さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2013年12月03日

神秘の数字! 「人間と海」はつながっている?!  ★太陽活動の低下、地球への影響は?  


滲む街の灯。


人間と海には一見、なんの共通点もないようですが、切っても切れない不思議な関係があるようです。



1分間に波が押し寄せる数は18回。
これは人間の1分間の呼吸数。
また倍すると36、平均体温。
また倍すると72、平常時の心臓の脈拍数。
また倍すると144、平常の血圧の範囲内。
また倍すると288、
赤ん坊がお母さんの胎内にいる日数。
人間と海はどこか繋がっている。




宇宙の波動は、赤ちゃんの脳波の7.5Hz(ヘルツ)だということですね。とても不思議なものを感じますね。

大自然、宇宙に存在するものというのは、不思議に秩序的な法則性の中で生まれて、生きているようです。
私の頭では、計算できないような緻密な、しかし抜群なバランスの中で、地球という最高の揺りかごを用意してもらい、命を与えられている私たち人間である、と言えるかなぁと思います。

人間は、お母さんの胎中の海の中に浮かんで十月十日(とつきとおか)を過ごします。
生まれてからは、100年の時を今度は空気を吸いながら、地に足を付いて生きます。
そして、寿命が尽きたなら、そこから天使のような翼を得て、永遠の世界に旅立つのだとか。

海を宇宙に喩えたり、また宇宙と書いて、空と読ませたりしますね。
ここにも何か共通点があるのでしょうか。。。

お母さんのお胎(なか)の中で、漂っていた記憶があるから、海を求めるのでしょうか。また、いつか永遠の世界(あの世)で自由に飛べるはずなので、そんなことを夢見るのかもしれません。

私は計算は苦手な人間ですが、わずかにある直感的なセンスからすれば、海と人間とは関連があるし、宇宙と人間とも切っては切れない因果関係があると、感じないわけにはいきません。

どんなに逃れようとしても、私たちは宇宙の外には出ることができません。宇宙は限りがないのですから。
また、私たちは、この世の死からどのようにしても逃れられないのとセットで、もしも死んだなら、限りのない霊界の永遠の世界に行かないわけにはいかない、それが宇宙の法則のようです。

偉大な海、果てしない、空、宇宙…、これも神様から見たら、ほんの小さなものです。
海、空、宇宙は神様の無限の広がりを、人間に見せるためのサンプルのようなもの、なのかもしれません。



今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:滲む街の灯。
by (C)芥川千景さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います

kuri-maの参考記事
 赤ちゃんに癒されるのはなぜ?! 宇宙の波動7.5ヘルツの神秘 《赤ちゃんのニュース》

太陽活動の低下、地球への影響は?


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています


posted by kuri-ma at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 生命と赤ちゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする