さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2014年05月25日

僕を幸せにしてほしい…?! ♪「COOKIE」を焼いて! 《尾崎豊の求めていたもの》  ★腐敗はびこる中国の医療現場、告発した「廊下医師」

☆ 毎月25日は、尾崎豊の
メモリアル・デー(月命日) ☆

a1380_001642ami.jpg


今日が終わって迎える明日のための
答えはまだ何も出されてはいない
ああ僕は明日を信じて生きてゆこう
急ぎ過ぎた世界の過ちを取り戻そう



今日は尾崎の日だということで、曲を探していましたら、「COOKIE」という曲を見つけました。

サビでクッキーを焼いてくれ、ミルクもいれてくれ…という繰り返しが耳に焼きつきやすいので、甘えた男性の歌かなぁという観があるのですが、甘い口当たりのいいクッキーは、目立つ部分だけで、他はなかなかに硬派な曲です。

では、社会批判的な反逆児にふさわしい曲かと思って聞いていると、冒頭にあげたように「僕は明日を信じて生きてゆこう。急ぎ過ぎた世界の過ちを取り戻そう」と歌っています。
こうやって、人に希望を与えるから、尾崎豊の曲をみんな聴くんだろうな、と思うのです。

手作りのクッキーで、幸せになれるものではないし、弱音を吐いて「早く僕たちを幸せにしてほしいよ」なんて、甘えたことばかりでは、ちょっと責任転嫁のヤワな男性、と感じてしまいますが、その最後のフレーズゆえに、結構、大人だし、前向きでいいと、見直してしまいます。

最高にかっこいいのは、真の結末である、このフレーズであると、私は思いました。ここに回答がある。
ある意味、そこだけが際立ってよい、という気がします。
抜き出してみますと

今日が終わって迎える明日のための
答えはまだ何も出されてはいない
ああ僕は明日を信じて生きてゆこう
急ぎ過ぎた世界の過ちを取り戻そう


最後の最後はまたサビの「クッキー焼いて」のフレーズで覆われてしまっているのは残念です。私的には、クッキーのサビはくどすぎるし、このフレーズが一度こっきりというのも惜しい気がするのです。

「COOKIE」は、尾崎豊の最初で最後の2枚組みアルバム「誕生」に収められています。
様々なスキャンダルを経て、レコード会社もCBSソニーに戻り、2年ぶりに発表したアルバムとあって、力が入っています。プライベートでも息子さんが生まれ、充実した時期ですね。
アレンジや演奏陣も充実していて、センスよく仕上がっています。






「 COOKIE 」



Hey おいらの愛しい人よ
おいらのためにクッキーを焼いてくれ
温かいミルクもいれてくれ
おいらのためにクッキーを焼いてくれ

溢れかえる人混みの気忙しさにもまれながら
とりとめもないほどに孤独を感じて歩く
駅のホームに立ち尽くしていると
目隠しされたまま仕事抱えてるようだ
目頭とがらせて競い合っているだけで
気取って見せる程幸せでもないだろ
言い訳なんかはまだしたくはないけど
生きてゆくための愛し方さえ誰も知らない

Hey おいらの愛しい人よ
おいらのためにクッキーを焼いてくれ
温かいミルクもいれてくれ
おいらのためにクッキーを焼いてくれ

新聞に書かれた人脅かすニュース
美味しい食事にさえぼくらはありつけない
空から降る雨はもう綺麗じゃないし
晴れた空の向こうは季節を狂わせている
正義や真実は偽られ語られる
人の命がたやすくもて遊ばれている
ああ 未来を信じて育てられて来たのに
早く僕たちを幸せにしてほしいよ

Hey おいらの愛しい人よ
おいらのためにクッキーを焼いてくれ
温かいミルクもいれてくれ
おいらのためにクッキーを焼いてくれ

好き嫌いなく食べろと言われ育った
大人の言うことを信じろと言われ育った
答えがあるならば出さなければならなかったし
嘘をつくなと言われて育てられた
僕たちの親が作った経済大国
だけど文明はどこかで一人歩きしている
法律の名のもとに作り上げた平和
だけど首をひねって悩んでいるのは何故

Hey おいらの愛しい人よ
おいらのためにクッキーを焼いてくれ
温かいミルクもいれてくれ
おいらのためにクッキーを焼いてくれ

今日が終わって迎える明日のための
答えはまだ何も出されてはいない
ああ僕は明日を信じて生きてゆこう
急ぎ過ぎた世界の過ちを取り戻そう

Hey おいらの愛しい人よ
おいらのためにクッキーを焼いてくれ
温かいミルクもいれてくれ
おいらのためにクッキーを焼いてくれ




今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:雨雲V
by *amiさん
写真素材 足成よりダウンロードしました
http://www.ashinari.com/2014/05/01-388373.php
無断転用はご容赦願います


腐敗はびこる中国の医療現場、告発した「廊下医師」


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています



posted by kuri-ma at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 尾崎豊の求めていたもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月23日

《感動》NY五番街の日の丸 SONYの名が世界に広がった理由?! 〈盛田昭夫の言葉とエピソード〉  ★「ルール」従わぬ中国に失望する米国、サイバー攻撃訴訟で露呈


ある日の日の出。


我々は将来のために、いまや
50年の第一歩を踏み出すのだ。
50年後にはソニーもあなたの会社同様、
必ず有名にしてみせる。


盛田昭夫(ソニー)



私は渡欧した時改めて、日本の電化製品の海外での評価を知りました。
皆、日本製品を信頼し、リスペクトしていました。

日本人も海外で尊敬されることが多いのですが、それはこういう一つ一つの日本製品の性能のゆえということもあるでしょう。

製品は正直です。
日本人のことは知らなくても、日本製品を通して世界の人々が日本に触れていました。そして、信頼を寄せてくれていたのです。

その中でも、SONYは最も愛されるブランドであるというのが、その頃、私の肌で感じた印象でした。


「13歳からの道徳教科書」これは私のネタ本の一つなのですが──。
その中には、戦後の世代が疎い昔の「修身」の教科書にあった、珠玉のエピソードもありますし、戦後日本の発展を支えたものから現在に到るまでのよい話が詰まっています。

今日は、NHKの「プロジェクトX」に取り上げられた内容ですが、メイド・イン・ジャパン、イコール粗悪品と言われた当時、SONYが初めてNYマンハッタンの五番街にショールームを開くまでのいきさつが書かれていましたので、紹介します。

「日本再建」という言葉を経営の趣旨として、戦後まもなくスタートした東京通信工業、これが世界のSONYの出発でした。
世界に目を向け、社名を捨てて、SONYとし、NYに繰り出したものの、相手にされません。

ある時、チャンスが訪れます。
当時有名なメーカーだったブルーバー社が商品を見て、「2年間で10万台購入する契約をしたい」と言ったのです。

「ただし、ジャパン・ブランドでは売れない。SONYの名でなく、ブルーバーの名で売ることが条件です」

無名のSONYに対し、50年の歴史があると言われれば、何も言えません。のどから手が出るほどほしかった注文でしたが、誇りを捨てることができず、断るのです。

「50年後には、必ずおたくより有名になって見せます」と捨て台詞を残した、ということですが、後にブルーバー社の当時の部長は、そう言った人は何人もいたが、約束を守ったのは彼だけだと感慨深げに語っています。

その後、営業マンの投入も功を奏して、SONYは爆発的に売れることになります。
そして、5番街に初めて日本のショールームができるまでになりました(昭和37年)。

そこに掲げられた日の丸の旗を見て涙したのは、SONYの社員だけではなかったと言うことです。日本人のビジネスマンたちは、それを見上げてどれだけ希望と誇りを感じたことでしょう。


8ido18000008nwps.jpg



上のエピソードの主人公、ソニーの創業者の一人、盛田昭夫さんの言葉をいくつか紹介します。

50年前には、あなたの会社のブランドも、
いまのソニーと同様、
誰ひとり知らなかったに違いない。
我々は将来のために、いまや
50年の第一歩を踏み出すのだ。
50年後にはソニーもあなたの会社同様、
必ず有名にしてみせる。


製品を商品としようとする場合には、
その製品を手に入れたいという欲求を、
人々の間に喚起させなければ、
いかに優れた「製品」であっても
「商品」にはなり得ない。


私は経営においても基本原則というものを
はっきり認識することが
非常に重要だと考えている。
それは理念とはやや次元の違う概念であるが、
理念と同様に経営にとって
極めて重要な要素だと思う。
私はいままで、ずいぶん多くの
意思決定を行ってきたが、
いつの場合でも、基本原則に基づいて
デシジョン(決定、決断)を行ってきた。
例えば、東京通信工業から
ソニーへ社名を変えるときも、変えるなら
世界的に通用する名前にしようということで、
井深さんと二人で必死に考えたわけだが、
できるだけ短くて、ローマ字で書いて
世界中でどこへ行っても同じ発音で読まれ、しかも
日本人にも読める名前という基本原則ができた。


新しい、いいと思ったことは
実行する勇気が必要である。
ソニーはアイデアがいいと言われるが、
じつはアイデアは
それほどずば抜けて良くはないのである。
アイデアのいい人は世の中にたくさんあるが、
いいと思ったアイデアを
実行する勇気のある人は少ない。
我々はそれをガムシャラにやるだけである。



SONYが売れたのは、当然とも言えます。やはり、いいものはいいのです。「もの」の力です。

必死であきらめずに続けなければ、よい製品はできないでしょう。

ですから、「もの」の背後に、当然、いい製品を作り出す人がいたはずですし、そして愛される商品とするためにも、それを営業する人などの力があったことは言うまでもないでしょう。
よい製品が、よい商品になるとは限らないですから。

「もの」には魂が込められる。人の思いの結晶が数々の日本の「優れもの」と言われる製品、商品たちです。
日本の技術力は素晴らしい。
それ以上に、日本の精神力、道徳力というものがもっと素晴らしいのではないかと思うのです。

やはり、日本人が尊敬されるゆえんも、その道徳性が大きいでしょう。
どちらかというと自分本位な欧米の人たちの中にあって、人の気持ちを察することのできる、細やかな人間性も、日本人の評価の一つです。そして裏切らない、信頼できるヤツと、日本製品も日本人も思ってもらえているようです。

世界のSONY、ですが、それは今は昔になりかけて、新旧交代ということもあるでしょうが、ソニーだけではなく、これからも素晴らしいmade in Japanを生み出していってほしい、と心から思います。

その土台となる日本の精神、道徳性が失われていっているという危惧を持つ人も少なくありません。戦後を支えた人たちは、日本人のそういう精神性を維持した人たちだったかと思います。

よいものを子どもたちに伝えていきたいです。
そして、50年後を、100年後を、千年後の明るい未来を信じて語れるようになりたいと思うのです。



今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:ある日の日の出。
by (C)芥川千景さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います



「ルール」従わぬ中国に失望する米国、サイバー攻撃訴訟で露呈


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています


2014年05月21日

〜地獄の「三重苦」〜 地獄に落ちたらできないこと?! 「地獄」3 《霊界ってあるんでしょうか12》  ★[中国、残酷ニュース] 宿題書き写した少女を父親が撲殺、地下鉄車内で無差別殺傷etc.


悪匠。


地獄への道は善意で舗装されている

カール・マルクス



天国は喜びを人と分け合う、愛で満ちた所、そして地獄は、その逆に自分が得ることばかりを主張し、奪ってばかり、そのためこの上なく、住みにくい場所となっているといいいます。

地獄については、2回に渡ってお伝えしました。

地獄に行ったら、ろくなことはありませんから、行きたいと思う人はいないでしょうが、悪い人は霊界では逃げることができませんから、すぐに連行されてしまうということです。

そうでなくても、明るい天国では自分の悪いところを隠すことができませんから、できるだけ暗い汚い場所、自分の魂の穢れにふさわしい所に、行くしかないのだそうです。そして自然と行き着くところは地獄となるのだとか。

嫌が応もなく、地獄に落ちてしまった魂、霊人たちはどうなるでしょうか。

地獄は霊界の監獄ですから、一度堕ちたら抜け出せないといいます。
蟻地獄というのがありますが、落ち込んだが最後、自力で抜け出せなくなります。

監獄の壁があるのかないのか分かりませんが、とにかく出ることはできません。鉄の鎖で手足をつながれていたとしても、あける鍵もありません。
酷いことをしてきた人は、酷い拷問を、そのごとく延々と続けられるということです。

そんな地獄ですから、堕ちたが最後、どうすることもできない3つの苦しみがあるというのです。



地獄の3重苦

1 
激痛を抑える薬がない
(苦痛を減らせない)


その地獄の苦痛からは決して逃れることができないといいます。

地獄にある痛み、苦しみは、生前自分が人に与えてきた報いではありますが、辛いのは、その苦痛を少しも減らせないということです。

歯が痛くなれば、歯医者に行ったり、薬を飲んだり、この世では何かしらすることができますが、地獄に堕ちた人の受ける苦痛は、減らすことができません。

苦しんでいる人を助けてあげようという人が誰もいない世界ですから、地獄には病院も医者や看護婦もいません。
ちょっとでもその苦痛が和らいでくれたら、と思ってもその方法がないというのです。

2 
逃れられない
(少しでもよい所に移動することもできない) 


先ほどから言っているように、地獄からは逃れることができないといいます。
ですから、その場所がいかに苦しくつらくても、もっとましな所に移動することもできないのだということです。

3 
永遠に苦痛は続く
(苦痛に終わりがない)


生きている時に様々悪いことをした、悪に染まってしまった魂が、地獄に堕ちて、「ああ自分の悪事のせいだ」とたとえ気づいたとしても、もう償うことができないのだそうです。

苦痛の元である自分の罪が減らないということは、地獄での罪を減らすことはできないということになります。

霊界は永遠の世界ですから、つらい苦痛には終わりがありません。永遠に続くのだといいます。



霊的に優れた霊能者の中には、これまでに亡くなった人たち、つまり総霊人の中で、実に80%が地獄にいるという人もいます。

つまり、もしかしたら私たちの先祖や大切な人たちも、その80%に入っているのではないか、ということです。

これはもしかして、私たちが思っている以上に、霊界の基準というのは厳しいのかもしれません。
この世では法律をうまく逃れれば罪に問われることもない、というのも可能ですが、あの世ではそうはいきません。すべての悪事、そしてすべての心のうちが明らかになってしまうとすると…!

特に地獄の最下層に行くしかないという「自殺」と「男女問題(レイプ・不倫など)」については、どんな立派な魂に育てた人でも、大きな傷となり、決定的なシミとなるものなので、お気をつけあれ。

生きているうちならば、やってしまったことを償う道はあるということですので、今のうちにお急ぎくださいね。


今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村


「ルール」従わぬ中国に失望する米国、サイバー攻撃訴訟で露呈


宿題書き写した少女を父親が撲殺、中国


台北の地下鉄車内で無差別殺傷、3人死亡


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇