祖父ちゃんが亡くなったら、その酒乱が息子や孫に飛び火したように始まったりする意味も理解できます。

霊界を知れば、知るほど、生まれ変わりと言われていた証言は、霊的な現象だと、よく理解できます。

何より、霊界をよく知る人によれば、人はたった一度の人生を生き切って、永遠の霊界ライフを生きているのが人間であるのです。それはとても理にかない、宇宙の法則にマッチした内容かと思います。

輪廻転生が本当にあるとすると、説明できないこともあります。明日に続きます。



今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:ポピーが満開
by (C)akemiさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


【特集】金星 ─ 灼熱の「地球の双子星」



◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています