さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2014年04月17日

あきらめず祈りましょう!  ★「愛してる」「また会おう」、沈没する韓国船から届いた生徒らの声 〈ニュース追加〉


西伊豆の夕陽(2)


祈りは…力
祈りは…愛
祈りは…希望
祈りは…命
祈りは…
それらすべてを生み出す




「愛してる」「また会おう」、沈没する韓国船から届いた生徒らの声◇


実は昨日から、この事件のことが気になって胸がワサワサして仕方がありません。東日本大震災の時もそうでした。
その時と被害の規模は違うものの、同じ種類の胸の動悸が止まらないのです。

私のFBを通じて《祈りましょう》と提案したりして、一時ワサワサはやや治まったのですが、一部の生存者リストが発表されたとか、様々なニュースにより、救助がとても厳しい状況であると知ると、また落ち着かなくなっています。

特に今回は、修学旅行中の高校2年生が300人も乗船していたとのこと。その御両親はどんな気持ちだろうか、若い生徒たちがどんな状況だろうかと、もちろん、親御さんの気持ちとは雲泥の差があるでしょうが、ずっと心配が続いています。

私は胸がワサワサだけですが、知り合いのもっと霊的な人は、船内の様子が見えたといいます。
生存者たちの様子。ほとんどあきらめが広がった中に、神様に祈る声も聞こえたが、だんだん弱くなっていっている、というような内容でした。

ただ心配ばかりしていても、なんの力にもなりませんから、もっと祈っていきたいです。
多くの人に訴え、そして祈る、これしかできませんが、祈りは大きな力を生みますので、あきらめないで続けていきたいと思うのです。


今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:西伊豆の夕陽(2)
by (C)星船さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


取り残された乗客助かるか 「危険な状況」の見方も…船内に空気注入で生存環境広げる
2014.4.18 00:15


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています


posted by kuri-ma at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 祈り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする