さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2014年06月29日

あとでやろうと思っても…?! 〈相田みつを〉  ★一銭も使わずに1年間生活、ドイツ人女性が体験を書籍に


2014.06.25 瀬谷市民の森 デンデンムシ


わたしの座右銘

あとでやろう
と思っても
やれた試し
がない
やるならば
いつでも
いまだ


未青浪人

(相田みつを)


あとでやろうと思ったわけではないのですが、時間というのは、いつも狙われていて、気づけば泥棒に奪われてしまうことがあります。
この詩を選んで、記事にしようと決めてから、丸二日が過ぎて、3日目を迎えてしまいました。

このブログを立ち上げて1000日間の間は、何よりもこのブログを優先してきました。
乳飲み子を抱えているわけではないので、なんとかなりました。
1000日の基準が立ったので、今度は次の目標、もっと人のために役立つことをしたい、ということでブログでカウンセリングを受け付けました。

自分のために時間を無駄使いしたわけではなく、人のためにしているこのブログですから、難しいですが、人に役立つことなら、優先していこうというスタンスに変えています。

それでも、できる限り一日24時間の中で1記事を更新することは、目標にし続けていきたいです。

今受けている無料カウンセリングは、ある意味、時間勝負のところがあります。
肉体を持っている限り、24時間の枠は越えられません。いかに、時間よりも、人を大切にし、人のために生きるという私の目的を優先するかです。

これは、時間を奪おうとする、時間泥棒と、私との熾烈な戦いでもあります。
ですから、一瞬の気の緩みが、その日中に成せたはずのことなのに、ハッと気がつけば朝になって、無駄な時を過ごしてしまったと思っても、もう元には戻せません。

一番、危ないのは、ちょっと時間のゆとりがある時ですね。
また、自分には難しいことだったら、真剣に取り組みますが、楽勝でできそうなことの場合も同じです。

「あとでやろう」と思ったが最後、気がついたら、カメはゴールしていたというウサギのような失敗を犯しやすいですね。

優秀な人になる必要はありません。
カメのようにあきらめずに進み続けるそういうひたむきさ、それは必要かと思います。


securedownload.jpg



今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:デンデンムシ
by (C)ひでわくさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


一銭も使わずに1年間生活、ドイツ人女性が体験を書籍に


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています


posted by kuri-ma at 18:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 相田みつをの言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月26日

「あきらめ」が肝心、その心とは?!  ★M・ジャクソン没後5年、ファンが墓前で追悼


星降る夜


「あきらめる」とは、
「明らめる」こと。
つまり、物事の道理、
原因と結果を明確にする。
そうして、
こだわりや執着を捨てる(諦める)こと。




人間、あきらめが肝心といいます。
その「あきらめ」とは、何をどのように
あきらめたらいいのでしょうか。


順天堂大学医学部教授が書いた「自律神経を整える 『あきらめる』健康法」という本を紹介しているブログがありました。さらに、まとめてみますと──

「あきらめる」とは、何をあきらめるかというと
「恨み、憎しみ、怒り、執着、取り返せない過去をあきらめる」のだそうです。

そして、これらをあきらめた途端、自律神経のバランスが瞬間的に整うのだといいます。

「あきらめる」というと、普通には「諦める」と書きますが、
「明らめる」のだといい、
物事の道理をしっかり理解し、原因と結果を明確にする、という意味であり、その結果として、こだわりや執着を捨てる(諦める)ということになるということです。

ロック歌手の矢沢永吉さんが、若い頃、信頼していた人間に横領されて、何十億という莫大な負債を背負ってしまいましたが、十数年かけてその負債を完済しました。

矢沢さんは
「あいつのせいで、自分はこんな目に遭った」
という考え、すなわち、相手に責任を転嫁し、
恨みにもなりうる考えを「あきらめた」のです。

責任転嫁や恨み。
このような思いを捨てられないと、
医学的に言って、自律神経のバランスが崩れ、血液の質と血流が悪くなるそうです。

血液の問題が生じると、内臓の機能が低下し、ホルモンのバランスも崩れて、心と体に様々な不調が現れます。
すると、その人が持っている可能性を引き出すことができなくなり、パフォーマンス(表現)も低下するのです。
不調和が長く続くと、「病気」へと傾きます。

副交感神経の働きを高めるにも、眠るとか休むなどの生活的な弛緩も必要ですが、精神的には「あきらめる」という心がけが効果的だといいます。


難しいことはわかりませんが、医学的にも、くよくよしても仕方のないことは、すっぱり諦める、これが元気でいられるコツのようです。

私が何をしたらいいのか分かったら、へんなこだわりやプライドを捨てて、恨みにとらわれそうな私たちの心を切り替えてしまう。

清く正しく美しく、しかも楽しく自由な人である、その秘けつは、正しいものは正しい、過ぎたことは過ぎたこと、これでいいのだ、と笑い飛ばしていくくらいがいいようです。

さっそく、やってみましょう。


今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:星降る夜
by (C)星船さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います



M・ジャクソンさん没後5年、ファンが墓前で追悼


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています


2014年06月25日

彼の好きな「真実」と「永遠」と「愛」の歌?! ♪「風の迷路」 《尾崎豊の求めていたもの》 ★韓国沈没船、生還した生徒たちが学校に復帰

☆ 毎月25日は、尾崎豊の
メモリアル・デー(月命日) ☆

沈む細月


信じてもいいのか その言葉のあるがまま
けれど涙がこぼれる 虚しさの中
さあ明日の姿を 真実よ安らかに




明るい曲調のせいか、伸びやかな歌声のせいか、やはり爽やかに感じてしまう曲です。

その中身は、というと、迷いや傷み(いたみ)、そして無常観に近い、憂鬱、虚無感が、ふわりふわり舞っているという感じでしょうか。

迷いや悩みも、「風の迷路」というと、なんだかなんとかなりそうな、風来坊の自由さを感じます。
深刻さ、重さを忘れて、解き放たれていくというような。

尾崎豊の作詞・作曲・エンターティナーだからこそ、の魔法ですね。
歌を聞いている間だけは、夢心地の中に、天国に連れて行ってもらっているような感覚です。

現実は、実は厳しいのですが、尾崎豊の好きな、「真実」「永遠」「愛」というような言葉が、とても生きていて、心地よい歌になっているのでしょう。

それは、また、これも彼の好きな「風」を感じる曲だからかもしれません。






風の迷路


行き交う人波の中 思い描く全てに
壊れそうな心を 抱いてしまうのは何故だろう
そっと瞳閉じるように 心の傷み隠して
ひとにぎりの幸せすら
奪われてしまう悲しみは何故
永遠という名のもとに忘れてしまいたいよ
こんな胸の傷みは背負いきれるものでもない
光りが眩しすぎる 誰のせいでもないのさ
ふっと迷い込んだ 風の行方の迷路
さぁもう深く眠ろう 真実よ 安らかに
今夜も憂鬱な気持ちにくるまりながら

まだ先のことなんか 何も見えやしないから
やっぱり今日も同じこと 繰り返してしまうのだろう
何を探し求めるのか 見つける術もないのに
悲しみの行方に流されてしまいそうさ
真実の名のもとに暮らして行くならば
どこかにあるのだろうか 人の心の安らぎが
いつか振り返る時に 傷跡すらも笑顔で
受けとめられるだろうか 悔やむこともないままに
ああ時は流れてく 真実よ安らかに
今夜も素敵な夢と戯れるだろう

愛という名のもとに 人が誓うものは何
心はどこかに閉じ込められてしまいそう
信じてもいいのか その言葉のあるがまま
けれど涙がこぼれる 虚しさの中
さあ明日の姿を 真実よ安らかに
夜空に浮かべて眠ろう静かに



韓国沈没船、生還した生徒たちが学校に復帰




今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:沈む細月
posted by (C)星船さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います

posted by kuri-ma at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 尾崎豊の求めていたもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする