さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2013年08月14日

国家の大事は独断で決定せず、会議を?! 「大事と小事」 聖徳太子の十七条の憲法(17)


2013.08.14 和泉川 ゴーヤのトンネル


十七条の憲法(17)必ず衆とともに宜しく論ずべし


今はお盆で、実家に帰省中ですが、聖徳太子が渡来人に瓦を焼かせた由来の地だということです。
昔から、聖徳太子に、尊敬と親しみを感じてきたのは、そうゆう縁(ゆかり)があるからでしょうか。

聖徳太子の十七条の憲法、今日は最後の条、第17条です。

大切なこと(大事)は独断で判断することなく、みなで論議するべきだ、つまり会議の必要性を述べています。そうすれば、道理に適った結論が出せると言っています。

また、小事の場合は、いちいちそれをしなくても、自分で判断したらいい、とも言われています。

確かに些細なことまで話し合っていたら、かえって物事が滞ってしまいますね。


 十七に曰く、それ事(こと)は独(ひと)り断(だん)ずべからず。必ず衆(しゅう)とともに宜(よろ)しく論(ろん)ずべし。少事(しょうじ)は是(こ)れ軽(かろ)し。必ずしも衆とすべからず。ただ大事(だいじ)を論ずるに逮(およ)びては、もしは失(あやまち)あらんことを疑う。故(ゆえ)に、衆とともに相弁(べん)ずれば、辞(ことば)すなわち理(ことわり)を得ん。

 【現代語訳】物事はひとりで判断してはならない。必ずみんなで論議して判断すべきである。だが些細(ささい)なことは軽いことなので、必ずしもみんなで論議しなくてもよい。ただ国家の重大な事柄の場合、独断では判断を誤ることもあるかもしれない。だからみんなで論議すれば、道理にかなう結論が得られるだろう。

 最後の17条では、役人による「独断」での決定を戒め、多くの衆知を集め、検討した上で判断することと定めた。しかし、物事の軽重を判断する必要性も訴え、何でも会議を開けば、国家運営が停滞するとした。これは政府や役所に限らず、現代のさまざまな組織運営でも十分に通じる教えである。

 聖徳太子の「必ず衆とともに宜しく論ずべし」という考え方は、明治天皇が諸侯や公家などの示した新政府の基本方針である「五箇条の御誓文」の第一条に「広ク会議ヲ興(おこ)シ万機公論(ばんきこうろん)ニ決スヘシ」と銘記され、受け継がれている。(おわり)



今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は: ゴーヤのトンネル
by (C)ひでわくさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇

無料カウンセリング
を募っています。

相談事や、お話したいことがある方、
あるいはkuri-maと話してみたい方は、
まずは、ブログに「メッセージ」をお寄せください。
「メッセージ」を送るのは、
pc画面だったら、今は左下にある
「ファン」という欄にあります。
今後もっと上に持ってくる予定です。

携帯やスマートフォンからだったら、
それぞれの記事に送ることのできる 「コメント」
その旨を伝えてください。
コメントは私の承認後にしか、公開されません。

「カウンセリング希望」とあれば、
メールをお返しして、
基本的にはメールでのカウンセリングにしたいと思います。

もちろんその内容を、むやみにブログで話したりということは致しません。
プライバシーを遵守します。

元気に頑張っておられる方も、
ちょっとバテ気味だけど、相談することも悩みも質問もない、
という方も、よろしければ、メッセージをお寄せください。
記事へのコメントも大歓迎です。

参考のため、カウンセリング内容は、
妊娠・出産、子育て、夫婦関係、親子・嫁姑・人間関係、
結婚、ひきこもり、人生全般、そして、単なる話し相手でも。
商業的広告宣伝、勧誘以外なら、ようは何でもけっこうです。

お待ちしています。
もっと詳しい趣旨はこちら



posted by kuri-ma at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 聖徳太子 十七条の憲法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする