さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2014年03月27日

男は変わらない? 女は理解する生き物ではない?! …幸せな結婚のためのプチ秘訣…!  ★コウノトリの遠距離恋愛、12年目 クロアチア


淡いスイートピー ♪


I will follow you.
あなたについていきたい…
心の岸辺に咲いた淡いスイートピー♪





これは、笑えるけれども真理です。
(ただし、例外もあります。)


男は、本当に必要ならば
千円のものにも二千円払う。
女は、二千円が千円になっていれば
必要でなくても買う。

男と幸せに暮らすには
男を理解しようとしなければならない。
女と幸せに暮らすには
女を理解しようとしてはいけない。

女は、結婚したら夫に変わってほしいと思う。
でも夫は変わらない。
男は、結婚しても妻に変わらないでほしいと思う。
でも妻は変わる。




男女というものは、根本的に違う生き物だ、と思ってもいいくらい異なっています。
上に三つあがっていますが、どれも鋭いポイントをついていますね。

私も夫を宇宙人のように感じていますし、また、夫は私のことを永遠に理解はできないでしょう。上の言葉は真実を突いています。
実際、私自身もよくわからない私のことを、現実に見える部分で分析しようとしても不可能なこと。女心と秋の空で、解析が終わらないうちに、次のモードに入ってしまって、堂々巡りです。

男性はどっしりとした木のように変わらないけれども、女性は、季節の花のように色とりどり。相手に合わせ、TPOに合わせ、時代や流行に敏感です。
水のように、相手の色に染まり、相手の形、器に合わせるのです。

「あなたに付いていきます」という殊勝な女性は少なくなったようにも見えますが、実際は、男性に連れ添うようになっているのが女性の特性です。

しかし、環境に支配されやすい女性は、時や状況の変化に左右されていってしまう。
妻になり、母になり、そして年を経てお祖母ちゃんになっていきますから、それに応じて変わらざるを得ないというところもありますね。

裏を返せば、女を変えていくものは、夫であり、子どもや孫であり、家族であり、交友関係、社会…、環境すべてです。
しかしその中でも一番は、夫の存在です。女性を良くも悪くも、かわいくも鬼にも変えるのは、もしかして夫の影響が大、ということかもしれませんね。

そんな環境の中で、女性の愛情は育ち、深くなっていきます。母性本能、というものを目覚めさせやすいのは女性です。
子どもを身ごもり、この手に抱けば、大概の女性はもう、母の心を持ちます。
しかし、男性は、子どもとの触れ合いを多く持たない限り、父性に目覚めないといいます。


「男性を理解しなければならない」というのも、これは大切なポイントでしょう。私はよく信じられないことが起こって、理解してあげられない状態に陥るのですが、これは反省しなければなりませんね。

男性は確かに、理解され、認められることで、自分を発揮することができますから、不用意な言葉で自信を喪失させたり、否定の言葉にも弱いようです。
難しいことは、理解する必要はありません。にこっと笑ってあげたらいいのでしょう。

女性もそうですが、男性も子どもも、「褒めて育てる」のが、いいに違いありません。


「男性は変わらない」、といいますが、唯一そんな男たちを変えられるものがあります。

それは、男女共にそうですが、「愛情」です。
かわいい妻、かわいい子どもの存在によって、男性はもっと強くもたくましくもなれます。

男だから、女だから、という違いは高い山を作り、大河を作ってしまえるほど限りないのですが、「愛情」という目に見えないものの力で、一瞬にしてその隔たりをなくし、山を平地に、河には橋を掛け、一緒に家族として暮らすことができるのです。

これはすごいことです。

とはいえ、「夫を変えてやろう!」と女の浅知恵で、考えたとしても、そうはいきません。
「愛情」によって自然に心が開かなければ意味がありません。

また、「女性は変わる」といいますが、大切なもののためには、てこでも動かないのが女性の特性でもあります。


とても奥の深い男女の心、複雑な情関係の機微…。
ですから、違っていることを数えることも不毛だし、理解できないことを嘆くことも時間の無駄。

口げんかや愚痴、小言の絶えない我が家ではありますが、思い出したら反省して、夫には笑顔と賞賛を、子どもおだてて木に登らせたり、おいしい食事で釣ったり、たまには楽しいことをして爆笑タイムを作り、悪い雰囲気を払拭し、殺菌してしまいたいと思います。

桜も開花し春も来ていますから、風を入れ替え、お日様の光をいっぱい浴びてみるのもいいかなと、思うのです。


I will follow you.
あなたについていきたい…
心の岸辺に咲いた淡いスイートピー♪

ちなみに歌は正しくは
「赤いスイートピー」ですが
あしからず



今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:淡いスイートピー ♪
by (C)芥川千景
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


コウノトリの遠距離恋愛、12年目 クロアチア


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています