さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2014年02月22日

《感動の歌》裁判長、殺人少年に「さだまさしの『償い』」で説教?!  ★「私は死にかかっている」ウクライナのデモ支援者がツイート

生命は貴いといいます。
では、一つの命の償いは
何をもってすることができるでしょうか──


注意雪道 −ジョビ男くんの巻−


ちょうど11年前の2月に報じられたニュースです。

当時18歳の少年2人の判決公判で、反省の色が見られない彼らに対し、さだまさしさんの曲「償い」を引用し、裁判長が異例の説教をしたという内容です。

裁判長はうつむいたままの2人に、こう言ったといいます。
「この歌の、せめて歌詞だけでも読めば、なぜ君らの反省の弁が人の心を打たないか分かるだろう」

「償い」は昭和57年(1982)に発売されたアルバム「夢の轍(わだち)」の収録曲で、知人の実話を元に、さださんが作詞作曲したのだとか。

また、この歌は交通安全キャンペーンで使われたり、ラジオのたった1回のオンエアがきっかけで、リスナーの若者たちが人の命について話し合うコーナーができたこともあるといいます。
命の尊さとともに、犯した罪への「償い」についても訴えています。

この裁判を伝え聞いたさだまさしさんはこのようにコメントしています。

 法律で心を裁くには限界がある。
 今回、実刑判決で決着がついたのではなく、
 心の部分の反省を促したのではないでしょうか。

 この歌の若者は命がけで謝罪したんです。
 人の命を奪ったことに対する誠実な謝罪こそ大切。
 裁判長はそのことを2人に訴えたかったのでは


被害者の兄は閉廷後会見でこう言っています。

 裁判長に遺族の思いを酌んでいただいた。
 彼らも判決を肝に銘じて、しっかり歩んでほしい。




「 償 い 」 

月末になると
ゆうちゃんは薄い給料袋の封も切らずに
必ず横町の角にある郵便局へとび込んでゆくのだった
仲間はそんな彼をみて
みんな貯金が趣味のしみったれた奴だと
飲んだ勢いで嘲笑っても

ゆうちゃんはニコニコ笑うばかり
僕だけが知っているのだ
彼はここへ来る前にたった一度だけ
たった一度だけ哀しい誤ちを犯してしまったのだ

配達帰りの雨の夜
横断歩道の人影に
ブレーキが間にあわなかった
彼はその日とても疲れてた

人殺し あんたを許さないと 彼をののしった
被害者の奥さんの涙の足元で
彼はひたすら大声で泣きながら
ただ頭を床にこすりつけるだけだった

それから彼は人が変わった 何もかも
忘れて 働いて 働いて
償いきれるはずもないが せめてもと
毎月あの人に仕送りをしている

今日ゆうちゃんが僕の部屋へ
泣きながら走り込んで来た
しゃくりあげながら
彼は一通の手紙を抱きしめていた

それは事件から数えてようやく七年目に初めて
あの奥さんから初めて彼宛に届いた便り
「ありがとう あなたの優しい気持ちは
 とてもよくわかりました
 だから どうぞ送金はやめて下さい
 あなたの文字を見る度に
 主人を思い出して辛いのです
 あなたの気持ちはわかるけど
 それよりどうかもう
 あなたご自身の人生を
もとに戻してあげて欲しい」

手紙の中身はどうでもよかった それよりも
償いきれるはずもない あの人から
返事が来たのが ありがたくて ありがたくて
ありがたくて ありがたくて ありがたくて
神様って 思わず僕は叫んでいた

彼は許されたと思っていいのですか
来月も郵便局へ通うはずの
やさしい人を許してくれて ありがとう

人間って哀しいね だってみんなやさしい
それが傷つけあって かばいあって
何だかもらい泣きの涙が とまらなくて
とまらなくて とまらなくて とまらなくて


作詩・作曲:さだまさし






現在は刑期を終えたであろう少年たちが、成人して、どのように過ごしているでしょうか。
もしもあの時この歌を聞き、心に届いたとしたら、きっとこれから、大変なことがあったとしても、大丈夫でしょう。

人の生命というのは貴いというけれど、だから命の償いは、本当は何をもってもできないのでしょう。
取り返しがつかない、その価値に気づくだけでも、素晴らしいことです。



今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:注意雪道 −ジョビ男くんの巻−
by (C)芥川千景さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います



「私は死にかかっている」、ウクライナのデモ支援者がツイート


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています



posted by kuri-ma at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ♪歌の心(音楽と歌詞) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月21日

五輪を作り出す空気はどこから来る?! ・・・浅田真央、FS神業の最高演技に感動して・・・


オレガノ♪


寄り添っていれば
空気が言葉の代わりになる…


大脇 喜美子



昨日、浅田真央選手について書きましたが、フリーで完璧な演技をしましたので、また、書かなければなりませんね。

昨日は、私も含め多くの人が、真央ちゃんの失敗を心痛く感じていたでしょうし、私も自らの反省もしました。
あの時、SPで流れていた重い空気というのは、真央ちゃんの責任だけ、とはいえません。応援している日本人、世界からの視線というのが、ああいう結果になったのかなと思うのです。
彼女の集中を妨げ、重圧を与える、それは私たちが無意識に送ってしまったものかもしれません。

そしてフリーでは、本当にがんばってほしい、出せる力を発揮してほしい、心からの応援が、目に見える会場からも、見えない日本や世界中からも、念として送られていたのに違いありません。
深夜にもかかわらず、瞬間最高視聴率が19.5%とのこと。私だけではなく、多くの人が見守ったのでしょう。

それが真央ちゃんを後押しし、彼女の覚悟と、今までの努力が実ることとなりました。

そして、SPの失敗では、精神的に弱いんじゃないかとか、囁かれていた陰口や、失望や幻滅感を払拭して余りある、素晴らしい結果を残してくれました。本当に素晴らしいです。

すべてを投げ出してしまいたくなるような状況だったと思うのに、これまでで最高の演技をしてくる、これはなかなかできることではありません。
今回メダルは取れなかったけれど、こういうことができる人ですから、これからを見たいですし、もっと幸せになってほしいです。

さて、昨日、(日本選手の)メダル獲得の場面は大体テレビ観戦している、みたいに言いましたが、今日は、意識していたにもかかわらず、フリースタイルスキー・ハーフパイプ(HP)は、眠ってしまって見られませんでした(笑)。
よく考えたら、複合の渡部選手の銀も録画で見ましたし、ジャンプ団体の銅も後から見たかも。
リアルタイムで見たものは、最初のメダルであるスノーボード男子HPの銀銅、先日のスノーボード 女子パラレル大回転の竹内選手の快挙などは、予期せずに興奮させていただきました。
日本選手の活躍を逃さず放送してくれることも、ありがたいですね。

ただ、くまなく見ているわけではないのに、なぜか感動の場面を共有していることが多いので、何か予感のように知らせるものがあるのかと、不思議に感じています。

五輪というのは、目に見えないものが働きやすいといいますが、どうも霊界の人々も注目しているような気がします。
だって、真央ちゃんの亡くなったお母さんが、見ていないはずはないでしょう。

きっと、8個のジャンプをすべて飛んだのは、彼女のがんばりプラス見えない応援団の存在があったのだ、と私は考えています。

五輪の空気を作るものは、もちろん一番はアスリートたちの、競技、演技の内容で大半は占められています。
また彼らの汗や努力、熱い思いや涙、またスタッフ、チームの一体感、そして会場で応援する観衆の声援、こういった目に見えたものも大きいことは確かです。
そして、遠く離れていても、熱い応援、祈りは距離を越えて伝わるのでしょう。

そうであるなら、目に見えない、霊界の人々の思いも、私たちの思いと合わさって、五輪の空気を作っているに違いありません。






今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:オレガノ♪
by (C)ヨマさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います

冒頭の素敵な言葉は、御本人に了解を得て掲載しました。
敬称抜きで失礼致します




◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています



posted by kuri-ma at 13:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月20日

驚きの赤ちゃん特集?! ・・・浅田真央SPまさかの16位・・・に思うこと


雪が降ってきた。


赤ちゃん関連の記事があり、これは、ふむふむ、その通りといえる内容でもあったので、2つほど紹介しておきます。

一つ目は、母乳は赤ちゃんの性別で成分や量が違う、というものです。
大雑把にいえば、男の子は栄養価の高い濃い母乳、女の子は薄くて量が多いということです。

また、それは妊娠中から準備が始まっているといいます。
これは、きっとその通りであると、思います。
私の場合も、妊娠中、性別の違いによって、嗜好がまるで変わってしまいました。これは、体が赤ちゃんのために準備するからだったと思えば納得です。

出産後はそんなデリケートなことはありませんでしたが、確かに娘の時は、すぐ上の次男も一緒に飲んでいましたから、量は多かったはずです。


もう一つ、親子の情関係が、恋愛や結婚生活に影響を与えるというものです。

親に十分愛されたという満足感がある人、親との関係のよい人は、質のよい恋愛ができ、うつになるリスクも低いというのです。
その親子関係も、赤ちゃんからの情関係が一番影響するといいます。

赤ちゃんの時に、なんらかの原因で、親が関われなかったりした場合、幼児のうちに、更には思春期前のうちに、それでもできなければ、大きくなってからでも、愛情を埋めるようにしてあげなければなりません。

そうしないと、恋愛をする年に突入してしまい、人を愛するよりは、愛情を求める、円満な恋愛には成りにくくなります。
最近のストーカー問題を見ていると、人格的に幼稚で成熟していないというのを感じます。


いい恋愛したい人必見!赤ちゃんと親との関係は「恋人の関係」と同じ


子の性別により違う母乳の成分、その理由は?


人生初の競争? オランダで赤ちゃんハイハイレース



全然話は変わりますが、女子フィギアスケートの話です。浅田真央選手が、SPでまさかの16位となりました。
五輪の独特の雰囲気、緊張も半端ではないものがあったでしょう。

実は彼女は団体戦の時の失敗をまだ引きずっていたようです。
調子がいい、調子がいいと言われているにも関わらず、本人の思いが、切り替え切れていなくて、すっきりしないまま、直前の選手がノーミスで高い得点を出したその雰囲気もあって、すべてが悪い方にいってしまったということのようです。

私は不思議なことに、今回、日本選手がメダルを取るような時は、必ずテレビを観戦しているのですが、特に男子のフィギアは、何がなんでも見たいという思いがしていました。

ところが、この女子フィギアはあまり見たいという気がしない、というのか、みんなが騒いではいるのだけれど、あまりパーッとしない雰囲気を感じていました。(ある種の予感?!)

雰囲気というのは霊界に通じるものです。
霊というのは、心とシンクロするものですから、ようするに、人の思いが雰囲気に表れるのです。

今回の真央ちゃんは、なんか暗い、というか重いものを感じて、仕方がなかったのです。
目は心の窓、といいますが、その目の色や表情に表れていたものが、あったような気がします。

彼女はこの4年の間にお母さんを亡くしていますし、精神的な拠り所がなかったのでしょうか。
いつも、がんばり過ぎるくらいがんばってしまうけれど、実は限界だったのではないか、とも思います。

それにしても、本当にみんなが注目しすぎでした、マスコミの方々も。かわいそうですよ。
SPを滑り終えて、茫然自失の彼女にインタビューを求めるのも、通常の流れだとしても、むごいことだと思いました。必ず声をもらわなくてもいいじゃない、と思ってしまいます。痛すぎました。

まだフリーの演技を残していますが、周囲の声に惑わされずに、伸び伸びと自分を出し切ってもらいたいと思うのです。

浅田真央、女子SPでまさかの16位 ソチ五輪



今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:雪が降ってきた。
by (C)芥川千景さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います



◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています


posted by kuri-ma at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 生命と赤ちゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする