さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2013年09月02日

偉人は計画に時間をかける?! 一日の4時間前後を計画・準備・読書に充てる成功者たち!  


夢飛翔。


フランクリンの自伝によると、彼の1日の配分は──

7時間の睡眠(4:00起床)
3.5時間の計画、準備、読書
9時間の行動
3.5時間の休養とレクリエーション



フランクリンの生活を見てみると、もちろん大半は「行動」となっていますから、仕事の時間が長かったのでしょう。しかし、計画や準備、読書などの時間もしっかり取っています。また休養や遊びの時間もあります。
おそらく朝早起きなので、計画の時間などに充てることができたんでしょう。

がむしゃらに行動する前に、精神的に練り上げられた時間があったということでしょうか。
きっとある人から見ればバイタリティー溢れる仕事人間も、そういう内面を見つめる時間があるのかもしれません。
全然ないと、今はバリバリ頑張っているように見えても、逆に大変になりはしないかと思います。

人にはタイプがあって、頭で考える人、情が先立つ人、何も考えずまず体が動く人、そういう知的、情的、意的(行動的)なタイプの人がいます。

物事には動機や目標が必要だと私は思いますが、そういうのはなくても、動けてしまう人もいます。動きながら、いろいろひらめいたり、モチベーションが後付けされるそうです。

成功者は計画に時間をかける、はずですが、下にあげるのは、一見、正反対の話です。

ベストセラーの著者であるロバート・リンガーは、成功者のほとんどは、ある共通した習性を持っていると信じている。それは、モチベーションを待たないことだ。彼らは、行動からモチベーションを作り出す。(中略)
インスピレーションを待つタイプであれば、きっといくらでも待っていたに違いないとリンガーは話す。その代わりに彼が行ったのは、「ただ書き始めること」だ。最初に書いたものがよいかどうかは問題ではない。1時間でも2時間でも書き続けてさえいれば、何かよいことが生まれてくると彼は知っているのだ。「行動しない限り、モチベーションは得られない」とリンガーは話す。

From 大富豪の仕事術

成功者というのは、やはり行動的な人が多いのでしょうね。
モチベーションを持たないとはいっていますが、いらないモチベーションを持たないということであって、全然ないのではないと、逆に目標が曖昧だと動けないタイプの私は、そう思います。
行動的な人は、いちいち目標なんて考えなくても、いいことをするために夢中であり、本能的によいものに向かって動いているのでしょう。

知、情、意、どこから始まってもいいのですが、行動しなければ、実際何もなせないんですね。行動しながら、また目標がさらにもっと開けたり、明確になったりもするので、うまく回っていけばいいのだと思います。

その時に、ただ頭で考えた計画ではなく、情が動くきっかけ、情的なモチベーションはあった方がいいと思います。
何にもない、という人でも、ただ、気持ちのよいことをしたい、人の役に立ちたい、そういう漠然とした動機は持っていたらいいかと思います。
悪い(よこしまな)動機は間違っても持たないことです。
動機さえ悪くなければ、行動すれば、道が開けるというのは、真実だと思います。

また、目標、動機が定まらない人は、一日の中の準備の時間を持ってみたらいいと思うのです。
朝、早起きして、瞑想、祈りの時間を持つ、そして新聞や本を読めば、そこからよいものを得られるはずです。
問題を抱えた場合には、解決の糸口が見つかる場合もあるでしょう。

早起きは苦手だし、朝時間が取るのが難しいんだよね、という方は、夜、寝る前にわずかでも、感謝の祈りができたらいいかな、と思います。
一日を振り返ったりした心配な問題や、大切な人の名前をあげたりして。その時に、翌日の予定を確認して、うまくいきますように、と祈ってみたらいいかと思います。

朝も、10秒からでもお祈りはできますから、負担がない程度に始められることをお勧めします。


今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:夢飛翔。
by (C)芥川千景(漂流中)さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


記者の夢破れ「犬のパン屋さん」起業、就職難の街で成功した若者



◇ブログをご覧になった全ての方へ◇

無料カウンセリング
を募っています。

相談事や、お話したいことがある方、
あるいはkuri-maと話してみたい方は、
まずは、ブログに「メッセージ」をお寄せください。
「メッセージ」を送るのは、
pc画面だったら、今は左下にある
「ファン」という欄にあります。
今後もっと上に持ってくる予定です。

携帯やスマートフォンからだったら、
それぞれの記事に送ることのできる 「コメント」
その旨を伝えてください。
コメントは私の承認後にしか、公開されません。

「カウンセリング希望」とあれば、
メールをお返しして、
基本的にはメールでのカウンセリングにしたいと思います。

もちろんその内容を、むやみにブログで話したりということは致しません。
プライバシーを遵守します。

元気に頑張っておられる方も、
ちょっとバテ気味だけど、相談することも悩みも質問もない、
という方も、よろしければ、メッセージをお寄せください。
記事へのコメントも大歓迎です。

参考のため、カウンセリング内容は、
妊娠・出産、子育て、夫婦関係、親子・嫁姑・人間関係、
結婚、ひきこもり、人生全般、そして、単なる話し相手でも。
商業的広告宣伝、勧誘以外なら、ようは何でもけっこうです。

お待ちしています。
もっと詳しい趣旨はこちら