さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2013年11月06日

心は愛を呼吸して育つ、そして愛の源は神様?!  ★大気汚染極まる!8歳少女が肺がんに、中国で最年少


過去と未来を結ぶ。


8歳少女が肺がんに、中国で最年少◇


大気汚染、これはいけませんね。空は地球上、また宇宙にもずっとつながっています。有害なものは、周囲を汚染していきます。

空気が汚れているというのは、どうしようもありませんね。逃げることも、防ぐこともできません。

呼吸するものが汚れているのです。
体が悪くなるのは当然ですが、呼吸できなければ、生きていくこともできないわけですから、健康に悪いと分かっていても、息を吸うしかありません。

この世では空気(酸素)を呼吸して生きていますが、あの世にいくと、肉体に必要だったものは、もう必要ではありません。
魂の姿の霊人たちにとって、では何が必要かというと、「愛」が最も必要だといいます。愛を呼吸して永遠に生きるところが、霊界なのだということです。

愛と言ってもいろいろありますが、もちろん自己愛ではありません。思いやり、慈しみの愛です。

愛情に溢れた人には素晴らしい天国ですが、愛情がない薄情な人、自分のことしか考えられない人、人を傷つけても平気な人、そういう人ほど、あの世では息苦しくて、死にそうな酸欠状態で暮らさなければならないということです。

息苦しくても、大気汚染の空気のような、汚れた愛情、薄い愛情しか吸うものがありません。
溺れて息ができない時のような限界状態、それが永遠に続くのですから、地獄としかいいようがないのではないでしょうか。

霊界は愛の世界。 
そしてその中心にいるのは、神様だといいます。
神様は大きなパワーを与えてくれますが、それは、愛のパワーです。

霊界と同質なのが、この世では、人間の心です。愛がないと人の心は元気が出なく、幸せにもなれません。
心は愛を呼吸して、大きく広く深く温かく美しくかぐわしく、成長していくのです。

この世できれいな空気を呼吸したいのと同じように、あの世でも、美しいかぐわしい愛情をいっぱい呼吸したいものです。
今から、自己中を脱皮して、愛の人になっていく準備が必要かと思います。生きている間も、私たちは霊的な部分(魂)がありますから、愛情を栄養として、それを育てることができます。

そのためには、神様を無視するのは、もったいない生き方かなぁと思います。
神様なんていない、なんて言うのは自由ですが、私は、神様からもっと深い愛情、たくましい愛情、温かい愛情を得て、パワーにしていきたいと考えています。

愛の生き方、それが、一見損なようで、一番お得な、息長く、(永遠に)幸せに生きることのできる唯一の道かなぁと思います。

大気汚染のように周囲を汚し、不健康にしていくのではなく、小さくても、愛を周囲に与えていけるようになりたいものです。

まず、笑顔から、美しく温かい言葉掛けから。役立つ一つの行為から。
それも無理な場合は、小さな祈りから。


今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:過去と未来を結ぶ。
by (C)芥川千景(漂流中)さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います



◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています