さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2013年12月15日

17歳のきらめきをもう一度?! 今しかできないことをしよう  ★ゆったり「スローテレビ」が思わぬ人気、ノルウェー


17歳の誕生日を覚えていますか?

2013.12.13 和泉川 カマツカ


私の17歳というのは、きらめきの中というより、迷いや悩み、不安と自意識過剰の塊のような、しかしそれでも「箸が転んでもおかしい」年頃であったという、おぼろげな(?)記憶があります。

先日、誕生日を迎えた若い友人に、メッセージを送りました。
若者に送ったメッセージなのですが、これは人生の折り返し地点を過ぎたような私たちに対しても、同じように言えるのではないか、と思いましたので、紹介することにします。


17歳の君へ──

今日から17歳、何かができる

まだまだ17歳、と思っていたら
あっという間におじさんになってしまうけれど
一日一日、一瞬一瞬を大切に
魂に焼き付けて生きよう

きっと大人になって、思い出しても
眩しくて仕方がないような
17歳の日々を、作り上げてほしい

それは神様からのプレゼント
そして一緒に作り上げる新たな歴史。。。

今しかできない笑顔
今しかできないいたずら
今しかできない感謝
今しかできない涙の使い途
今しかできない優しさ
今しかできない絆つくり
今しかできない失敗
今しかできない跳躍。。。

17歳こっきりの特別チケット
有効期限が切れるまで
使い切って、乗り回して
たくさんスタンプを押して
自分の目で確認し、足で覚えよう 
その土の感覚 空気の匂いを
記憶していこう
それがきっと財産になる

期待しているよ!



「17歳」という言葉の響きがなんとも言えずにいいですね。
若いからできること、経験を積んだからこそできること。
今しかできないことを、いっぱいやっていきたいですね。いくつになっても、自分で体験し、記憶したことしか、魂には刻まれないでしょう。

そしてまた、自分が自分の足で歩き獲得したことは、その人のポイントであり、心の財産になることに違いありません。

私たちの寿命も長い短いといいますが、宇宙の歴史から見たら、一瞬のこと。若者、年寄りも、大差ありません。
こうして生きて、笑ったり泣いたりし、感動したり、愛おしく思ったりできることは、本当にありがたい事です。

人を愛した分だけ、人に役立つことをした分だけ、私たちの心は余裕ができ、広く深くなっていくようです。
柔軟な17歳の私の友人と、頭も体も硬くなりがちな私、体力では絶対に勝てないけれど、今しかできない体験の競争なら、張り合ってみたいですね。


今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:カマツカ
by (C)ひでわくさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


ゆったり「スローテレビ」が思わぬ人気、ノルウェー


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています



posted by kuri-ma at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月14日

死ぬ時に後悔すること、1位は「ありがとう」と言わなかったこと!  ★英ヘンリー王子が負傷兵らと南極点到達、英王室で初



トランペットツリー♪〜


「ありがとう」という言葉は、一番元気になる言葉です。
魔法の言葉ですが、言わなければその魔法の効力は発揮しようがありません。

死に際して人が後悔することの第一位は、「ありがとう」と言わなかったことだといいます。
後悔先に立たずとなる前に、たくさん「ありがとう」を伝えていきたいですね。

ありがとう。ありがとう。ありがとう。ありがとう…。


「死ぬときに後悔すること25」の著者は、終末期における緩和医療に携わる医師。
現場で見聞した、「余命いくばくもない状態で、後悔すること」をまとめたのが本書なのだ。
得られた答えは、多様でいて一様だし、複雑なようで単純だったりする。

もうすぐ自分が死ぬと分かっている人が、何を悔いているのか。
これを知ることで、わたしの人生で同じ後悔をせずにすむのだろうか。
考え考え読んで、いくつかの「先立つ後悔」を得ることができた。
後悔は後からしかできないものだが、これはわたしにとって「先悔」となるものを、ランキング形式でご紹介。

第1位 愛する人に「ありがとう」と伝えなかったこと

「ありがとう」、「すばらしい」、「素敵です」、「好きです」、「愛しています」…
人との交わりの嬉しいことやポジティブな面に目を向けて、そいつを言葉で示す。
これらはタイミングもあるが、人に対する「姿勢」のようなものではないかと考えている。
だから、こうした言葉はチャンスを捕まえて積極的に使っていきたい。
「ありがとう」が言い足りなかった人生は、後悔の連続だろう。
ありがとうは最強の言葉。
言われた人も、言う人も幸せにする魔法の言葉なのだから。

死ぬときに後悔すること25
(大津 秀一 著)
「死ぬときに後悔すること」ベスト10
わたしが知らないスゴ本は、きっとあなたが読んでいる



今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:トランペットツリー♪〜 posted by (C)ヨマさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います



英ヘンリー王子が負傷兵らと南極点到達、英王室で初


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています



2013年12月13日

祈りの効果?! 誘惑に勝ち、自制心養える! 神を信じると「うつ」によい?!  ★豪で「近親相姦農場」見つかる、先天異常の子12人保護


2013.12.10 和泉川 トキワサンザシ


祈りというのは、
私たちの良心に栄養を与えるものです。

誘惑に負けてばかりの自分が、
祈ることによって、
良心に栄養がいき充電されて、
ちょっとだけ私自身の誇れる姿に
近づくことができるのです。




祈りの効果については、何度も取り上げていますが、祈ることによって、誘惑に負けない強さが生まれ、わずかな祈りでも、自制心を取り戻すことができる、というドイツの調査結果が発表されたとのこと。

また、以前の研究で、祈りにより飲酒や不貞行為が減ることは既に判明しているのだそう。

もちろん自制心のために祈るわけではないのですが、神を信じ普段から祈る人は、様々な誘惑に惑わされず、自分をコントロールできやすいのではないでしょうか。

祈りというのは、私たちの良心に栄養を与えるものです。

誰にでも良心はあるのですが、普段から良心の声を聞いている人と、そうでない人といますね。
祈りによって、深いところで眠ったようになっていた私たちの良心も目覚め、活力を得ます。

誘惑に負けてばかりの自分が、祈ることによって、良心に栄養がいき充電されて、ちょっとだけ私自身の誇れる姿に近づくことができるのです。

祈りが個人の健康に与える力について、米国ではゼネラル病院、コロンビア大学などの研究で、名前も知らない大勢の人に健康を祈られた患者が、その対象とならなかった患者よりも回復が早かったり、不妊治療などに良い結果が得られているとのこと。

病気の回復力を見ると、祈りによって、気持ちをリラックスさせ、ストレスを抑える効果があるからでしょうか。
癒される、気持ちが落ちつく、これは何よりです。


また、神様を信じることが、うつ病に効果的だという調査結果が出ているということ。

うつ病というのは、人間の何よりの力となる、愛情と、神様からのパワーが得られにくいことが原因です。

そして正しい生き方、人の役に立つ生き方をしていないことも悪化の原因です。
真実に美しく正しくよいことをし、愛情豊かに暮らすことが何よりの薬ですが、うつ病になるとそれらが出来にくくなるという悪循環にあるようです。

わずかでも祈ること、元気の出る言葉を発することで、状況はかなりよくなると思いますが、祈りのすごいところは、自分だけでなく人から祈ってもらうことも大きな効果があることです。

どこそこの宗教団体に所属しなくても、無形の神様はどこにでも誰にでも働きますから、自由にどんどん祈るのがいいと思うのです。


以前紹介した映画「祈り〜サムシンググレートとの対話〜」の白鳥監督のメッセージから抜粋します。

今アメリカでは、82%の方がが祈りによる癒しを信じています。
アメリカの医師の50%の方は患者のために祈っています。
国立ヘルスケアリサーチ研究所の調査によると、43%の方が実際に医療の現場で祈りを使っているそうです。

医療文献が集められているデータベースのパブメドというところにアクセスすると、祈りの研究だけで4万件以上の論文が発表されています。

中でも有名な実験としてあげられるのが、1986年ランドリフバーグ氏の実験で、サンフランシスコ総合病院の393名の心臓病患者に対し、10ヵ月間にわたって行われました。

祈りをしないグループと祈ったグループに分けて行った結果、祈りをしたグループでは、人工透析器、呼吸器、抗生物質の使用量が激減するという結果でした。
呼吸器などはほぼ0%でした。

ウィリアム・ノーラン博士がこの研究について、こう言っています。

医師は朝昼晩、一日三回祈りをしなさいと、
処方箋に書かねばならない。
祈りは効くのである。

このように断言しています。

祈りは時空を超えて変化を与えるのです。


祈りは習慣性を持つことで、自制心を養う面に関しても更に効果的でしょう。
自制心が強い弱いというのは、生活の習慣、癖になっているものです。

下のおぞましいニュース、近親相姦と性虐待の農場の例は、悪い誘惑に打ち勝てないどころか、それが習慣化し、集団化して、恐ろしい犯罪、虐待が日常化してしまっています。
まさに地獄です。

米国でも、以前よく似たようなニュースがありました。

昔は近親相姦は、家の中のことですから、明るみに出ることはなかったのですが、すでに行き着くところを越えています。
もう、悪いことは隠せない時代になったのでしょう。

このような悪い欲望、特に性的欲望には、なんとか打ち勝って、こんな悲劇が一件でもなくなって欲しいものです。

祈ってあげるしかないでしょうか。。。

豪で「近親相姦農場」見つかる、先天異常の子12人保護


今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:トキワサンザシ
by (C)ひでわくさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います



◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています


posted by kuri-ma at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 祈り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする