さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2014年01月19日

「神さまっているんでしょうか?!」 そして、幽霊は?! 私がまだ神様を知らなかった頃…  ★児童への性的虐待で2年間に400人が聖職失う、バチカンが公表

◆◇神様って
いるんでしょうか◇◆
平和な朝。


海外に出ると、「あなたの宗教はなんですか?」と聞かれることが多いのは本当です。
宗教を持っているのは当たり前なので、持っている人だと安心するようです。ある意味、宗教がない人は信頼がないのかもしれません。

下にあげたニュース(宗教信者は無神論者を信用できない、カナダ研究)の内容は、宗教者の偏見と見られる結果かもしれないのですが、よかれあしかれ、そう感じるのが嘘偽りがない思いなんでしょうね。

宗教を持つ人の立場から考えてみれば、何かを信じられない人を、無条件に信頼に足ると判断はできないのかもしれません。

このブログ「幽霊っているんでしょうか」は、見えない世界、霊的な存在や魂、そして神さまについて知らせていくものにしたいという動機で出発しました。

毎日記事をあげるのは、私の神さまに対する約束です。時には霊的なものとはあまり関係ないような記事もありますが…。


幽霊っているんでしょうか?それはYESです。

生きている私たちがすでに、目に見える体とともに、目に見えない魂をもっています。つまり、霊的な存在でもあるのです。「幽霊」と同じような要素を持ち合わせているということです。

私たちにとって、魂を美しく輝かせ大きく成長させていくことが、とても大切なのですが、実はそのために一番大切なのが、神さまとの関わりということになるのです。

神さまっているんでしょうか?
これも結論を言えばYESです。

幽霊についても、神様についても、その存在すら否定する人が多くいることを私は知っています。

私もかつては、深く知らないにも関わらず、無神論者の端くれでした。
本当に何も知らなかったのに、感情論で、いるはずがないと考えていました。宗教がいやだから、というのもひとつの理由だったかもしれません。

どうしてそう考えたかといえば、食わず嫌いというのがありますが、まさしく、それです。

また、神様がいようがいまいが、私にはあまり関係のないことに感じていたからだと思うのです。
若い頃の私は今よりももっと自己中で偏った考えをしていました。とても純粋で素直な反面、自分で偏っているとも思えなかったのですね。目に入るものが限られていて、一面的な捉え方しかできませんでした。

かつての私のように、宗教に偏見のある人もおられることでしょう。
しかし、神様の存在を信じることは、なんらかの宗教に所属しなくてもできることです。

私からの提案ですが、ない、ないと意固地にならずに、一旦、神さまも霊界もあると受け入れてみたらどうかと思うのです。
ある、という前提で、3年過ごしてみてください!
3年が無理でも、1ヵ月、1週間だけでもお試ししてみても、損はありません。

一旦、神さまを受け入れてしまうと、世の中がすべて自然に思えてきます。無理にいないと考える必要はなかったな、と思うでしょう。
ないと言って見もしない人には、神様も先祖も教えてあげることができないのです。

例えば、誰も親がいない人はいないわけで、親は死んだも同じ、だとか、関係ないとかつれないことはいくらでも言えますが、切りたくても血筋は切れないし、親から生まれた事実は変えようがありません。

神さまに恨み言を言ったり、「神さまがいるならどうしてこんな世の中なんだ」と言ってみたところで、神さまがいないことにはならないのです。

神さまは見えないから、いないというのも理由にはなりません。

私の場合を言えば、神さまに語りかけるようになってから、すべてが変わってきました。
小説や詩などの作品、日々のブログに関するインスピレーションも、神様からのものです。この体験はわたしにはとても貴重なものです。
その人だけにしか分からない方法で、求める人には神さまを感じられるようになっていると思うのです。


日本人は、神さまから遠い民族ではあるかと思います。
その代わり先祖とか霊的なものには関心が高いのではないでしょうか。

日本のいわゆる神道の神さまは、私たちの先祖の先祖のようなものです。神々であって、本当の神さまではありません。
でも、そこからでも神さまの一旦は知ることができます。

霊能者好きの人種も日本人には多いようです。
霊的な能力というのは個人差がありますが、その人の人格や考え方に応じて、適応する霊というのが決まりますから、必ずしも高尚な霊のことがわかる霊能者ばかりではありません。その点は注意してくださいね。

霊能者や占い師などが知ることができるのは、神さまが司る世界のほんの一端にすぎません。
霊界も神さまが司っているとして、様々に担当する霊(なんとかの神と呼んでいる場合もあるでしょう。)の影響するほんの一部しか分からなかったりします。

宗教というのは、神さまや霊界のことを担当するのですが、それぞれの宗教がちょっとずつ被りながらも、全部のことをわかっている宗教があるのかどうか…。
宗教にも低級なものから高級なものがあるようで、程度が高いものほど、人の精神や人格の向上を図ると共に、人に奉仕したり、犠牲的な生き方を奨励するようです。


じゃあ、何が私たちの魂にとって必要なのでしょうか。

この内容について、話しているのが、「神様っているんでしょうか」のシリーズです。
進みが遅くて、まだ未完のシリーズではありますが、いろんな人に、読んでいただいています。
今日から時々、再編集してお伝えしていこうと思います。

霊界(あの世)とは具体的にどんな世界なのか。天国とか地獄とかいわれるのは、どんな人がいくところなのか、ということ。
じゃあ、あの世での暮らしをよりよくするためには、今私たちはどんな生き方をしたらいいのか、ということまで。
それを通して、霊界や魂、神さまについての説明にもなるはずです。

幽霊っているんでしょうか?神さまっているんでしょうか?
答えはYESですが、どうしてなのか、それについて、いよいよ明らかにすべきだなぁと感じるのです。


今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
写真は:平和な朝。
by (C)芥川千景さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


児童への性的虐待で2年間に400人が聖職失う、バチカンが公表







◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています


2014年01月18日

日韓問題のこじれの根はどこに?! 「誹謗中傷を繰り返す韓国人達へ」という動画へのメッセージ  ★インド閣僚の妻、夫の不倫を暴露した後にホテルで死亡


今季初ルリ♂


今日は、日韓問題です。
どうして、このように、こじれてしまっているのでしょうか。

これは歴史問題が絡んでくる複雑な状況であって、特に戦中の問題、また戦後の後処理の問題が根にあるようです。

心ある人たちの間では、東京裁判の真実などについて知る機会が増え、その情報が広がっていきつつありますが、大方のマスコミでは、取り上げられることすらありません。

昨晩、愛国心あふれる若い日本女性の動画を見ました(↓)。流暢な英語で、語られる内容は終始うなづけるものであり、よく言ってくれたという爽快感もある、天晴れなものでした。

ただし、韓国の反日派に語っても受け入れないだろうという点、また、言いすぎかなという点など、話すスタンス、ターゲットについて等々お伝えしたいと思いました。
コメントでは収まりそうにありませんので、ブログ記事にして、お話します。





Yokoさん、私はあなたの語られた内容、全てにおいて理解し、その通りだと思います。間違ったことは何一つないし、理路整然とし、最後は多少感情がこもった話し方ではありますが、それは義憤と情熱ゆえであるだろうし、私には完全に理解できるものです。私はあなたのサイドです。

韓国人に向けて話しておられますが、きっと心ある韓国人の中には若い有能な日本女性が話す内容を、理解して共感してくれる人もいることでしょう。

ただし、あなたが話しておられる相手、反日派、嫌日派の人たちの心に届くものではない、というのは、はっきりしています。

それだけでなく、あなたが言った内容は全て正論ではありますが、韓国人の方にとっては、繊細な問題でもあり、感情的には理解しがたいものがあるのではないでしょうか。

まず、一つ目のお節介な忠告としては、あなたに対する嫌がらせ、誹謗中傷は許せないものであるかもしれませんが、彼らの誤りを指摘するにしても、彼らに向かって話すのは止めた方がよい、ということです。

彼らはあなたが、100%正しいことを言っていたとしても、それを受け入れることはないでしょう。対話にならないのです。

批判に批判で答えたら、その人たちと同じレベルに下がらざるを得なくなります。私もやってみたことがありますが、不毛な努力であり、程度の低いことで感情を引き下げられるだけです。

言われたら言い返したい思いは十分理解できますが、あなたは正しいのですから、それを分かる人たちにもっと、日本の正しい内容を伝えていく、より前向きな方法がよいと思います。
相手をこき下ろすのは、上品とはいえません。
正攻法でいきましょう。

相手の弱点を突き、誘導し、夜襲するそういうことは、勝ち目がない人たちの、手口です。
彼らは、自分たちの卑怯さをある意味分かっているのですが、勝つためには手段を選ぶつもりは最初からないのです。確信犯です。

あなたは賢いのでよく知っていると思いますが、反日派の人たちの背後には、日本をいろんな形で弱めようとする中国などの勢力があるのです。うまく扇動する人たちです。
ですから、日本に恨みを持つ人々は、彼らに利用されているのです。

反日派に反応すれば、そういう背後の人たちの思う壺です。もともと韓国や日本の利益を考えるはずのない人たちですから、めちゃくちゃにするのです。
ですから、反日派にかみつかれても、下手に反応しない方がよいと思うのです。

今回のこの動画については、もう発してしまったものですし、彼らにギャフンと言わせられたかも知れない、ということで効果も大いにあったと思うのですが、今後は少し心に置いてみてください。


あなたの語り口は、とても真っ直ぐです、真実を伝えるその姿勢には、きっと人々が共感し、胸を打つことでしょう。

反日派をターゲットにしないということは、韓国、日本、世界の人をターゲットにしたらよい、と思うのです。真実を真摯に語れば、多くの人の心を動かすでしょう。

しかし、大半の人たちは、心はあっても、真実は知りません。そのような情報も制限されています。それどころか、間違った情報を正しいと思い込ませられています。
また、特に韓国の人たちは、歴史的な観点でしこりをもった当事者ですから、いろんな感情的な問題が存在するのです。

もう一つの忠告、それは話す姿勢、動機に関わるものです。

何度も言うように、あなたの言ったことは、正論です。間違ってはいないのですが、日本に恨みを持つ人たち、恨みはなくても悲しい事実だと思っている人たちにとっては、感情を逆なでするものがあったかと思います。

日本が韓国に対して、道路や学校や多くのものを整備してあげ、教育し、どれだけよいことをしてあげたのだとしても、一部の日本人が、韓国人を馬鹿にし、高圧的に接し、酷いことをしたとすれば、それが日本への恨みになっているのです。

従軍慰安婦の問題に関しても、すべてが反日派のでっちあげであり、契約し納得済の売春婦たちだけだったのではないようです。
人身売買のように村々を回った場合もあったようですし、中にはもっと酷い方法で、強制的にという人も実際にあるようです。

20年もの間、元慰安婦たちの許にボランティアで慰問に行っていた人を実際に知っていますが、普通の娘さんが、そのような目に遭い、生き残って帰韓しても、恥ずかしくて親元にも帰れなかった、そういう人たちとも、おられるということです。

当人や、身内がそういう目に遭えば、日本を恨むなと言っても無理な話ではないでしょうか。
そういう犠牲者は口を閉ざしたまま亡くなっていっていますが、無念な思いは残されています。

表に立っている人だけを見ていては、理解できないでしょう。

Yokoさんは、もちろん個人的に韓国人に恨まれるようなことは何もしていなく、もうこんなに年月が過ぎ、賠償もすんでいるといっても、そのように割り切れるものではないということです。
それが同胞愛に篤い韓国人たちの胸の中には残されているのです。

私たちは日本人であり、実際、韓国に行けば、いまだに日本人というだけで嫌う高齢者がいると聞きます。それは、逆恨みも含めて、具体的な日本への恨みです。

恨むのは筋違い、もうこの問題は終わっている、フェアにしましょう、というのは、日本人の立場からはこの場合、言ってはいけないことではないでしょうか。
「日本のお金がほしいでしょう」という言葉も、もちろんその通りなのですが、持つものの高慢さに聞こえます。

感覚的に理解できるように話せば、あるいいところのお坊ちゃんが、金にものを言わせ、ある貧しい清純な若い女性を手篭めにしたとします。それどころか、その後、彼女を捨ててしまったとします。手切れ金も渡したし、もう大人の関係だからと言ったとして、その女性の気持ちは納得するでしょうか。

または凶悪犯の娘が、自分のしたことではないといって、被害者にしゃあしゃあと何を言えるかというのと同じです。

私たちはこの場合当事者なので、もういい加減勘弁してほしいと思っても、相手をジャッジすることはできませんね。フェアに行こうよ、と訴えることくらいはできても、裁判官にはなれません。

これは兄弟けんかのようなもの。あっちが悪いこっちが悪い、と言っているうちは、解決のしようがありません。
仲裁してくれる親のような存在がいるか、どちらかが大人になって許してあげ、誠実に接していくしかないのではないでしょうか。

国際的に、仲介してくれる人がほしいですが、米国にしても歴史的な問題があるのですから、なかなか難しいですね。

真実を訴え、心ある人たちを少しずつ味方につけるしかない、ということになります。

ですから、Yokoさんの英語力、才知、真実を追究する真っ直ぐな思いを、今後は、もっと広い視野に立ち、更に賢く使っていって頂きたい、と心から願っています。



今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:今季初ルリ♂
by (C)芥川千景さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


インド閣僚の妻、夫の不倫を暴露した後にホテルで死亡


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています



2014年01月17日

ジーコ、父から学んだこと、母に守られたこと?!  ★マンU、香川


ミーティング。


神からの賜物を、
 ものにするかしないかは
 自分次第だ。


ジーコ



作家の神渡良平先生がインタビューしたジーコの両親の話。

今、「神から授かった賜物を少年たちに返したい」とサッカースクールを全国に開いて教えているということですが、このような生き方もすべて、両親の影響があるのでしょう。



ジーコが語る『家族の尊さ』

  ジーコは1953年3月3日、
  リオデジャネイロの北、
  車で1時間のところにある
  キンキーノ地区で、
  6人兄弟の末っ子として生まれ育ち、
  家に面した石畳の
  ルシンダ・バルボーザ通りで
  いつもサッカーに興じていた。

  父は貧しい仕立て屋だったが、
  がんばって子どもたちを
  大学まで出した。
  それはブラジルでは
  非常に稀なことだが、
  やり遂げた。
  ジーコも学業だけは続けろと
  厳しく言い付けられた。
  子どもが多いので寝る場所がなく、
  ジーコはいつもリビングルームの
  ソファに寝ていたという。
 
  貧しかったけれども、
  最高に温かい家庭だった。

  ジーコの父は86年、
  ジーコが33歳のとき、
  84歳で亡くなった。


 「ぼくが最も影響を受けたのは
  父親です」
  と言ってはばからないジーコは、
  父親の思い出をこう語る。

「子どものしつけには非常に厳しく、
 誰かが母に口答えしょうものなら、
 全員一列に並ばされ、
 1人ひとりベルトでぶたれたものです。
 あの貧しさで子どもたちを
 大学まで出したということは、
 並々ならぬ信念だったと思います。

 ぼくはそんな
 父の背中を見て育ちました。
 ぼくに忍耐強さがあるとすれば、
 それはまさしく父親譲りです。

 今ぼくも父親になってみて、
 いっそう父親のすごさがわかります。

 ぼくはサッカー選手として
 成功した姿を父に見せることが
 できて幸せでした」


 母親は倫理観の強い人であったらしい。
 ジーコはどの本にも書いていないことを
  語ってくれた。

 「ブラジルでは大家族は
  どこでもお手伝いさんを雇います。
  だから息子が
  若いお手伝いさんにちょっかいを出して、
  妊娠させてしまうということが
  よくみるんです。
  性の誘惑は少年を駄目にしてしまいます。
  母はそれを恐れたのでしょうか。
  一切お手伝いさんを雇わず、
  炊事、洗濯、掃除、
  すべて自分で切り盛りしていました。
  素晴らしい母でした。

  80歳の今も元気で、
  孫の世話をしてくれています」


  ジーコは現在、
  ブラジル国内に7か所の
  ジーコ・サッカースクールを開設し、
  3000名を超す少年たちに
  サッカーを教えている。
  神から授かった賜物を
  少年たちに返したいからだという。

 「ぼくはサッカーによって、
 『神からの賜物を、
  ものにするかしないかは自分自身だ』
  ということを学びました。

  だから少年たちにサッカーによって、
  自分の弱さに勝つことの大切さを
  伝えることができるのではないか
  と思っています」

  ジーコのサッカーに賭ける夢は大きい。
  その成功を祈れずにはおれない。

「わがサッカー哲学を語る」
ジーコ氏インタビュー
 神渡良平(作家)
「致知」1992年12月号(2013年12月号)



お父さんもすごいけれど、お母さんもすごい。
お母さんの話は神渡先生だから引き出せた内容かもしれません。

親として子どもを、どのように育てるのか。何が大切なのか。

愛と性の問題は、何よりも特別に大切なことです。
そうなったらいいなぁでうまくいくものではありません。
開放的なラテン民族の中で、それを守っていけたのは、お母さんの祈りがあったんでしょうね。


今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:ミーティング。
by (C)芥川千景さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


香川、定位置確保に向け「フィジカルの強化が必要」

助監督は、香川について「頭が良く、創造性豊かな選手で、
周囲の選手の良いプレーを引き出すことができる」と語っている。

「さまざまな場所に顔を出し、
ボールをほとんど失わず、
反転してゴールにへ向かう力もある。
あの頭の良さと創造性は素晴らしい」

「それにシンジは好青年だ。
ユーモアのセンスたっぷりで、とても勤勉だ。
あれだけの素晴らしいプロフェッショナルであれば
何も問題はない」


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています