さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2014年06月10日

命を生かすのは、命をかけること?!  ★「愛の錠」で有名なパリの橋、重みで一部崩壊 通行禁止に


2014.05.24 山手 ブラフ18番館 生花


人間において生きるとは、
ただ単に生きながらえることではない。
人間として生きるとは、
何の為にこの命を使うか、
この命をどう生かすかと言うことである。
命を生かすとは、
何かに命をかけるということである。
だから、生きるとは命をかけると言うことだ。
命の最高の喜びは、命をかけても
惜しくない程の対象と出会うことにある。
その時にこそ、
命は最も充実した生の喜びを味わい
激しくも美しく燃え上がるのである。
君は何に命をかけるか。
君は何の為なら死ぬことが出来るか。
この問いに答えることが、
生きると言うことであり、
この問いに答えることが、人生である。


哲学者 吉村思風



愛に命をかけるという人もいるでしょう。
愛の錠。恋人たちが、決して壊れない愛を誓って、鍵をかける…。世界各地に、このような場所がありますね。

下にニュースを掲載しましたが、鍵をかけた橋の欄干が壊れてしまったとのこと。
もっと壊れない確かなものにかけなければいけない、ということでしょうか。なんとなく、その愛のもろさを感じてしまいます。

確かに、男女の愛は堅く誓い合って永遠に変えないのがいいと思いますから、そういう意味での心の鍵は必要でしょうね。


さて、具体的に何か人生を掛けるものがある、ということはとても幸せなことです。
命懸けで何かを極めたことがある人は、あんがい何にでも通じるようになったりします。

なんのために命を使うか。

私はやはり「愛」に命をかけたいと思います。
私がいう愛は、好いた惚れたの恋愛ではなくて、徳や人類愛につながる愛です。
マザーテレサが生涯をかけて身をもって示してきた、慈愛、というものでしょうか。

私は何かの達人と言われるほど極めたものはありませんし、このブログなどの物書きにしてもなんでも、中途半端かもしれません。
主婦としても手抜きばかり、子育てにしても、どこまでできているかといえば、本当に完璧には程遠いのです。

しかし、十分でないからこそ、その気持ちの上で、動機は常に「愛」ということに、また人の幸せを願うということに、ぶれずにやっていきたいと思うのです。

そういう「愛」をあきらめなければ、ずっとやめないで続けていけば、幸せに至ることができるのではないでしょうか。
私は、全人類が、幸せになれる、ということを信じています。
もちろん簡単ではありませんが。

私も幸せになれるし、世界も幸せになれる。
私だけでは無理だけれど、お互いいい物を与えよい刺激を受けながら、宇宙(神様)からのパワーを得ていくなら、それが可能です。

祈っていく、そして具体的に愛していく、つまりいい物をあげていくことによって、この世の中は善に向かっていきます。

いいものを求めていけば、必ずよい出会いがあります。
たとえ、私は出会いに恵まれない、と思うときでも、今出会っている縁を大切にしていく、つまり家族や、友人や、ご近所付き合いの中で、よいこと、愛を積み重ねていくのです。
愛を尽くしていけば、いずれ回りまわって、私にふさわしい愛が返ってきます。

たとえ、私は貧乏くじをひいたように見える状況だったとしても、大切な人のためになっているのであれば、今は見えない未来の希望を思い描いて、頑張ることができます。

私の代で、できる限りなことをしたいけれど、たとえできなかったとしても、私の大切な子孫たちが幸せになる姿を見られるなら、たとえその時は肉体がなくなっているとしても、悔いはない、という気がします。

「命をかける」なんて、大げさなことかもしれませんが、この世で一番大切なものが愛なので、私は、命をかけるなら、やはり愛がいいなぁと思うのです。



今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:ブラフ18番館 生花
by (C)ひでわくさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


「愛の錠」で有名なパリの橋、重みで一部崩壊 通行禁止に


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています


posted by kuri-ma at 15:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛と幸福 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月07日

自分が作ってしまった?! 最終章!「地獄」5 《霊界ってあるんでしょうか14》  ★「年をとると退屈になる」Dデーの落下傘兵、89歳でスカイダイブ


ひなげし


地獄では
このような美しい花を
見ることもできません◇


愛がない人、そして、人の愛する人を傷つけ、奪う、そういう人が地獄に行くというお話をしました。

地獄にはあれもない、これもない、というのですが、何がないかというと、ですから、まず「愛」がないのです。人への優しさ、思いやりというものは見つけることができません。

そして、上の写真の花のように美しいもの、「美」というものがありません。
また、善や真実というものもなかなか見つけることができません。

人間の心のままに、霊人の姿が変わっていきますから、その心に愛がなく、美しい花を求めたことがなく、善に生き、真実を求めたことがないのですから、心がそのまま霊界に反映されるといいます。
自分の姿にふさわしい地獄を、自分で作り出しているともいえます。

真美善愛、というものが、ないところが地獄です。
反対に、衣食住性という本能のままに、自分本位に生きた人が多いので、仕方がないともいえます。
地獄の下に行けばいくほど、住みにくく、自由がなくなるといいます。


私たちが連想するような、極悪な殺人者だけが地獄に行くのではありません。
もしかしたら、私たちのすぐ横にいる人が、地獄行きの候補者かもしれません。また、私たちにしても、これから、ちょっとしたきっかけで、候補者の名前に入ってしまうかもしれません。

昨日も付け加えましたが、地獄に行く基準というのは確かにあるのですが、生きている間であれば、今までの生き方を改め、罪を償って、いくらでもやり直す道はあります。
たとえ私達の大切な人、あるいは自身に該当する内容があったとしても、すぐにあきらめないでくださいね。

しかし、地獄候補者たちが、あくまでその心を入れ替えずに、人の心を踏みにじる行為や、「愛」を汚す行為をし続けている場合、死に至れば、ほぼ即座に、あるいは40日逃げ回ったとしても、行かなければならないのは、地獄です。

地獄に行ったら、その霊人たちはどうなるのでしょうか?


地獄は実に細かい階級に分かれているといいます。生前どのようなことをしてきたかで、その階級が決まるということです。
霊人の住む階級はその内容によって決まりますが、霊人の姿もその内容によって変わるといいます。

死後、40日前後、49日と呼ばれる期間までに、霊人たちは自分の本性をさらけ出します。出したくなくても隠す場所はないのですから表れてしまいます。

生前は絶世の美女、あるいは誰も悪い人には見えない、好印象のイケメンだったとしても、美しい顔は、その心を隠すことができません。
心が醜ければ、心の通りに顔は崩れていきます。

激しく人を口でののしって、噛み付いていた人の歯は、牙のように激しくなります。
その心のうちが、霊人の体の形状となってすべて表れます。

そして、生前、人にどのような愛で接したか、その通りの報いを受けることになります。
つまり、人を傷つけたら、その同じ箇所に傷が付きます。そして何度も、その傷つけられる痛みと恐怖を繰り返し、味あわなければなりません。


ですから、地獄にいくような霊人は、人間の姿を留めていないといいます。

生前、人を傷つけた箇所は、同じように傷つきただれています。

また、その罪の種類によって色が違うのですが、肌に気持ちの悪い斑点が浮き出ているのだそうです。

そして、生前犯した罪の数々が、隠しておいたものも包み隠さず、分かるようになっています。名札のようなものが付いていて、どんな悪いこと、破廉恥なことをしてきたか書かれているということです。


中でも異様なのは、毒蛇の姿になった霊人です。地獄の底には、毒蛇になった霊人たちがうごめいているのです。

それはこの世で肉欲と色情におぼれた人だといいます。

蛇は口先が2つに分かれています。
口ではうまいことを言って愛をささやきながら女性をかどわかし、その人を愛さず肉欲だけを求め、女性をがんじがらめにしたということで、人にした通りの形状になっていきますから、手足ががんじがらめで離れなくなり、毒蛇の姿になってしまうといいます。

また、その他の罪により赤や黒や紫のまだら模様がはっきり浮かびあがります。

それから、そのような男に誘惑された女性はどうかというと、無傷ではありません。不倫などの場合、その肌はだらだらと汚物でただれています。
その臭いが、腐乱死体のような、魚の腐ったような匂いなのだそうですが、そういう異臭がたちこめるのが地獄だということです。

よく、幽霊やお化けが異様な姿をしているのは、このように悪い霊、つまり悪霊人の姿だということです。間違いなくそういう霊は、地獄の霊です。



愛情が乱れているこの時代、地獄行きの人たちが増えていることは容易に察しがつきます。
素晴らしいことをたくさんできる能力を持った人が、成功した途端に女性問題が激しくなり、以前の顔(観相)と変わってしまう、ということは往々としてあります。

どんなに素晴らしい業績をおさめ、成功することよりも、実は、一人の伴侶と愛を結実することの方が難しいのではないでしょうか。


長らく地獄についてお話してきましたが、
次回からのこのシリーズは、
天国と地獄以外の霊界についてお話しします。
そして、その後は、いよいよ核心に突入します。
地獄に行かないためには、どうしたらいいか。
つまりは、地獄を招かないためには、
どんな心になっていたらいいのか。
生活でどんなことを心がけたらいいのか。
そんな地獄回避策、またもっと積極的に
天国行きの方法を伝授したいと思います。
お楽しみに。



今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:ひなげし
by (C)ヨマさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


「年をとると退屈になる」Dデーの落下傘兵、89歳でスカイダイブ


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています



2014年06月05日

執着を切って得られるものがある?! 「大切」 《ひすいこたろうの漢字セラピー》  ★100歳の「生ける聖人」物乞いの全額を寄付 ブルガリア


釣れますか〜。


「大切」って
「切る」って字が入っています。

執着を「切ったとき」に、
「大きなもの」が手に入るんです。


ひすいこたろう



宝くじの当選金額を聞くと、買ってみようかな、なんて思い、もしも当たったらどうしようと考えたりするのではないでしょうか。

物欲、名誉欲、物への執着、何かに対する無駄なプライド、人への執着…、キリがないくらいですが、そんなものを断ち切ったときに、思ってもいないものが入るんでしょうね。

欲心まみれのノーベル賞受賞者もあまりいないだろうし、宝くじに当たる人も、聞くところによると、あんまり何も考えず、たまたま買った人が当たったりするようですね。

うーん、難しいですが、挑戦、ですね。

下に掲載したブルガリアのドブリおじいちゃんのニュース記事も参考にしてください。ブルガリアにもいい人がいるのは知っていますが、こんな奇特な人もいるんですね。こういう人がいるというだけでも、嬉しいニュースです。



今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:釣れますか〜。
by (C)芥川千景さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


100歳の「生ける聖人」物乞いの全額を寄付 ブルガリア


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています