さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2013年09月28日

★「It's your fault」レイプは被害女性のせい?! インドの現状を皮肉った動画が大ヒット!


小さな想い・・・


「レイプは私のせい」インドの現状を皮肉った動画が大ヒット◇


昨年12月にインドの首都ニューデリーで起きた女子学生への集団レイプ殺害事件以降、インドでは、抗議のデモや集会が起こるなどしていますが、いまだに多くのレイプ事件が後を絶ちません。

先の事件に対する著名人らのコメントを皮肉った動画「It's your fault(あなたが悪い)」が、インターネット上で急速に広まっているとのこと。
英語の内容ですが、AFPニュースに解説があるので、まとめてみます。


It's Your Fault

 約4分間の動画は、「スカートをはいた女性がレイプを誘因することは科学的に証明されています。なぜかって?男性には目があるから」とのケクランさんの言葉で始まる。

 続いて「挑発的」な服装の例が紹介されるが、なかには黒い衣装で全身を覆いつくすイスラム教徒女性のブルカや宇宙服まで含まれている。

 (また)「レイプでの辱めに疲れたなら警察に行くといいでしょう。代わりに侮辱してもらえます」と警察を皮肉っている。

 動画は、カメラに向かって年齢も背景も様々な女性たちが「私が悪いんです」と語る場面で締めくくられる。


この動画を作った目的は明確です。
レイプ被害にあうのは、その女性が悪いのだ、という考えを覆すためです。

え?と思うかもしれませんが、インドや中東などでは、そういう極端な考えが、ごく正論として通ってしまいます。
今でこそ人道にもとると禁止されているものの、「名誉殺人」というものがなくならない理由もそこにあります。

レイプ被害にあった女性たちに対し、必ずしも同情的な目が向けられるわけではなく、むしろ「レイプされたのはお前のせいだ」、またそれによって家族や親族の体面、名誉を汚したと身内から惨い仕打ちを受けることもあるといいます。

(製作者の一人は、)「こうした(レイプは被害女性に非があるという)考え方の根本にはインド社会に「深く根差した家父長制に基づく偏見がある」と語る。「レイプ被害者となった女性を家族が勘当する例を、何度も目にしてきた。この問題に関する論議に肯定的に貢献したかった」

また、警察について触れているのは、インドの警察がレイプ被害者に無神経すぎるという現状があるためでしょう。
被害届にいって、親身になってくれないばかりか、逆にその態度や言葉に傷つけられた例は数え切れないといいます。届け出ない女性が多くなる現状を更に助長しています。

何が正しくて何がよいのか、正すものは正し、よいものはよしとしていかなければならないでしょう。

先日、コンゴの女性たちに向ける記事を掲載しましたが、インドや世界の被害者たちに、同じ心情を添えて今日の記事とします。

あなたを愛する人がいます。未来のあなたとあなたの子どもたちのために、あきらめないで。
辛いでしょう。ごめんなさい。どうか、許してください。
そして、もっと強くなれます。ありがとう。
今までよりももっと愛し、愛される人となれます。愛しています。

以下はポ・オホノポノですが、この言葉を繰り返しながら、少しでも癒されますように。きっと力となるはずです。

ありがとう。ごめんなさい。許してください。愛しています。


今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:小さな想い・・・
by (C)ヨマさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います

kuri-maの参考記事
 ・陵辱された女性たちへ 〜コンゴ集団レイプ事件で感じたこと〜 ★女性を撲殺し男性の首を切断(駆け落ち男女に)、インド「名誉殺人」
 ・「魔術使った」と女性を火あぶり処刑?! 〜残虐な事件をなくすために4〜
 ・残虐な事件をなくすために2 「少年を見た」娘、母親が酸かけ死亡、5歳女児に性的暴行etc. 《アフガン&パキスタンのニュース》
 ・タリバンに頭撃たれた少女、手術成功! ノーベル賞候補に?! 残虐な事件をなくすために3
 ・不倫で即公開処刑?!《アフガンのニュース》+相田みつをの言葉「苔のつぶやき」
 ・アフガンの女性たち〜強姦され逆に姦通罪で服役「加害者と結婚するしかない」、トイレに5ヶ月監禁15歳妻など
 ・タリバン夫に鼻と耳を削がれたアフガン女性?!話題の写真が大賞に
 ・母の日に寄せて☆「姑が感涙する嫁の言葉」、母親に最も適した国(母親指標)?!「男の国」アフガンで大統領目指す女性etc.
 ・シリア死亡の山本美香さん、なぜ戦地に赴き続けたのか?! ←「大学での学位目指した妻の指を夫が切断、バングラデシュ」やシリヤのニュースも掲載




◇ブログをご覧になった全ての方へ◇

無料カウンセリング
を募っています。

相談事や、お話したいことがある方、
あるいはkuri-maと話してみたい方は、
まずは、ブログに「メッセージ」をお寄せください。
「メッセージ」を送るのは、
pc画面だったら、今は左下にある
「ファン」という欄にあります。
今後もっと上に持ってくる予定です。

携帯やスマートフォンからだったら、
それぞれの記事に送ることのできる 「コメント」
その旨を伝えてください。
コメントは私の承認後にしか、公開されません。

「カウンセリング希望」とあれば、
メールをお返しして、
基本的にはメールでのカウンセリングにしたいと思います。

もちろんその内容を、むやみにブログで話したりということは致しません。
プライバシーを遵守します。

元気に頑張っておられる方も、
ちょっとバテ気味だけど、相談することも悩みも質問もない、
という方も、よろしければ、メッセージをお寄せください。
記事へのコメントも大歓迎です。

参考のため、カウンセリング内容は、
妊娠・出産、子育て、夫婦関係、親子・嫁姑・人間関係、
結婚、ひきこもり、人生全般、そして、単なる話し相手でも。
商業的広告宣伝、勧誘以外なら、ようは何でもけっこうです。

お待ちしています。
もっと詳しい趣旨はこちら


posted by kuri-ma at 08:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 中東・イスラム圏、インド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする