さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2013年12月26日

ふとした隙にウィルスが侵入?! 〜「鬼のかく乱」がおきる理由 《心が風邪をひく時2》  ★「天使に翼はない」、カトリック天使学者の見解


2013.12.08 和泉川 北風


大切なことを見失っている時、
心に空しさを感じます。
心を置いてきぼりにして、
体だけ動いていると、心が風邪をひきます。



「風邪は万病の元」ともいうように、こじらせたら厄介ですし、ただの風邪のように見えて、大きな病気が隠れていることもあります。



1 風邪を引き起こす心って?!
  (鬼のかく乱の原因)
 

風邪をひきやすい人って、いますよね。
なんとなくイメージ的には、打たれ弱いナイーブな人、って感じがあります。

季節の変わり目には、体調を崩しやすく、花粉症かと思っていたら、風邪だったり(その逆もあるようですが…)。

ストレスで悩んだり、気持ちが付いていかないということはありませんか?

ちょっと心が疲れていたりしませんか?

いつもなら、楽勝でこなせていたことが負担に感じてきていませんか?

自分が理解されていないとか、損な立場だと感じていませんか?

いつも、自己管理している人はあまり風邪などひかないのでしょうが、そういう人でも“ふと”ということがあるものです。
「鬼のかく乱」が起きるのはそんな時かもしれません。

ふと気持ちが緩んだ時、だらけている時、そして季節の変わり目もそうですが、急な環境の変化などがあってついていけない時、風邪をひいてしまったりします。

どんな病気もそうなのですが、風邪をひいたら、ちょっと自分を振り返ってみると、だらけていた自分がいたり、ストレスに負けていたり、気持ちが付いていかなくて…とか、思い当たることがあったりします。

先回、性格によって掛かりやすい病気や、患いやすい箇所があるお話をしました。
気持ちや考えというのは、思ったより、私たちの体に影響を与え、生活や生き方にまで作用するものだと思います。

風邪をひく時というのは、心が満たされない、心が寒い、隙間風を感じる、つまり寂しい思いがある時だったりします。

人との関係だったり、仕事だったり、いろいろでしょうが、様々なストレスをドンと来いと受け留められる時は、風邪も跳ね返してしまうのですが、後ろ向きの時は、マイナスの思いの分だけ、悪いものに付け入る隙を与えてしまいます。

疲れている時、というのもありますね。
そういう時は休息が必要ですが、まだどうしてもやらなければならないことがある場合には、いつもより気を引き締めていないと、気がついたら風邪をひいているということも…。

そして、大切なことを見失っている時、心に空しさを感じて、体に出るということもあります。
心を置いてきぼりにして、体だけ動いていると、心が風邪をひきます。



2 風邪かな、と思ったらお早めに…
  (鬼のかく乱を鎮めるために)


気持ちがついていかない、心と体がバラバラという時が、風邪をひきやすかったり、もっとタイミングが悪いと事故を起しやすくなります。

風邪で済んだのは幸いと思い、そんな時に自分をじっくり振り返ってみるとよいかもしれません。

くしゃみが一つ出たら、自分の心に問い掛けてみましょう。
ちょっと、仕事ばっかりしていないか、お金ばっかり求めてないか、愛情も時間も掛けずに、何でも買って済ませていないか?

大切な人との会話の時間、スキンシップの時間、持てていますか?

目標や夢を見失っていませんか?

「ありがとう」って、目を見て言っていますか?

「お早う」と、今日何人に笑顔で言いましたか?

できていないことを思い出したら、今から言ってみましょうか。
笑顔で挨拶、感謝の言葉。
言う相手がいなかったら、神様、仏様は喜んで聞いてくださると思いますよ。

さて、じゃあ風邪をひいてしまったら、どうやって治すのか、次回はもう少し詳しくお話しします。



今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:北風
by (C)ひでわくさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


「天使に翼はない」、カトリック天使学者の見解


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています