さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2013年10月19日

私たちの体は神様からの借り物?! 『神(サムシング・グレート)と見えない世界』より  ★「地上の楽園」が抱える「毒の爆弾」、モルディブのゴミの島


2013.10.17 追分市民の森 コセンダングサにウラナミシジミ


自分の体は自分のものだと思っているかもしれませんが、
実は私たちの体はすべて借りもの、
要するに“レンタル”なのです。
期限が来れば返さねばなりません。
これが「死ぬ」ということです。


村上和雄



今日は、生死ということ、そして、心と魂について考えてみたいと思います。

『神(サムシング・グレート)と見えない世界』という、矢作直樹さんと、村上先生と共著で出された本から、抜粋してみます。


自分の体は自分のものだと思っているかもしれませんが、実は私たちの体はすべて借りもの、要するに“レンタル”なのです。
レンタルですので、期限が来れば返さねばなりません。

これが「死ぬ」ということです。
貸し主は地球、宇宙、そして神です。

体は地球や神からの借りものという考えは、昔から日本にあります。

神は、私たちに体を貸した際、レンタル料、まあ利息と表現してもいいですが、そういうものを取るようなケチ臭いことをしませんでした。

すべての人に対して無償で貸してくれたわけです。

それでは、借り主は誰でしょうか?

あなた?

あなたというのを仮にあなたの体と表現すると、体は60兆個の細胞でできており、それらは1年くらいで1度全部入れ替わりますから、そういう主体性のない存在に借りる権利はありません。

では、心?

そう思うかもしれませんが、そうではない。

なぜなら、心はしょっちゅう変わります。
細胞と同じです。
入れ替わるというか、心はその時の状況や感情でどんどん変化します。
昨日の考え方は、今日にはありません。
こんな不安定なものに体を貸せるわけがありません。

すると、残っているのは魂しかありません。

「三つ子の魂百まで」と言いますが、「三つ子の心百まで」とは言いません。
心も体も日々、入れ替わっているからです。

心は、確かに私の一部ではありますが、毎日変わります。
(死んでも)魂はなくなりません。

こう言うと、死後世界の問題は医学や遺伝子とは何の関係もない、見当外(はず)れだからよそでやれ、そもそも宗教学で議論せよとなるわけですが、よく考えてみてください。

人間は心だけで動いているわけではないのです。

潜在意識という、自分の意思(顕在意識)ではどうしようもないようなもので動いている時もあります。

そういう状況を考えると、魂こそが本当の自分であり、それに対して神が体を貸しているというのが、私の中では正解です。

村上和雄

『神(サムシング・グレート)と見えない世界』
(矢作直樹・村上和雄)祥伝社新書 より


「心」と「魂」は違う、と村上先生は言われます。
私は分かりやすくいうために、大体、心と魂を混同して使っていますが、厳密には違う部分はあるでしょうね。
村上先生の言う「魂」は、私が「良心」と認識しているものに近い気がしますが。

いずれにしても、私たちの体は借り物。
古くなった、ガタがきた、といいつつも、有り難く使わせて頂かなければなりません。

いつか、肉体は神様に返して、私たちは、心あるいは魂だけの姿になる時が来る、それが死の時。
しかし、死というのは、すべてのおしまいではありません。

死は、永遠の魂の世界への誕生だということです。



今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:コセンダングサにウラナミシジミ
by (C)ひでわくさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


神(サムシング・グレート)と見えない世界


「地上の楽園」が抱える「毒の爆弾」、モルディブのゴミの島


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています



2013年10月18日

夜は定刻にベッドに、「寝る子は育つ」?! 《よい睡眠のすすめ4》  ★不規則な就寝時刻が子どもの行動障害の原因に、英研究


そろそろ・・・


私の子どもの頃は、8時に寝なさい、と言われていました。
お陰さまで、よく育ったでしょうか(笑)。

不規則な就寝時刻が子どもの行動障害の原因に、英研究◇


上のニュースの研究結果というのは、

不規則な就寝時刻は、体内時計を混乱させ、睡眠不足を招き、脳の発達と一部の行動を制御する能力を低下させ、結果、子どもに問題行動を起させるのだといいます。
いわば「時差ボケ」のような状態が続くのだそう。

特に幼少時の規則的な睡眠は、大切なようです。

今、うちの子供たちは、9時を目安に就寝準備に入らせたいと思っています。なかなかその通りにはなりませんが、きっちりしてあげた方が、朝からすっきりしたスタートになるし、いい循環になると感じます。

子どもを規則正しい生活にしてあげるには、当然、大人がそうでなければなりませんね。私自身が乱れているときには、子どもも締まらなくなります。

学校に行ってくれているので、その期間は、ある程度は規則正しくするのは楽ですが、休みの日、連休や、長期休暇の時は特に大変です。

就寝時間の目標と共に、起床時間も決めていくのがいいですね。
親として、してあげられることの中でも、特に大切なことと、もう一度考えていきたいです。

食事の時の団欒が大切だという研究結果もありますが、睡眠と食事、規則正しい生活、そしてそこに流れる会話と温かい安心感…。家庭の存在というのは、生活の中で、着実に子どもたちを作っているんですね。




今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:そろそろ・・・
by (C)ヨマさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います

kuri-maの《よい睡眠のすすめ》シリーズ
 ・寝る子は育つ?!シエスタ奨励、ハンモックの効用《よい睡眠のすすめ3》
 ・よい睡眠の勧め?!〜記憶定着には「すぐ睡眠」が効果的、独研究〜《よい睡眠のすすめ2》
 ・しっかり眠れてますか?!1時間半の昼寝は1晩分の効果…《よい睡眠のすすめ1》



◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています


2013年10月16日

光輝く人のところにチャンスの神は集まってくる! 北川八郎の言葉  ★「アンパンマン」作者、やなせたかしさん死去 94歳


2013.10.01 追分市民の森 ドングリ


すべての才能は
名をあげるために
神様から
いただいたのではなく、
人を救うために
与えられたのです。


北川八郎(陶芸家)



先が見えないときもあります。
もがいても、もがいても、チャンスなんて自分とは無縁のような気がして。
気がつくと、もがくだけで、先に進んでいない。あきらめて、努力もしていないこともあります。

どんぐりのせいくらべをしている私たち。
でも、神様は決して、私たちから目をはなしてはいません。

今日は、北川八郎さんの言葉をご紹介します。




先が見えないとき
  

まったく先が見えないというのは、ある意味ではチャンスです。

うまくいかないというのは、自分の何かが間違っているから、今世の使命を見失っているからにほかなりません。

私たちには、何か心の奥の方から沸き上る清心な感動があるはずです。
それを理性でつぶさないで見つけることです。

瞑想を覚えましょう。

瞑想とは「心の中に飛行場を造るようなもの」です。

いつでも神が降りて来られるように……。


チャンスはやって来る


自分の使命に従っていると、チャンスは向こうからやってきます。

人々の喜びのためにやっていると、天は必ず褒美をくれます。

その人の才能を目覚めさせるチャンス、何かその人にとって人生の分れ目とも言える大きなチャンスというご褒美を必ずくれるのです。

チャンスとは、あたかも闇の夜を光を求めて歩いている旅人みたいなものです。

だから光輝く人のところにチャンスの神は集まってくるのです。



今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:ドングリ
by (C)ひでわくさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います

北川八郎(きたがわ・はちろう)
昭和19年福岡県生まれ。小倉高校を卒業し防衛大学校に入学するも1年未満で退学する。サラリーマンとなるが人生の答えを求めて退社。
インド放浪の後、熊本県の阿蘇外輪山中に居を構え、満願寺窯で自然灰釉の器を創作する一方、自作農業に勤しむ。
40日を超える完全断食を二度体験する中で、魂の存在意義、生き方の法則を解悟。
著書に『自然灰釉の作り方』(理工学社刊)、講和集に『心にある力』『断食のすすめ』『対人苦からの解放』ほか全6巻などがある。




「アンパンマン」作者、やなせたかしさん死去 94歳


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています