さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2014年05月29日

古い私も、新しくなれる?! 「若葉の道」《若者たちに語り掛ける宮澤章二の詩》  ★米で謎の富豪が現金探し企画、ツイッターにヒントを次々投稿


2014.05.17 瀬谷市民の森  朝日


どんなに古い木でも
若葉だけは 新しいみどり




5月も、もうあとわずかになりました。新緑の頃に吹く風を薫風といいますが、そんな瑞々しさを感じさせる、若い緑から、だんだん一雨ごとに、木々の葉は色を濃くしていきます。
まだ、ぎりぎり若葉、新緑といえる時期でしょうか。

今日は久し振りに、宮澤章二さんの詩を紹介します。

中高生の思春期の若者たちに語りかけるような温かい詩の数々を残された宮澤章二さん。
数年前、東日本大震災の後、CMで話題になった「〈思い〉は見えないけれど、〈思いやり〉は誰にも見える」の作者です。
命日が大震災と同じ3月11日(2005年)なのは、不思議な偶然でしょうか。

息子さんの編集で出版された詩集から一篇を選びました。

宮澤さんの詩は、若者たちに優しく語り掛ける、温かいお日様のような思いを感じるのですが、また、言葉の使い方が、とても活き活きしています。

「命が伸びる」という表現も、いいですね。
若者の背が伸びるように、精神的な成長でしょうか。
それは、新しい心から生まれるようです。

ちょっと古くなった者でも、思春期の春の若者たちと同じように、新しい気持ちさえ思い起こせば、そして、行動すれば、いつも新鮮な者でいられる、というような、新しいひらめきを得ました。

この詩の言葉からも、そうだよと、力強い後押し(応援)を頂いた気がします。
ありがとうございます。



「 若葉の道 」


あなたのひとみに若葉がゆれる
わたしのひとみにも若葉がそよぐ

どんなに古い木でも
若葉だけは 新しいみどり
新しいみどりにつつまれた木は 新樹

小鳥たちの声さえ新しく
こんなにすばらしい季節があるのだ と
生きるものすべての心がさけぶ

この道を忘れてはいなかったろうか
あくせくしすぎてはいなかったろうか
夢がちぢんではいなかったろうか

あなたのいのちが 伸びる若葉になる
わたしのいのちも 歌う若葉になる


2014.05.26 和泉川 オナガ



今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:朝日
オナガ
by (C)ひでわくさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います

宮澤章二(みやざわしょうじ)
大正8(1919).6.11〜平成17(2005).3.11
埼玉県羽生市出身。東京大学文学部卒、高校教諭を経て文筆業(詩、作詞)
小中高の校歌は300校以上作詞
「ジングルベル」の作詞者としても知られる
  「こころ」はだれにも見えない けれど「こころづかい」は見える
  「思い」は見えない けれど「思いやり」はだれにもでも見える

CMで有名になった「行為の意味」の作者


宮澤章二
「行為の意味 青春前期のきみたちに

米で謎の富豪が現金探し企画、ツイッターにヒントを次々投稿


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています