さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2014年05月06日

地獄の最下層に行く人たちとは?! 「地獄」1 《 霊界ってあるんでしょうか10》  ★日本女子、世界卓球団体で銀メダル(写真17枚)


2012.11.28 安曇野 大王わさび農場 紅葉


地獄、特にその最下層に行く人たちが、
増えているといいます。
人事ではない、のです◇


今日はこのブログの本来の趣旨でもある、霊界についてのお話の続きです。

先回は、天国の話でした。
今日は地獄のお話となるのですが、私たちの頭で地獄を考えてみたときに、この世でも凄惨な地獄を連想するニュースに満ちています。

今日は地獄の1回目なので、地獄の全体像をお伝えしましょう。
地獄といっても、あまりに広大で深いのですが、多くの階層に分かれているといいます。

悪いことをした人が地獄に行くというのは、間違いのない話なのですが、その悪いことの種類やあくどさに応じて、いろんな地獄があります。
地下の駐車場が、何階にも分かれ、下に向かっていくように、数え切れないほどの多くの階層の地獄があるといいます。

地獄がいくつもあるのです。
地獄という門を開けると地獄、というよりは、私たちのいろんな思想、考え方によって違う世界(霊界)があるのですが、そのそれぞれが、上下に際限なく続く階層に分かれ、下の方は地獄になっているというのが、正確なところのようです。


さて、その最下層は、どんな悪人がいくところだと思いますか?
テロリストや、凶悪な事件を犯した殺人者でしょうか。何万人も粛清した独裁者たちでしょうか。
もちろんそのような人たちが行く地獄もあるでしょうが、最下層は更に特別なところだといいます。

一つは、何度か自殺の話で触れたことがある、「自殺者」たちの行く場所です。
そこは地獄の最下層、というよりは、地獄の底があるとしたら、そこから、また穴に落ち込んだような場所といいましょうか。地獄からも足を踏み外してしまったような、別格な世界です。
しかし、そこも地獄としか言いようがありませんから、地獄の一部ではあるのですが。


それでは、地獄の正規の最下層に行くような人たちは、生前どんな恐ろしい罪を犯したのでしょうか?
実は、この最下層、現代ではとても膨れ上がり、恐らくは、地獄は、ピラミッドのように底辺が広がっているのではないかと思われます。

人から物を奪う、地位名誉を傷つけ奪う、命を奪う…、様々な悪いことを人間は犯しますが、人から愛を奪ったり汚したりすることが、最も重い罪だといいます。
ああ、レイプ犯ね、確かに増えているよな、ではないのです。

実は、合意の上だったとしても、情欲に駆られて道を誤った場合は、アウトなのだそうです。ですから、モテルことが罪になるかもしれないわけです。
確かに、妻たちにとって、もっとも許せないし、傷つくのは夫の浮気です。人の愛情を裏切り、傷つけることは、これは大きな条件に引っかかるわけです。


また、地獄に行くような人は、たった1種類の罪を犯したというだけの人は稀で、複数の罪を犯していますから、地獄の階層が複雑にいり込んでいくのです。

奪うこと、傷つけること、汚すこと、殺すことが、私たちの霊界での評価に引っかかる条件となるようです。些細なことでも、地獄行きになるとも限りません。
そして、中でも情欲に関わることは大きな条件に引っ掛かり、最下層行き、となるかもしれないとなると、私たちももしかして、地獄行き候補のリストに名前が載っているかもしれません。

ですから、私たちは今、死ぬわけにはいきませんね。
この世でも、罪を犯したら、それを償い、更生する道があります。
今まで犯してきてしまったことは、ある意味シミのように取れないかもしれない汚点ではありますが、今からでも、それ以上に、挽回することは可能だということです。


本来、神様が霊界というものを準備したのは、人間が愛し愛されながら、その人の良さを発揮して、永遠に幸せに生きてほしいという、深い愛からです。
地獄に送るために、永遠の世界を作ったのではない、ということです。

神様は、人間を地獄に落とされたのかもしれませんが、神様がそうしたというよりは、人間が自ら堕ちたのです。
その人間たちが自ら、作り出したのが地獄です。
そしてその後も続々地獄に落とされた人たちが、自分の基準に合う所に集まり、生活しながら、様々な階級の地獄が生まれていったのです。

当面の私たちの目標は、自分の心を地獄にしないということでしょうか。いつも天国のような、愛情に満ちた心になるようにしていくのです。
そして悪いことを習慣化しないように、その都度失敗は雑巾でぬぐっておかなければなりませんね。
誰のせいでも、どんな環境のせいでもありません。感謝していくしかありません。

この世にも生き地獄と呼ばれるような、人権も愛もない世界があります。
しかし、この世のどんな地獄よりも恐ろしいという地獄が際限もなく広がっているといいます。

そんな地獄に行く人がいなくなりますように。まずは1人でも、減りますように。

私も地獄に落ちたなら、自分では抜け出ることができません。地獄というのは、スポッと入ったら、そこから外に出ることができないのです。
ですから、悪いことはしない、近づかない。特に甘い罠には気をつけなければなりませんね。

笑顔で挨拶、プチお祈り。できることから始めましょう。

地獄の話は、まだまだ続きます。


「霊界ってあるんでしょうか」
シリーズの最初から、再編集して
不定期で紹介しています。

今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:安曇野 大王わさび農場 紅葉
by (C)ひでわくさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


日本女子、世界卓球団体で銀メダル 写真17枚


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています


2014年05月05日

こどもの日と鯉のぼり、端午の節句になぜ柏餅を食べるのか?!  ★【特集】キュリオシティーが見た火星(写真23枚)


2014.05.01 和泉川 鯉幟


今日はこどもの日。
各地で鯉のぼりが見られますね。

日本では昔から端午(たんご)の節句という、男の子の健康を願った行事が行われてきました。

この日に、五月人形に、鯉のぼり、そして柏餅やちまきを食べ、菖蒲湯に入るなどの慣習がありますが、その由来などを調べてみました。


実は、古来からこの時期に「五月忌み」(さつきいみ)と呼ばれる田植え前の行事があり、これは女性中心のものだったのだとか。
それがいつしか、中国伝来の端午と合わさって、男の子の節句になったらしいです。

端午の節句の他にも節句と呼ばれるものがあります。

五節句といって、奇数月のぞろ目の日に行われたようですね。
3月3日は桃の節句、7月7日は七夕。9月9日も菊の節句というのだそうです。
1月はそれでいくと元日となりますが、節句は7日となっています。

昔から、節句は宮中行事でしたが、江戸時代に公的な祝日となったとのこと。今でも祝日として残るのは、この5月5日だけですが。

節句には節句料理を食べましたが、その名残りが、今の「おせち」という言葉だとか。
今では「おせち」というと正月料理のことを言いますが、もともとはそれぞれの節句料理だったのでしょう。

その節句によって食べるものにも特色があり、そういえば、1月7日には七草粥を食べますし、3月3日には菱餅や白酒、最近はひなあられを食べますね。
七夕にはそうめんを食べる習慣があり、9月9日には菊を浮かべたお酒を出すそうです。


そして、端午の節句には、ちまきや柏餅を食べますね。
ちまきは、関西、柏餅は関東で普及しているとも言われます。

なんでそのような風習があるのかといいますと──

もともと中国から端午の節句が伝来した時に「ちまき」も伝わりましたが、江戸時代になって、縁起のいいという柏餅が江戸を中心に流行し、関東周辺に伝わったということのようです。

なぜ柏餅が縁起がいいかといいますと、柏の葉は新芽が育つまでは、古い葉が落ちないことから、家系が絶えない、子孫繁栄に通じるからだそうです。

また、ヨモギをつるしたり、菖蒲湯に入ったりという風習もあります。
これは邪気を避け、悪魔を払うという信仰的な風習だということです。特に江戸時代以降、菖蒲は「勝負・尚武」に通じるということで、盛んになったようです。

よろいかぶとを飾るのは、武家が虫干しを兼ねて、伝来のものを奥座敷に出し、家長が子どもたちに訓示を垂れたのが元だそう。
その時に、玄関には幟(のぼり)をあげたところから、財力のある商家などで、五色の吹流しの幟を上げるようになったようです。

「鯉のぼり」となったのは、鯉が立身出世の象徴である、「鯉の滝登り」から来る縁起物だから。金太郎が自分より大きい鯉を捕まえた伝説なども、絡んできているようです。

日本人というのは、縁起担ぎのようなものが、昔から好きなんですね。

特に男の子の健康を祈る行事ですから、親たちの思いが込められています。
子どもたちが健康で立派に成長することは、すべての親や祖父母、そして社会の願いであり、未来への希望だと思うのです。

(過去の記事を編集して
お送りしました)



今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:2014.05.01 和泉川 鯉幟
by (C)ひでわくさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


【特集】キュリオシティーが見た火星
(写真23枚)


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています


2014年05月03日

樋口一葉、生誕142年?! 散ったひと葉が今繁る?! 「十三夜」  ★生徒が撮影した沈没前の韓国船内、14分で楽観的なムードが一転


シラン♪


昨日、5月2日は、樋口一葉の生誕142周年でした。

Googleロゴで、気づきました。とても素敵なイラストですね。
「別れ霜(わかれじも)」と紹介しているものもありましたが、私は「十三夜」*の場面に間違いない、と思います。


ichiyo-higuchis-142nd-birthday-5763386180632576-hp.jpg




樋口一葉といえば、今や5千円札の人として、誇るべき日本女性になりました。

24歳で、肺結核で亡くなった薄幸の天才作家。特に亡くなる1年前の14ヵ月は、奇跡の14ヵ月と言われるほど、傑作を発表し続けました。

何を隠そう、私も一葉ファンの一人です。
中学の頃から、モンゴメリーと樋口一葉に憧れていました。アンネの日記にも影響を受けました。

彼女の紡ぐ文語調の日本語があまりに美しく、「たけくらべ」の最初の部分は暗誦したほどです。

基本的にはハッピーエンドしか好きでない私にはめずらしく、一葉だけは、例外なのです。
彼女の描く、悲しい身の上の女性たちの物語。どれもリアルに描かれながらも、美しい淡い悲劇となって、詩情ともいうべき情景描写が実に見事です。

こうして、彼女の亡くなった年をはるかに越えて思うのは、彼女の類まれな才能と、孤高な人間性というのでしょうか。
できることなら、もっと長く生きて、愛する夫と子どもを得てほしかったですね。

昔の作家たちには、なぜか短命の人が多いのですね。
自殺で亡くなる人も多かったですが、肺結核が不治の病だった頃のことですから。
胸を患うということは、心配なこと、胸が詰まるような思いが多かった人なのかもしれません。物書きというのは、やはり繊細な神経の持ち主でもありますから、心労が病気につながることもあったのでしょう。

*「十三夜」は、一葉の代表作の一つです。以前にあらすじを要約して、掲載したことがありましたので、ちょっと季節は違いますが、一葉にちなんで紹介します。

ちなみに「別れ霜」は読んだことはないのですが、もっと初期の作品で、悲恋の末心中を選んだ男女の物語。確かに男主人公は、車夫になるのですが、あの、大きなきれいな月は、きっと「十三夜」かと思うのです。


十三夜の夜、人に“奥様”と呼ばれる身分の、
いい家柄に嫁いで7年になるお関が実家を訪ねる。
夫に見初められ、何がなんでもという矢の催促で結婚したにも関わらず、
半年ばかりで熱も冷め、子供を身篭った頃から
夫は最初執着したのとは反対に、彼女を毛嫌いするようになる。
息子の太郎のため、実家のためにと忍耐してきたが、もう限界と
家にはほとんど帰らない夫の留守に、
離縁状をもらう覚悟で実家に来たのだ。

その当時のこと、離縁も夫が受け入れれば、子供とも離され、
二度と会うことはできない。
しかし、夫の仕打ちを受ける苦痛に比べれば…。

離縁すればもっとみんなを不幸にするだけで、
子供との縁も切れ、弟も職を追われるかもしれない。
涙は各自(てんで)に分けて泣こうぞ」と父に、なだめすかされて
私一人が死んだ気になればいいと、決心を変えて家に帰ることにする。

その途上、拾った人力車の車夫(くるまや)が、
身を持ち崩したかつての思い人、録之助だった。

お関の縁談が決まってから、やけになって遊び始め、
家庭を持てばマシになるかとかわいい妻を娶らされるが、
それでも放蕩に明け暮れ、
一昨年には商売も人手に渡し、汚い安宿暮らしをしている。

お関にしても、お互いに約束をしたわけでも、伝え合ったわけでもないからと、涙ながらに思いを断ち切ったのだが…。

録之助は、よい家の奥様であるお関の悩みを知るわけはなく、
自分の落ちぶれた身の上を恥じるばかりだった。

またお関もその思いの内を伝えることなく、十三夜の月の下を別れて行く。

其人(それ)は東へ、此人(これ)は南へ、大路の柳月のかげに靡いて
力なさそうの塗り下駄のおと、村田の二階も原田の奧も憂きはお互いの世におもう事多し。



今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:シラン♪
by (C)ヨマさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


生徒が撮影した沈没前の韓国船内、14分で楽観的なムードが一転



◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています

posted by kuri-ma at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の本棚 文学の香り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする