さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2013年11月21日

「ありがとう」が、魔法の言葉と言われる理由(わけ)?! 《矢作直樹の人を生かす13の言葉》  ★暗殺、自殺、薬物死…ケネディ家の呪いは実在する?   


2013.11.17 和泉川 バラ


奇跡がおきる魔法の言葉としても有名な「ありがとう」。
たくさん連発すれば、良い言霊がたくさん生まれるでしょう。

今日は、先日予告しましたように、矢作直樹先生の『「あの世」と「この世」をつなぐ お別れの作法』の中で、「自分を活かし相手を生かす『言葉』」として紹介しているものが、13種類あるのですが、一つずつお伝えしたいと思います。

矢作先生が、よい言葉としてあげている言葉の、一番目が、なんといってもこの言葉、「ありがとう」です。

「ありがとう」
 深い感謝を伝え、意識と思考を変える

死の床にある人に「ありがとう」と告げると笑顔で旅立ったということは、私も経験しています。

ありがとうという言葉には、上下関係など自分と相手の立場や人間関係の一切を超越したエネルギーがあります。何かが「有る」ことが「難い」(むずかしい)という言葉から生まれていますから、何らかの希少性も加味されます。

何かがあるたびに「ありがたい」というのを口ぐせにしてみてください。不思議なほど感情が豊かになり、いいことの連鎖が始まったりします。
家族、兄弟姉妹、知人友人、周囲の人にいかに恵まれているかを認識し、彼ら一人ひとりに対して、改めて「ありがとう」と念じてください。

「ありがとう」の反対語は「当たり前」です。「有る」ことが「当然」という状況です。そこからは、感動も感謝も生まれません。

「ありがとう」には、感謝の念と共にその場を活性化するエネルギーを感じます。また、自分のエネルギー補填ともなります。

日頃心の中で自分の体に向かって、「いつもありがとう」と念じてください。言葉のエネルギーは脳を経て全身の細胞に伝達されます。

「言葉は意識と思考を変えつつ、最終的には人生を変える」と、提案したいと思います。
その第一歩が「ありがとう」です。

マイナスに思えること、ネガティブな状況でも、ありがとうは不思議なほどプラスに転化させるパワーがあります。私の人生に試練をありがとう、貴重な体験をありがとう、なのです。
矢作直樹
『「あの世」と「この世」をつなぐ お別れの作法』
第四章「幸せなお別れを約束する言葉」より


「ありがとう」本当にいい言葉です。どんな褒め言葉よりも、ありがとうと言われたほうが、嬉しかったりします。

褒め下手な人、口下手な人は、そんな下手なお世辞などを言うよりは、心のこもった「ありがとう」を言うようにしたらいいようです。



今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:バラ
by (C)ひでわくさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います

矢作直樹(やはぎ・なおき)
東京大学大学院医学系研究科救急医学分野教授および医学部附属病院救急部・集中治療部部長。
1981年、金沢大学医学部卒業。その後、麻酔科を皮切りに救急・集中治療、外科、内科、手術部などを経験。1999年、東京大学大学院新領域創成科学研究科環境学専攻および工学部精密機械工学科教授。2001年より現職。
2011年、初めての著書『人は死なない』(バジリコ)が7万部を超えるベストセラーとなり、話題となる。


kuri-maの参考記事
 人は死なない?! 「東大救命医 独自の死生観」テレビ朝日で矢作直樹が語ったこと 
 自分を活かし相手を生かす12の「言葉」?! 「お別れの作法」その3
 成仏を心配するのはルール違反?! 「お別れの作法」その2 《霊界ってあるんでしょうか》番外編4
 「あの世」と「この世」をつなぐ「お別れの作法」とは?《霊界ってあるんでしょうか》番外編3




暗殺、自殺、薬物死…ケネディ家の呪いは実在する?

これは、原因があって結果がある
因縁果報というものです。
個人で終わらず、子孫に表れるので、怖い!


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています


2013年11月20日

言霊(ことだま)の力で幸せになろう?!  ★【特集】写真で見るギネス世界記録


ボクはどこでしょう^^


日本は「言霊の幸はふ(さきわう)国」と、万葉集などでも歌われています。
言霊の力によって幸せがもたらされる国だということです。

言霊とは「言葉に宿る霊的な力」のこと。

言葉というものには、発せられる人の魂が宿り、不思議な力が働いてその通りになってしまったりする、と私も本気で思っている一人です。

言えば言うほど幸せになる“魔法の言葉”なども紹介されていますが、実行するほど実感することですよね。

子供たちに「大好きよ」と言ってあげることは、子供たちにも私にもよい効果がありました。
夫婦の間でも当然そうだと思います。

「言葉を発する」ということ、また「文字として書く」ということは、頭で考えていることを一段階大きく越えて、実行したと同じような効果があるといいます。

実は、今回の記事を書こうと、検索していたら、本来の言霊の意味を知らないか、信じたくないのかな、という、言霊について真っ向から否定する、意見がありました。
批判的な言葉というのは、人の心を重くし、なんともいえない気分の悪さを感じます。

見えない力のこと、また、人の心を理解しない方というのもおられるんですね。
私にとっては、「言霊」はとても神秘的な素敵な言葉なので、残念でした。

たかが、ブログでも人に向けて書く以上責任があります。それこそ、言霊が働くと思うのです。
「言葉の力」で、人を励ますこともできる。しかし、逆もまたあり得る、ということでしょうか。

私も、訪問してくださる方々のために、Happyになる言葉を選んでいきたいと、更に身が引き締まりました。

いずれにしても、言葉を発するその気持ち、動機というものが大きく言霊として反映すると思います。

愛の動機であれば、その言葉はきっと不滅で、歴史を越えて残っていくでしょうから、私の言葉としては残らなくても、誰かの言葉となって、たとえば子供からまたその子供へというように、きっと永遠に続いてしまうと思うのです。

たとえば、「愛」、「ありがとう」、「幸せ」とか「嬉しい」とか…。

よい言霊が日本に、世界中に広がることを願いつつ。




今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:ボクはどこでしょう^^ by (C)ヨマさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います




【特集】写真で見るギネス世界記録



◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています


2013年11月19日

「言霊」は本当にある?! 《矢作直樹の人を生かす13の言葉》  ★【特集】ケネディ暗殺から50年、当時を写真で振り返る


2013.11.17 和泉川 枯葉浮揚


よい言葉は使うことが大切です。

言葉は相手を救うこともあれば、
自分自身を救うこともあります。


矢作直樹



以前、矢作直樹さんの『「あの世」と「この世」をつなぐ お別れの作法』という本を紹介しました。

5章に分かれた本ですが、第四章は「幸せなお別れを約束する言葉」となっています。
矢作先生が、よい言葉としてあげている言葉を、「自分を活かし相手を生かす13の『言葉』」として紹介します。

「ありがとう」 
「助かります」 
「おかげさまで」 
「大丈夫」 
「頼りになるね」「楽しそうだね」 
「やってみたら」 
「ホッとする」 
「それでいいんですよ」 
「いいね」「さすがですね」「すごい」 
「何とかなる」 
「またね」「またお会いしましょう」 
「幸せでした」 
「いただきます」


今日から、その言葉の内容を、一つずつお伝えしていきます。
本の内容をそのまま紹介すれば楽なのですが、長くなりますので、そこから、エキスとなる良い部分を抜き出して、私なりにまとめていきます。

今日はそれに先駆けて、「言霊(ことだま)」について話されていますので、その部分を抜き出します。



言葉は言霊(ことだま)

言葉の使い方一つで、会話の流れがガラッと変わることがあります。言葉は使う人と相手の生きる力を増減することもできます。

すべての生命は言葉によって生まれてきたといいます。また、人間の歴史も言葉によって紡がれてきたとも言えます。

よい言葉は使うことが大切です。使わないと言葉は滅します。言葉は相手を救うこともあれば、自分自身を救うこともあります。
矢作直樹
『「あの世」と「この世」をつなぐ お別れの作法』
第四章「幸せなお別れを約束する言葉」より

「言霊」は本当にあります。
言葉を大切に使い出すと、更にそれを実感することでしょう。
一番言霊として、良い効果を生むのは、魔法の言葉として有名な、「ありがとう」でしょうか。
ポ・オホノポノの言葉(ありがとう、ごめんなさい、許してください、愛しています)これらの言葉もいい言葉ですよね。

思っているだけでなく、言葉にしたとき、また、書いて文字に表わしたとき、これは自分が発したものですが、もうすでに魂を持って、発散していくのです。

プラスの言葉を多くしていきたいですが、時々失言もしてしまう、私たち。
口から出てしまったものは、取り返しがつきませんが、素直に「ごめんなさい」と言って、気づいたところから、またよい言葉を心がけていく、そんな風にしていきたいと思うのです。



過去は変えられないということはありません。
「今」を変えると、同じ過去の出来事も、
その見方、とらえ方が変わります。
だから、今を楽しめばいいのです。


矢作直樹



今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:枯葉浮揚
by (C)ひでわくさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います

矢作直樹(やはぎ・なおき)
東京大学大学院医学系研究科救急医学分野教授および医学部附属病院救急部・集中治療部部長。
1981年、金沢大学医学部卒業。その後、麻酔科を皮切りに救急・集中治療、外科、内科、手術部などを経験。1999年、東京大学大学院新領域創成科学研究科環境学専攻および工学部精密機械工学科教授。2001年より現職。
2011年、初めての著書『人は死なない』(バジリコ)が7万部を超えるベストセラーとなり、話題となる。


kuri-maの参考記事
 人は死なない?! 「東大救命医 独自の死生観」テレビ朝日で矢作直樹が語ったこと 
 自分を活かし相手を生かす12の「言葉」?! 「お別れの作法」その3
 成仏を心配するのはルール違反?! 「お別れの作法」その2 《霊界ってあるんでしょうか》番外編4
 「あの世」と「この世」をつなぐ「お別れの作法」とは?《霊界ってあるんでしょうか》番外編3




【特集】ケネディ暗殺から50年、当時を写真で振り返る



◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています