さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2014年01月31日

激動の2014年を乗り切るのは本物となること?! 《甲午の年回り》  ★2014年は「暴れ馬」の年?風水師ら警告


漂流中。


「甲午(きのえ・うま)」の年回り、
何かと小さいことにこだわったり、
内紛が起きそうな時であるからこそ、
本物になっていかなければなりません。



2014年は「暴れ馬」の年?風水師ら警告◇


本日は陰暦の1月1日、旧正月となります。
明けましておめでとうございます。

本格的に、2014年も始まりました。今年は「甲午(きのえ・うま)」の年回りに当たり、いろんな占い師さんたちが言われている通り、激動の年となりそうです。

これは風水の陰陽五行に基づいて言っているものであり、風水は元々宇宙の法則をまとめたもの、極めて科学的なものですので、当たった、外れた、という次元のものではありません。そのような流れであるということを教えてくれているのです。

昨年の年回りについても、何度も記事にあげましたが、新しく始まる年でした。いろんなものが新しく発足したり、即位の多い年回りでした。

そして、今年は何かというと、従来のものに対して突き上げてくる勢力の反乱が多くなる年です。ですから、近隣との闘いもありますが、国の中、内紛がすごく多くなっていますが、今後まだまだあるでしょう。

昨年は、バチカンも新法王を迎えました。
日本政府も安倍政権の2年目となる年です。
韓国、北朝鮮、中国もそうですね。オバマ大統領も、2期目の2年目となり、いろいろ打たれることがあるかもしれません。

2年目というのは、試練の多い年なのです。
そういう試練を乗り切れるかどうかは、本物かどうかで決まります。

北朝鮮の金正恩はどうでしょう。いろんな専門家の話を聞く中で、私は、今年、来年くらいには失脚するのではないか、と見ています。このままいけば、ですが。

日本は、アジアの中でも世界の中でも、とても重要な立場の国です。

今、韓国や中国に領土問題でめちゃくちゃに言われていますが、これをどう治めるかで、日本のハラが示せるかどうかの大切な時期に来ています。
この領土問題に絡み、日本の内部からも内紛がおきそうな様相です。
自分の利益だとか、立場とか、面子とか、そういうもので動くのではなく、また日本、一国のためだけに動くのではなく、いかにアジアのために、世界のために、よい働きができるかどうか、すごく微妙で大変な立場であるし、時期であると思うのです。

本物かどうか、というのは、自国や個人のために動くのではなく、もっとも正しいこと、宇宙の法則、神様の願うことは何かと、追求することに通じます。
本物は、美しいのです。


この旧正月の朝に、我が家では早くも衝突がありました(笑)。

それは以前からの利害関係、『こいつ、気に入らない』『うざい』という状況が、噴出すように表れた結果です。
ようするに兄妹げんかです。
うちは男3人、女1人ですが、考え方、趣味趣向の異なる異人種が同居しているのですから、ケンカにもなります。

親の立場から見れば、どっちが悪くても大差ないわけです。許してあげたらいい、と思うのですが、当人同士は熱くなっていますから、絶対に嫌なわけです。
しかし、見ていると、いつもやられっぱなしの、紅一点の長女も、こんだけやられたら、いまに反乱を起こすぞ、という感じなのです。

我が家にも、「甲午(きのえ・うま)」の運気はムンムンと立ちこめているということを、早くも感じてしまいました(笑)。

そんな子どもたちを見ていて、つくづく、ハラがないなぁ、と思うのです。だんだん口だけ達者になってきますが、器はまだちっちゃい子どものまま。

この兄弟げんかを治める親こそ、大変です。
みんなが、親のように子どもたちの誰もをかわいいと思い、愛していれば、ケンカになどなりません。

象の尻尾だけを見たり、耳、や鼻や、大きな胴体だけを見て主張しあうのは、それぞれは正しくてもそれまでの話。馬鹿らしいです。全体の体を見られるようになりたいものです。

木の上に立って見ている、というのが「親」という漢字の成り立ちだといいますが、ちょっと高いところから、ズームを引いて、自分だけの主張を少し抑えて、全体のこと、未来のことを見て、譲り合うのが大人かと思います。

また、親のように全ての兄弟を愛していけば、足りないことは補ってあげ、助けてあげ、過ちも「ごめんね」「いいよ」で解決できるのではないか、と思うのです。


「甲午(きのえ・うま)」の年回り、何かと小さいことにこだわったり、内紛が起きそうな時であるからこそ、本物になっていかなければと、今日提案しました。

本物というのは、正しく美しいものかなぁと思います。
本物になるためには、象の全体を見られること、そして親の愛で行動できるかどうか、これが大きいと思うのです。

本物というのは、宇宙の法則や、神様の願いに沿って、愛情ある、ハラのある行動をしていきますので、結果として、本物は神様が守り、宇宙が守るのです。

この機に乗じて、うまく、せこく動くことは、いい結果はないでしょう。

ですから、安倍政権も、きっと本物であるというハラを見せて頂きたいし、金正恩さん、オバマさんも、韓国のパク・クネさんにしても、受ける試練を、どう乗り切るかで、本物かどうかの分かれ道があると思うのです。

「甲午(きのえ・うま)」については、また機会があれば、お話します。


今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:漂流中。
by (C)芥川千景さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います



◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています



2014年01月30日

なぜ霊界を知る必要があるの? 幸運の女神を呼び寄せるためには?! 《 霊界ってあるんでしょうか2》  ★「真の愛」だけが外せるブラジャー、日本のブランドから登場

◆◇霊界って
あるんでしょうか2014◇◆
嬉々として。


大好きなお祖母ちゃんのために、
私たちができる最大の供養は、
私たちが本当の意味で幸せになること




今日は、なぜ霊界を知る必要があるのか?というお話です。

そもそも、霊界なんてあるはずがない、と思っている人もいるでしょうし、半信半疑で、私の述べる内容も「本当かわからない」と思っている方もきっといるでしょうね。
嘘を言っても、私の得にはいっさいならないのですが…。

私自身、霊的な感性の皆無な人間ではないので、今考えればいろんな霊的現象があったにも関わらず、以前は霊界を信じてはいませんでした。少なくとも懐疑的でした。

それはなぜかと考えてみると、世の中でそんな風に言われているからであり、学校で学ぶことの中に、霊的なことはただのSFや架空の物語の中のものだけであって、科学的ではないと、バカにするようなものがあったからだと思います。胡散臭く感じさせるものが蔓延していたからです。

このような世の中に蔓延している風潮というのも、霊的な影響だと今は思っています。
胡散臭く感じるのも私の心です。
何かわからないけれど、私の心が、そういうものを毛嫌いし、軽蔑さえしていたのです。

残念なことに、そういう思いは、私たちを、純粋に亡くなった方々を供養したり、神さまを求めることから妨げています。現代人はそういう意味では、霊的な悪影響を強く受けているという気がします。

また、私は長い期間、霊や神さまなどの話は人から信頼を受けないと感じていました。
今でもその思いが抜けないので、このようなブログを開いているにも拘わらず、腰がひけてしまうようなところがあるのです。

それでも霊界について話そうと思います。

霊界を知るということは、私たちが学校教育で得ること、本やネットなどの情報を通して知ったり、カルチャーセンターで身につけること、役立ちそうなノウハウ…そんな様々なものより、ずっと価値があると思うからです。

霊界を知ることは、もちろん私たちが死後、霊としてあの世で生活することになる時に必要な知識ですが、それと同時に、私たちの生きる、この人生を幸福にするための貴重な知識になるのです。


幸せになること、もちろんそのために私たちは、お金を使い、時間を使い、いろんな情報収集をしているわけです。そして、努力を傾けているのではないでしょうか。

私たちの前向きな心がけ、そしてあきらめず努力すること、これも幸せになるためには必要ですが、それだけでは幸せになれるとは限りません。

結論を言えば、霊界と神さまを知ることに尽きるのです。

霊界を知れば、私たちの魂(=霊)を高めることが、霊界ライフをよりよく過ごすための準備となり、この世の生き方を幸せに導くことにもなるというわけです。
しかし、簡単に幸せにはなれないようです。

何をするかが、必ずしも私たちの魂の糧になるわけではありません。
良いことをすればいいというわけではなく、どんな心持ちでしたか、ということが問題になるのです。

私たちの人生では、素晴らしいと思われていた人が、あの世でもそのままの世界に行けるわけではないということです。
心を隠してうまく立ち回るというのは、あの世では無理なようです。本性が露わになってしまう所だというのですから。

私たちが幸せになるためには、神さまと霊界を知って、魂を育てる人生を送ることです。
幸せになるためには、まっとうに、そして人をも幸せにするような愛の生活が必要になんですね。

正しい生き方をする、自然・宇宙の法則に従って生きる、とこのように、この世の中で成功した人の哲学は素晴らしいものがあります。
正しい生き方、大自然、宇宙の真ん中に神様をもってくれば、とても理解しやすいのです。


にも拘わらず、私たちの人生には、まっとうに生きていたとしても不幸な出来事が起こってしまうことが往々にしてあります。
幸せになるのを妨げる力、不幸に引っ張っていく力が存在するようです。

残念ながら、それは平等に働くのではないようです。人によって違うようなのですが、いずれにしても、幸せに導く力も、不幸に引きずり込もうとする力も、共に霊的な影響なのです。

つまりは神様もいるけれど、魔と呼ばれる存在もあります。
ともすれば、神様や善霊の影響より、魔や悪霊・雑霊というものの影響を受けやすい私たちのようです。

ですから、一気に解決するのは簡単ではないかもしれませんが、霊的な影響を変える方法も、確かにあります。

私たちは、どうもこの世での生き方が身についてしまい、癖になってしまっていますから、正直にそして思いやりをもって生きるというのとは、違う生き方になっている場合も多いでしょう。

霊界では自分の本性が丸出しになり、さらに「愛」を呼吸するのが天国なので、自分のために生きてきたような人は、呼吸困難になってしまうというのです。

霊界を認めたところから、始まるものがあります。

霊界とは、自分の魂、そして先祖につながるものですね。

そして、先祖を大切にする心は、家庭で培われるのではないでしょうか。
先祖というのは、親と同じです。親孝行、お祖父ちゃん、お祖母ちゃん孝行、というのが先祖を大切にするための基本になりますから、生活自体が問題になってくるんですね。

慕わしい身内が亡くなり、霊界に行くとすれば、孝行心に篤い家族は、しっかり供養するようになるでしょう。それが苦ではなくできるでしょうし、供養が毎日の生活になっていきます。

大好きなお祖母ちゃんのために、私たちができる最大の供養は、私たちが本当の意味で幸せになることだといいます。
そして、幸せになるというのは、自分のことだけ考えていたらできないということなのではないでしょうか。

先ほど言った、努力や心がけ以外に、私たちを幸福に引っ張っていくものが、私たちの先祖や神様ということになります。(先祖が悪いと不幸に引っ張られることにもなりますが。)

幸運の女神がついている人、ツキがある人、というのは、そういう霊的なものを味方につけていると言えます。霊的なバリヤー、守り、そして導きがあるということです。
できるだけ、強力な幸運の女神を味方につけたいと思うでしょう。

そのためにも、霊界を知ることが大きな役に立つはずです。知ることで大きく生き方をプラスに変えられると請けあいますよ。
簡単ではない私たちの人生かもしれません。しかし、幸福に向いて歩けるようにと、心から願っています。


今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:嬉々として。
by (C)芥川千景さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


「真の愛」だけが外せるブラジャー、日本のブランドから登場◇

これ、開発しなくても、
当たり前のことかと…。



◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています




2014年01月29日

「去るものは追わず」…そして?! 生死に対する心構え 《 霊界ってあるんでしょうか1》  ★ニューヨークの空に浮かぶ三日月と明けの明星

◆◇霊界って
あるんでしょうか2014◇◆
2012.01.17 和泉川 アジサイ


去るものは追わず、
来るものは拒まず




「幽霊っているんでしょうか」「神さまって…」「あの世って…」と見えない存在について考えたことのある方もおられるでしょう。

身内や身近な人が亡くなることもあるでしょう。
そうすると、普段より更に身につまされるのが、人の生死のこと、そして「死んだらどうなるのか」ということですね。

私も、2年前に父を亡くしてから、ようやく本当の意味で、「人間はいつかは死ぬ」という当たり前のことを、意識できるようになった気がします。

また、数年前、伯母が亡くなった時も、従兄が一生懸命供養をしていましたが、亡くなった身内のためなら、できることはしてあげたいと思うのが、人情のようです。

でも、ハタと気づくと私たちは、あの世の仕組みも何も知らず、亡くなった人にとって何が必要なのかよくわからないというのが実際のところなのではないでしょうか。

そもそも、あの世なんてあるはずがないと思われる方もおられるでしょうが、一度あるかもしれないと思って聞いていただきたいと思います。


今日トップに持ってきた言葉は有名な故事ですね。
「去るものは追わず」というのはあきらめの言葉のように使われることが多いですが、実は後に続く「来るものは拒まず」という言葉があっての言葉でしょう。

これは本来、人の縁を示す言葉だと思いますが、人の生き死ににも通じるのではないでしょうか。

亡くなった人をいつまでも恋しがり泣いてばかりいることは、その人をあの世に送り出してあげることにならず、亡くなった方のためにも、残された人たちのためにもなりません。

時間しか慰めにならないこともある、辛い「死に別れ」というものに対しても、受容することが出発だったりします。

人の生き死にというものは、本来私たちにはままならないものです。
もちろん健康に気をつけたり、様々な努力も重要ですが、最終的には委ねなければならないものです。

だから「来るものは拒まず」という言葉がもっと重要なんでしょうね。
来るものは拒まずに受け入れる。そうすると、「去るもの」が持って行ってしまったと思った幸せが、自然にやってくるんですね。後を追いかけなくてよかった、ということになりますね。

生死で考えれば、「来るものを拒まず」という姿勢は、いずれ来る死を受け止めるということでしょうか。

あの世に去っていく人のことも追っても仕方がないように、またあの世からのお迎えも拒んでも仕方がないようです。受け止める。
それができるように、日頃から準備しておかなければいけないかなぁと思っているところです。


「霊界はあるんでしょうか」これについては以下のような骨組みでお話しています。

 「霊界ってあるんでしょうか」

1 霊界があるとしたら
   ・ 霊界を知るメリット
   ・ 霊界があるという証言
   ・ 死んだらどうなるのか

2 天国ってどんなところ?

3 地獄ってどんなところ?

4 私の行くのはどんな霊界なのか

5 亡くなった人のために、また生きている私たちのためにできること




今日の内容は、以前の記事を編集してお送りしています。今、このシリーズ本編の最新のものは、地獄止まりで、4、5の大切な内容を残したままにしてあります。この再編集の後に、締めくくっていきたいと思いますので、いましばらくお待ちくださいね。


今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は: アジサイ
by (C)ひでわくさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


ニューヨークの空に浮かぶ三日月と明けの明星



◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています