さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2013年08月25日

尾崎豊がカリスマだった理由(わけ)?! 尾崎豊のファン層って・・・! 【尾崎豊の求めていたもの】 ★「私には夢がある」キング牧師の演説から50年!米首都で集会


そら


「学校にも家にも帰りたくないんだ、
ティーンエイジャーのドロップアウトしていく人の
代弁者、その代表、カリスマみたいに言われる。
須藤さん、僕はそうじゃないよね?」
と彼が聞いてくる。
「全然そうじゃないですよ」と僕が言う。


須藤晃(尾崎豊)



尾崎豊さんの月命日、25日がまた来ました。
毎月、尾崎デーのようにして、彼を思い出し、研究する日になっています。

不思議なことに、彼の生前、そこまでのファンではなく、コンサートにも行ったことのなかった私が、このようなことをしているのです。尾崎豊という人がいかに人を惹き付けるものを持った人か、ということです。

彼は「10代のカリスマ」と言われることに抵抗をもっていたということですが、カリスマ的な魅力は抑えようがなかったともいえますね。

ファンではないと言いましたが、それでもいつも気になる存在であったことは確かです。
最初の三枚のアルバムは、新譜を待って買いましたから、それでもファンじゃないのかというと、ただ私のスタンスが、熱心なファンの人から見たらおこがましく感じるので、控えめに言っている部分もあるのだと考えてみてください。

気になる存在だった尾崎豊、それは音楽としての作品が気になるということもありますし、大丈夫かな、どこに行ってしまうのかな、壊れてしまわないだろうか、とどこか心配しながら見ていたという感じでしょうか。
つまり、尾崎に追随していく人の中には入っていなかったですね。
同年代ではあるのですが、彼がティーンネイジャーの代弁者としてスタートした頃、私は成人した頃でしたし、常に年下の気になる存在という感じでした。

須藤晃さんのインタビューから、尾崎豊のファンはどういう人か、また「カリスマ」と呼ばれることについて、彼自身はどう思っていたのかについての部分を抜き出してみます。

【“反逆の歌”じゃない魅力】
Q.亡くなって20年経っても、若い人でファンになる人がいますね。

今の中学生や高校生に「尾崎豊を何で知りましたか?」と聞くと「インターネットの動画サイトで見た」「すごくかっこよかった」って言われるんですよ。音楽をやっていて、彼自身見た感じがかっこいいしね。あらゆる人が持っている尾崎豊というイメージが音楽とオーバーラップしていくので違和感がない。しかも深刻な感じを与える。決して軽いものじゃない。時折青春小説を読んだ時に「わー、心の中に入ってこられちゃった・・・」って、ふっとため息をつく。そういう感じに似ていると思います。だから尾崎豊の作品って忘れられないものになるんじゃないですか。

Q.そういう意味で、ノートにあった「壁づたいに歩けば」とか、「しがらみの中でも」という言葉が気になります。

世の中のしがらみがあって、人間はしがらみの中、壁づたいに歩いていく。それを16、17歳の子が言うわけです。僕は彼よりひとまわり上だけど、「須藤さんも結局上司に言われたらそうするんでしょう?そうしてるんですよね?だって自分はこうしたいと思っていても、そうできない状況があったら、そうするんですよね?」って言われているような気がして。考えて見れば、それはそうですよね。人間って何かの壁にぶちあたると、その壁を、電気ドリルでぶち壊して、ランボーみたいに進むということはできないですよね。何かに妥協して、何かを諦めて、みんなとシェイクハンドして、着地点を見つけて、それに向かっていく。だから人生における壁みたいなものはぶち壊すんじゃなくて「壁づたいに歩いていく」と。すごい詩だなと思ったんですよ。目から鱗が落ちるというか。そういう詩を僕は見たことがなかったので。60歳くらいの人に、人生いろんな壁があるけど結局壁づたいに歩いていくだけなんだよと言われたら、ああそうなのかとも思いますが。そうであっても、いや、俺の若さで壁をぶちやぶってみせる、と歌っているのが基本的にロックンロールですけどね。音楽のスタイルは非常にロックンロールでしたけど、歌っていることは非常に成熟した人生観を感じさせましたね。なぜ彼がそういう風に思うようになったのかということは分からないですけど。

Q.でも、その上で「強く生きる」とも歌っていますよね。ノートにもそういう言葉がある。

彼にとって10代の頃は「強く生きる」というのがキーワードなんですよね。僕が僕であるためにも、勝ち続けなければならない、強く生きなければならない。強く自分の考えをもって、生きなければならないと自分を励ますわけですよね。強く生きなさいとは言わない。全部自分の問題。強くなくてはならない、弱くなってはいけない、そう自分に言い聞かせている歌ばかりなんですよね。でもその言葉を歌として聞いた時に「そうだな、自分をごまかさないで、強く生きなきゃだめだな」ってみんなが思うんですよね。

つまり社会との問題や対人関係の問題じゃなくて、「これは自分の問題なんだ」ってことなんですよね。私小説を書いている小説家みたい。世の中を変えたいんだ、ではない。メッセージが外に向かっていないというか、尾崎豊という人は常に内に向かっているっていうか。それを聞いた人たちも、全部自分のこととして受け止めていくという。

だから尾崎さんのコンサートでは家でノートに自分の気持ちをずっと書き綴っているというような人がメインなんです。何かを破壊したり、徒党を組んでいるような人が集まっているのではなく。見た感じも地味で弱々しい感じの人たち。そういう人が「私もそうよ」って集まっている感じ。普通はサウンドもハードでシャウト系の音楽って、わーっと、コンサートにもバイクで連なってやってくるというイメージがあるけど、尾崎さんのコンサートには内省的な人が集まったという印象がしました。

【カリスマのイメージに苦しむ】
Q.尾崎さん、世間とのイメージとのギャップに苦しんだということをよく言われますが、「反逆する十代の旗手」みたいなことを言われることについてご本人は何か言っておられましたか?

「違う」って言っていました。「学校にも家にも帰りたくないんだ、ティーンエイジャーのドロップアウトしていく人の代弁者、その代表、カリスマみたいに言われる。須藤さん、僕はそうじゃないよね?」と彼が聞いてくる。「全然そうじゃないですよ」と僕が言う。彼は別にそういう人を引き連れてアジテートしたいじゃないですよね。自分はこうだということをさらけ出しているという感じ。腹をかっさばいて内蔵を人前で見せているのではないですけど、僕に言わせると心の中を全部さらけ出している気がするんですよ。それはとても勇気がいることだし、人はそれを見て痛々しい感じにも見たと思うんです。でもそこまでやっている尾崎豊にみんなが惹かれたんだと思います。そこまでやらなくたってという感じですよね。

世の中にそんなに深刻なことがなかった時代なんですよね。バブルに向かっていた。今みたいな未来に対する大きな不安に包まれてもいなかった。それこそ世の中って全部良い方に向かっているって、みんなが信じ込んでいた時代じゃないですか。そんなときに「そんなことより心の問題だ」「物質文明みたいなところで、欲望を満たすことに奔走していると、そのうち空っぽの心を持ったような人間しか生まれてこなくなるよ」と。彼はそんなことを一生懸命言っていた気がしますよね。今でこそ、震災が起こったり、それに付随するいろんな事が起こって、一回自分たちが大切だと思っていたことを見直そうということになったけれど。だから本当に今はみんな尾崎さんが残した未来への提言みたいなものが身にしみるんですよね。身近にいた僕もこのところ彼の曲を聞き直すことが多い。なんか彼の作品を聞いた時に胸の中に残るのって、鏡を目の前にして自分をずっと見ているような気分。「いま幸せですか」って聞かれているような気分。そっちにいくのが正しいと思ってみんなで来たけど「そっちに進んで幸せでしたか?」って言われている感じ。そして尾崎豊の作品を聞くと何か「自分が自分らしく生きるためには強くなければならない」という単純なメッセージが身にしみるんですよね。



尾崎豊 十七歳の地図

(MC)
この街で一番愛を求めていく上で必要なことは
自分にかかわる
全ての人や物を
自分の鏡として
見つめてみることだ。
その中にある物事の真実を
自分と照らし合わし、
自分が求める愛の姿を
もう一度
俺はよく考えてみた
そして
愛するものというものが
自分の命を掛けて
立ち向かえなければ
いけないということに気づいたんだ。
少なくとも
今日ここに集まってきてくれた
お前らの中に
俺と一緒に
本物の愛や真実を
見つけようと
歩いてゆく連中がいるならば
俺はそいつの為に命を張る。



今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:そら
by (C)akemiさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


「私には夢がある」 キング牧師の演説から50年、米首都で集会


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇

無料カウンセリング
を募っています。

相談事や、お話したいことがある方、
あるいはkuri-maと話してみたい方は、
まずは、ブログに「メッセージ」をお寄せください。
「メッセージ」を送るのは、
pc画面だったら、今は左下にある
「ファン」という欄にあります。
今後もっと上に持ってくる予定です。

携帯やスマートフォンからだったら、
それぞれの記事に送ることのできる 「コメント」
その旨を伝えてください。
コメントは私の承認後にしか、公開されません。

「カウンセリング希望」とあれば、
メールをお返しして、
基本的にはメールでのカウンセリングにしたいと思います。

もちろんその内容を、むやみにブログで話したりということは致しません。
プライバシーを遵守します。

元気に頑張っておられる方も、
ちょっとバテ気味だけど、相談することも悩みも質問もない、
という方も、よろしければ、メッセージをお寄せください。
記事へのコメントも大歓迎です。

参考のため、カウンセリング内容は、
妊娠・出産、子育て、夫婦関係、親子・嫁姑・人間関係、
結婚、ひきこもり、人生全般、そして、単なる話し相手でも。
商業的広告宣伝、勧誘以外なら、ようは何でもけっこうです。

お待ちしています。
もっと詳しい趣旨はこちら


posted by kuri-ma at 09:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 尾崎豊の求めていたもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする